避妊について

女にとって必要不可欠な避妊

避妊について

あなたはセックスする時に、何かしらの避妊をしていますか?

厚生労働省から報告された25年度の人口中絶の総数は、186253人。
226878人の21年度から比べていくと、大幅に減少していっていますが、それでも昨年は年間で19万人もの中絶がされているという悲しい現実。
これをあなたはどういう風に捉えるでしょうか?


男性には、女性の胸の痛みも身体の痛みも、何もわかってはいません。
正確に言うとわかっている男性も当然います。
ですが、それは男性なりにわかっているだけであって、本当の女の苦しみを理解できる男はこの世の中には、たったの一人だっていないのが現実です。

  • どれだけ誠実な男性でも
  • どれだけあなたを愛していても
  • どれだけあなたが信じている男性でも

中絶による女の心の傷・身体の傷をわかる男性は一人もいないんです。
だからこそ、女は避妊について真剣に考えなくてはいけません。
男が考えるなんて到底無理です。

ここでは、避妊の仕方についてのお話をしていきたいと思っていますよ。

自分だけは、妊娠してしまうなんてそんな事はあり得ない。
そんな安易な考えは捨てて下さい。
明日、現実に起こる可能性は常にあるのですから。
それから悩んでも、もう昨日には戻る事はできません。


避妊について


arrow

危険日・安全日の簡単自動計算

危険日・安全日を前回生理と周期を入れるだけで簡単に自動計算しチェックできます。・・・


arrow

排卵日は生理後から計算できる?

卵巣から卵子が生み出される日が排卵日ですが、排卵日がいつなのか?・・・


arrow

ピルってなぁに?その効果とは?

「 避妊にはピルが効果的 」と、殆どの女性が聞いた事があると思います。でも、実際にピルってどういった効果が・・・


arrow

ピルの種類

まずピルには、3つの種類があります。低用量ピル中用量ピル高用量ピル・・・


arrow

ピルの副作用は怖い?

避妊をするためにピルを飲みたいけれど、ピルの副作用が気になって、なかなか・・・


arrow

ピルを飲むと太るって本当?

「ピルを飲むと太る」と言われています。ピルの事を全く使った事のない人でも・・・


arrow

ピルの飲み方

ピルを飲む場合、正しい飲み方をしなければ避妊の効果は全く得られません。低用量ピルでは、まず・・・


arrow

ピルと血栓症

ピルは、本来は病院で処方箋をもらって服用しなくてはいけない薬です。避妊をするためだからといって、・・・


arrow

ピルの個人輸入は危険!

ピルは、れっきとしたお薬です。本来は、病院で処方箋をもらわなければ購入する事はできません。・・・


arrow

ピルの避妊以外のメリット

ピルは、正しい服用を守れば100%に近い避妊効果が得られます。もちろん全てに対してメリット・・・


arrow

ピルの飲み忘れ

ピルは、毎日1錠を確実に飲み続ける事で、避妊の効果が得られます。きっちりと継続・・・


arrow

低用量経口避妊薬(ピル)を飲んではいけない人

低用量経口避妊薬(ピル)は、ほぼ100%の避妊の効果がありますが誰でも・・・


arrow

ピル服用を中止しなければならない症状

ピルを服用しだして、何らかの副作用が出ても1,2ヵ月程で・・・


arrow

子宮内避妊システム ミレーナについて

子宮内避妊システムのミレーナは、避妊リング【子宮内避妊用具(IUD)】とピルが合体したようなもので、1970年代に開発が・・・


arrow

中出ししなければ生でエッチしても大丈夫?

あなたはパートナーとのセックスでコンドームを使用しますか?しませんか?今、考えてドキリと・・・


arrow

コンドームをつけてと言えますか?

