イヤやめて・・・って女の本心?

イヤやめて・・・って女の本心?

イヤやめて・・・って女の本心?
当サイトでは、男性からメッセージをいただくのは女性よりもかなり少ないのですが、今回は男性からのメッセージをご紹介させていただきたいと思います。

18歳 Hさん 男性

最近付き合い始めた彼女と初エッチをしました。
彼女は、クンニしてても手マンしててもペニスを入れてても「イヤ・・・やめて。」「ダメ・・・」とか言っていました。

僕は初体験なので、初めは少し焦って舐めている舌の動きを止めたのですが、「イヤー」と言いながら頭を持って顔をあそこに寄せられました。

「えっ?」と思い、そのまままたクンニをしましたが、やっぱりまた「イヤッダメ!」って言います。
ピストンしている時も、「イヤイヤー!」と言いながらも、別に僕を払いのけたりしないし本心で嫌がっている感じもありません。

AVでもそんな感じのが多いし、本心でイヤがっているのなら、じっとしてたりしないですよね?友達に相談はしたくないから、メールさせてもらいました。

Hさんは、初めての経験で大変戸惑っているようでしたが、彼女の言い方や動かない様子を見てある程度は察しているようでした。

女性が「イヤ・・・やめて・・・」というのは、お察しの通り本心ではありません。

何故本心でないのに「イヤ」「やめて」って言うの?

女性が「イヤ」「やめて・・・」「ダメ・・・」と言うのは、いくつかの理由があります。

  • 本心からイヤでやめて欲しい時。
  • 気持ち良すぎてどうにかなってしまいそうだから怖がっている。
  • おかしくなりそうくらい感じている事を伝えようとしている。
  • 「ダメ・・・もっとして。」「イヤ・・・やめないで。」をつい本心とは裏腹な言葉に変換して言ってしまう。

上記のご相談のHさんは初体験だそうですが、彼女さんはバージンではなかったそうです。バージンの時は、そこまで感じないという可能性がありますが、イヤやめてと言いながらもじっとしている・本当にやめると引き寄せられた。との事から、彼女さんは本心で「やめて欲しい」とは思っておらず、

「イヤ・・・ダメよ。やめないで。もっとして。」「もっと感じさせて。」という気持ちを表現しているようですね。

本心でイヤがっている場合は、頭を引き寄せるような事はしません。
ただ、頭を引き寄せる行為ができたという事は、ある程度性行為の経験があると感じました。

女性は、本心を素直に言えないという部分があります。

ケンカをしても、本心では構って欲しいのに「もういい!」と怒ってしまう場面がありますよね。

エッチの場面では、小さい頃から

  • 女は慎むべき。
  • はしたない女になってはいけない。
  • 節操を保たなければいけない。

などと、そういう風に刷り込まれてきた事から【恥じらい】が邪魔をして、「気持ちいい。」「もっとこうして欲しい。」などという本心が、なかなか言えない生き物なんですね。

面倒臭いのはお互い様ですが、何とも面倒臭い生き物なんです。

計算の上で「イヤ・・・やめて・・・」というオンナ

上記を見ると、オンナって面倒くさいけど、可愛いななんて感じるかも知れません。

が・・・オンナは実はオトコが思う程、可愛いものではないんです。


オトコをより欲情させるため

どんな事をすればどんな言葉を言えば、オトコが興奮するのか、オトコが可愛いと感じるのか、色っぽいと感じるのか、知っているのがオンナです。

「イヤ。やめて」と本心で言っているかのように見せかけ、オトコを興奮させるための術を知っている・・・ただの演技という事もあり得るんです。

犯されたい願望やSMプレイへの好奇心

無理矢理されているところや荒っぽくされている場面などを想像し、自分を刺激し興奮へ導くため「イヤ」「やめて」という言葉を発している場合もあります。

犯される事でしか感じない性癖だったり、もっと感じたいという女の本性そのものですね。

本心で「イヤ」と感じている場合

基本的に、女性は男性の雑な愛撫に痛みを感じた場合でも、その本心もなかなか言い出せません。

そんなの声や態度でわかるだろうと思うのは、オトコの勝手な想像でしかありません。

  • 本当に気持ちが良くて恍惚な表情を浮かべているのか。
  • 痛みを感じて身体をのけぞらせているのか。

これを見抜くのは、何十年と性行為をしてきた経験豊富な男性にだってわからないものなんです。
基本的には、自称 遊び人であってでもです。

女性を扱う時は優しくソフトに、そして「痛くない?」「大丈夫?」などの声掛けは必ず必要ですよ。

男に甘える方法 ~ 言葉・行動編 ~

男に甘えるには声は囁くように出す

男に甘える方法 ~ 言葉・行動編 ~

男に甘える方法 ~ 視線編 ~は見ていただけましたでしょうか?内容的には、甘えるというよりも、好きにさせるアピールのようになっていますが、
視線・まなざしは何につけてもとっても重要なので、まだ見ていない人は是非ご覧下さい。

その次に、どういう言葉で甘えればいいのかを考えていきたいと思いますよ。

まずは「声」の出し方です。

「声」は、体に直接感じるもので、直感的に好き・嫌いに分かれてしまうものです。
なので、全ての方に有効というわけではありませんが、一般的には甲高いキンキン声よりも柔らかな声の方が男性には好かれます。


一般的にSEXの時も、男性が感じる声は吐息まじりのささやくような声なんです。

詳しくはこちら⇒あえぎ声の出し方

甘えたり何かお願いする時でも、大きな高い声で言葉を言うよりも、静かな柔らかく女らしい声を発した方が、男性も聞き入れてくれやすいと言えるでしょう。


音楽に例えると、高音でガンガンしている曲よりも、静かに流れるような曲の方が落ち着きますよね。それと同じです。

男性が女性に常に求めているのは、「癒し」です。
癒してあげるには、耳に馴染む柔らかい声なんですね。

元々、高い声の人でも、普段から静かな声でゆっくり話すように心掛けてみて下さい。

男を立てる・見下さない

男はプライドの高い生き物です。些細な事でも、変なプライドが常に存在しているもの。
そのプライドは絶対に傷つけてはいけません。

例えば、何かをお願いして甘えたのにしてくれなかった場合、「何故してくれないのよ!」なんて言葉は言ってはいけません。見下すようなきつい言い方をすると、男は必ずプライドを傷つけられて怒ってしまうか、気分を害してしまいます。


「ねぇ忘れちゃった?○○のこと。お願いしてもいい?」
「して欲しいな・・・」と静かに言って下さい。

そして、聞いてもらえた後は、必ず「ありがとう」
「凄い!そんなのできるんだ♪」と褒めます。

あなたにとって、「凄い男」なんだという事を伝えるんです。

相手にとって誰よりも特別だと感じてもらう

何かお願いごとをする場合、

  • 「他の誰にも頼めない」
  • 「あなたにしかできない」

という言葉を添えます。自分だけが頼りなんだと特別視してくれているのは、男にとって大変嬉しい事です。


頼られて嫌な男はいません。
「やっぱり○○くんにお願いして良かった」
「さすが○○くん。こんな事○○くんにしか頼めないから」とちゃんとお礼も言って下さいね。

付き合って間もない時、抱きしめて欲しくて、「だっこして」とお願いし、ぎゅっと抱きしめてもらった後でも、「ありがと。○○くんのだっこが凄く気持ちよくて大好き。またしてくれる?」そんな言葉を言われて喜ばない男性はいません。


もちろん、そういう言葉を言って下さいというよりも実際にそう感じるはずですから、思った言葉をそのまま伝える事が大切ですね。

でも、この場合は、「やっぱり○○くんのこのだっこが凄く気持ちよくて大好き。」この「やっぱり」は絶対につけたらダメです。
誰と比べてるの?と、感じるからですね。プライドも傷つけてしまう事になってしまいます。

男性に可愛いと感じてもらう

意味もなく名前を呼んで見るのも、可愛いと感じてもらえる方法です。名前を呼んで、「なに?」と言われたら、「こっち向いて欲しかっただけ」とか、ダイレクトに「好き」と言ったり、「ううん。」とにっこり笑ってはにかんでみましょう。
ただし、いつもしていると、特別感がないので、本当に時々にしましょうね。

ボディタッチで、彼に触れて甘えます。

  • 歩いている時に、袖の先をつまんだり、小指を握る
  • ふいに後ろから抱きつく
  • 自宅などでまったりしている時に、前から彼にまたがって座る

などなど・・・
ボディタッチは、男性にとって、セックスアピールにもなります。
されて嬉しくないわけはないですね。

でも、”前から彼にまたがって座る”のは少し距離が近くなっていなければ、なかなかできないですし、する時期を考えないと、いつもしているように感じられてしまいますので、要注意です。

「甘える」と「無理を言う」の違い

いくら甘えたいと思っていても、無理強いはよくありません。
甘えるよりも、ただのわがままな女だと思われてしまいますね。


そして、あきらかにできないであろう事をお願いするのはもよくありません。
その相手が、確実にできる事をお願いして甘えてみて下さい。

二人の距離がある時はまだ多少なら大丈夫ですが、距離が縮まってくると、何でもかんでもお願いするばかりでは、可愛いではなくずうずうしくなりますので、気をつけて下さいね。
合わせてご覧下さい⇒男と女の慣れ合い

甘えた後は、少し冷静を装う

紗江は好きではない男性には何でもできてしまいます。
心の中で舌を出し失笑しながら、満面の笑みを浮かべて「大好き!」と言う事が全てを計算の上で平気でできてしまうんです。甘える駆け引きも、計算が必要です。


・・・などと偉そうな事を言ってはいますが、
紗江は、本当に好きになってしまった人には、自分の全てを曝け出し、無理強いをし・ただ甘えるだけのだめ女になってしまうんですね。
これはいけません・・・


男は「癒してくれる女」を求めています。
可愛さで癒す他は、少しクールなくらいがちょうどいいんですね。

押して押して、相手が「こいつこんなに甘えてきて。可愛いヤツだなと」気を許したら、一歩引く。

男に甘えるのも、先を読み、計算できる賢い女になって下さいね。

男に甘える方法 ~ 視線編 ~

男に甘えるにはどういう方法がある?