コンドームを着けずにする生のセックスは、男性にとっても女性にとっても大変気持ちがいいものです。
何のリスクも・・・


arrow

女が受け身のセックス

男性と女性は基本的にセックスに対しての考え方に相違はありません。一般的に考えられているように、・・・


arrow

コンドームは完全避妊ではない

現在、避妊方法で最もポピュラーなものが「コンドームによる避妊方法」です。コンドームの歴史は大変古く、管理人紗江もびっくり・・・


arrow

緊急避妊のためのモーニングアフターピル

緊急避妊ピルが日本で認可されたのは昨年2011年。
まだその存在を知らない人の方が多いかも知れない・緊急を要する際に妊娠を防ぐ・・

夫のセックスでは物足らずいけない感覚に酔い知れて・・・

オンナの濡れ事秘話 短編官能小説 
第一話 夫のセックスでは物足らずいけない感覚に酔い知れて・・・

夫のセックスでは物足らずいけない感覚に酔い知れて・・・


不満の森に迷うオンナ

玲子は下腹部に手を当てながら、うっとりとした卑猥な笑みを浮かべた。
不倫相手とのセックスの感覚が残滓となって玲子の内側を疼かせている。

きっかけは昼間の訪問セールスだった。
その相手はまだ二〇代の若者で、亮太と名乗った。

夫との関係はまずまずだったが、主婦として家に篭りきりの生活に、どこか飽き飽きしていたこともあった。
そして何より、夫のセックスは淡白でそっけないものだったのだ。


それは、まだ三〇代半ばの、熟れ始めた躰を欲求不満の森に迷わせる十分な理由になった。

若く荒々しいセックスの感覚を反芻しながら、亮太の訪問を待った。
メールのやり取りで、時間を示し合わせる関係に発展している。

セックスの感覚

暑い日差しの中、日に焼けた若者の凛々しい笑顔が覗き、言葉を交わすこともなく、玄関先で激しい接吻に至った。

後頭部を引き寄せられながらされる情熱的な接吻に、脳みそが溶けるような感覚に見舞われた。

亮太の太腿が股間に差し込まれ、腰が引けるほどにセックスの感覚を思い起こさせた。


首筋や肩への愛撫が続き、そのままリビングのソファになだれ込んだ。亮太の口が、玲子の皮膚に浮かぶ僅かな汗まで舐め取るように愛撫した。
上着は生成りのタンクトップ一枚である。


亮太は服の上から双丘を揉みしだき、先の突起にしゃぶりついた。


「あんっ…ああ……やっ…」


タンクトップの生地がそこだけ濃く、唾液にまみれて透けてきている。玲子が薄衣を脱ぐと、臍から正中線をなぞるように舌先が這った。
そして、もう一度唾液の交換が行われた。

卑猥な愛液

亮太の愛撫は留まることを知らなかった。
玲子のショートパンツをずらし、ショーツを脱がせる。
鬱蒼とした茂みがさらけ出された。
その茂みに、亮太の舌が闖入していく。


男のザラザラとした舌が秘部をくまなく舐め回した。上部の突起を通過すると、針で刺したような感覚が全身を襲った。


「やんっ……あウっ…!」


玲子のうなじから汗が滴っている。
亮太はわざと、ジュルジュルと卑猥な音を立てながら愛液を啜った。愛撫のリズムに合わせて、脚がビクビクっと脈打つように跳ねた。


「ねえ……もう、入れて」


堪らず玲子は懇願した。
「じゃあ、俺のも舐めてよ」
亮太はスーツを脱ぎ去り、猛った怒張を玲子の口元に露出した。


玲子は唾液を湛えた口内にそれを招き入れた。


ジュボジュボと水音を響かせながらしゃぶりつく。


腔内を犯される感覚と、今からこの肉棒とするセックスを想って、秘部からさらに液を溢れさせていた。

セックスの感覚

亮太は粘液にテラテラと輝く肉棒を秘唇にあてがい、容赦なく腰を落とした。


弛緩し、柔らかく湿った内側を別け入っていく。

根元まで挿入されると、玲子は喜びとも苦しみともとれる声を上げて啼いた。亮太の蠕動が徐々に加速していく。


「俺のセックス気持ちいい?」


「うん……セックス好きっ……セックス欲しい…」


玲子の四肢が亮太を掴んで離さなかった。
下から力強く突き上げられる感覚に、女の奥にある痴態が開けてくる。


締め切ったリビングには、卑猥な音と匂いが充満していた。

亮太は体位を変えて、後ろから突いてきた。そして、片方の手で秘豆を弄ってくる。


「ダメっ…それっ…だめ…」


玲子は強烈な刺激に、腰をプルプルと戦慄かせている。

体中が性感帯となってしまった感覚に陥った。
膣道の収縮に耐え切れず、亮太は玲子の中に濁流を放出した。


そして二人はぐったりとソファに崩れ落ちた。
局部はまだ繋がれたまま、脈打つ感覚を共有していた。


亮太が帰ったあとも、玲子はソファにもたれて動けずにいた。


上がった息は収まりつつあったが、下腹部の熱が引かず、残った精液が漏れ出る感覚が悩ましかった。

カラダの感覚・気持ちの感覚
セックスの後は、五感が研ぎ澄まされ、色々な感覚が残ります。
特に膣に出し入れされたペニスの感覚は、いつまでも残るものです。
オナニーをする時には、そういったものを思い出し集中すると、イキやすくなりますよ。



【濡れ事】ゴシップ&エンタメ館TOPに戻る

セーファーセックスってなぁに?

セーファーセックスって何?

セーファーセックスって何?
性感染症は減る事がなく、年々感染者数が右肩上がりに増えている昨今。
性感染症は、決して特別な病気ではなく、身近な病気となっています。
風邪くらいに考えてもいいんじゃなかって、管理人紗江は考えています。


セーファーセックスっていう言葉、ご存知ですか?
セーファーセックスの訳は「安全なセックス」で、よりリスクの少ないセックスという事になります。


セーファーセックスとは
セーファーセックスあるいはセーフセックスと言い(英:Safer sex, Safe sex)、性感染症およびHIV(以下、性病等)に感染するリスクを減少させる行動をとりながら、性交を行うことである。
出典:wiki




性病は、直接膣内へペニスを挿入する事だけでなく、当然アナルセックスやフェラやクンニのオーラルだけでも感染します。

体液や血液が相手の粘膜や傷口に付着する事で感染するため、もちろんディープキスでもうつってしまうんですね。
その感染となる原因である、ヘルペスやコンジロームのイボなどを隠して接触を防ぐ事も、セーファーセックスにあたります。


性感染症は、男女間だけでなく、同性であっても全く同じで、女同士ならうつらないと考えるのは間違っています。

セーファーセックスの例


セーファーセックスの例

コンドームを使用する

挿入時だけでなく、フェラの時にも必ずコンドームを使う。
クンニリングスやアニリングスの際も同じで、デンタルダムというゴムのシートで女性器や肛門を覆って愛撫する。(代用品として、ラップを使ってもいい。)

コンドームについてはこちらから⇒コンドームは完全避妊ではない


女性器同士の直接の接触を避ける

女同士は、膣内に入れないから大丈夫だと安心はできません。
粘膜へ体液が接触する事で、男女の生のセックスと同じ危険性があります。


傷口を接触させない

傷口がある場所で、相手の傷口や性器・肛門周辺に触らないようにする。
口腔内は特に傷口の有無がわかりにくいため、注意が必要。


パートナーを決める

不特定多数の相手と性行為をしない。
自分はパートナーだけだからと言って安心はできません。
パートナーが一人でも他の相手と接触していれば、同じことです。


セーファーセックスの前に・・・

セーファーセックスの前に・・・
パートナーがいる人は、一緒に性病の検査を受け、性病にかかっていた場合は必ず治療をして下さい。

性病のウイルスに感染していた場合でも潜伏期があり、自覚症状がない時期があります。HIVの感染初期では、感染していても結果は陰性。検査には出ない場合もあるんです。

ウィンドウピリオドを避けるため、異性との交際を始めた時から最低でも1カ月は性交渉を行わない。
性交渉に至る前に、お互いがキャリアでないことを確認するため、性病等検査を受ける。


※ウィンドウピリオド
ウイルスに感染してから、検査で陽性になるまでの空白期間

セーファーセックス絶対しなきゃダメ?

  • 生でした方が気持ちがいいから。
  • 生でしないとパートナーが不機嫌になる。
  • せっかくの雰囲気が壊れてしまうから。
  • ついつい雰囲気に流されてしまった。

こういった理由で、ちゃんとした避妊をしないままセックスをしてしまう。
女性は特にこういうの言いにくいですよね。

でも、性行為はそれだけ大きな責任を伴う行為なんです。


自己責任を取れない場合は、必ずセーファーセックスを行うべきですね。

セーファーセックスでもうつる病気もある

念に念を重ねて、セーファーセックスを行っていても、うつってしまう性病もあります。

コンジローマやヘルペスなどは、コンドームをつけてペニスを覆っていたとしても、ペニスの根本や睾丸の部分にも症状が出ている場合が多く、触っただけでも感染してしまいます。

性行為をする際には、そういった事も踏まえて考えていかなければいけませんね。