男に甘える方法 ~ 視線編 ~

男性に甘えたいけど、うまく表現できない・素直になれない、そうやって悩んでいる人はいますか?


良く言えば甘え上手で、悪く言えばうまく男性を操作できる女性ってうらやましいですよね。


男性に、素直にそして適度に甘える事のできる甘え上手な女は、男から見てもとっても可愛らしいものです。


でも、得意不得意があるように、男性にうまく甘えられないのも仕方ありません。
うまく男性に甘える方法をご紹介します。

男に甘えるのが大の得意な紗江

紗江は、自分で言うのも何ですが、甘え上手です。
男をその気にさせるのは得意なタイプで、死ぬほど大嫌いな相手でも「あなたの事がとっても好き」と、心にも思っていない事を心から思っていると感じさせる事ができます。


こいつ俺に気があるな。そういう勘違いをさせる事ができるんですね。
これは、これと言って才能のない紗江の、唯一得意な事とも言えること。


相手がだいたいこう感じているな・今こう思ったなと、男の心を読みながら先手を打っていきます。
だから、どんな流れになってもダイレクトにその男の隙に付け入る事ができます。そして、好きにさせます。

もちろん、紗江の事がタイプでない男には、気を引くという効き目はありません。でも、確実に紗江が自分の事を好きなんだと信じさせる事だけはできるんです。

男に甘える方法 ~視線編 vo.1~

男に甘える方法

「目は口ほどに物を言う」と言いますよね。

一番大切な甘える方法は「視線」です。

視線とは言っても、誰もが使う上目使いなんかではありません。簡単に一言で言うと「ガン見」です。

でも、ただガン見するだけでは、何見てんの??となってしまいますよね。
「あなたが好き」を全て視線に変えて、その男性を見つめ続けるんです。簡単にいけば、もうこれだけで「俺に気がある」と思わせる事が可能です。


甘えるしぐさ・言葉・行動、どれをとっても、この「ガン見」なしでは成功しないと言い切れるでしょう。

  • 男に甘える方法手順その1.「好き好き好き」と念じながら、相手の目をガン見する
  • 男に甘える方法手順その2.目が合ってもそのまままばたきせずに見つめ続ける
  • 男に甘える方法手順その3.そして、ゆっくり右斜め・又は左斜めに流し目し、ゆっくりとまばたきをする
  • 男に甘える方法手順その4.ゆっくりと目を開け、ガン見しながら、眉を下げるイメージをする
  • 男に甘える方法手順その5.とにかく「好き」という気持ちをが全部視線になって彼に流れるような感じをイメージして下さい

※ 番外編

  • 男に甘える方法手順その1.「好き好き好き」と念じながら、相手の目をガン見する
  • 男に甘える方法手順その2.目が合った途端、右斜め・又は左斜めに視線を下げ、ゆっくりとまばたきをする
  • 男に甘える方法手順その3.そして目を伏せたまま恥ずかしげに微笑む
  • 男に甘える方法手順その4.目線はそのまま伏せ微笑んだ状態で何度かまばたきをする
  • 男に甘える方法手順その5.目を深く閉じ、開くと同時に相手の目を見て、また真剣なまなざしで見つめる

こういうイメージで、自分なりの視線を作り出し「男に甘える視線」を届ける事を目指しましょう。

目をパチパチさせるのは絶対NGです。
それは絶対に逆効果!甘えるどころか、引かれてしまいます。
まばたきは、なるべく我慢して少しうるうるできるように頑張ってみましょう。

男に甘える方法 ~視線編 vo.2~

「何見てるの?」と聞かれたら、

  • 男に甘える方法手順その1.抱きしめて欲しい時は、ゆっくりと男性の胸と肩の間くらいに、黙ってちょこんとおでこか頭をおきます。
  • 男に甘える方法手順その2.頭を撫でて欲しい時は、首を少し傾げ気味にしながら、男性の手を取り自分の頭に持っていきましょう。そして、手が頭に触れる瞬間くらいに目を閉じます。
  • 男に甘える方法手順その3.キスして欲しい時は、そのまま素直に「キスして」と静かに言いましょう。

男にとって、女の甘えるしぐさや行動、何よりも一番感じるのは、まなざしです。
本気で甘えたいと思っているのなら、迷いなく彼を見つめるところから始めればいいんじゃないかと紗江は思いますよ。


また付き合いが始まっていないか、まだ付き合い始めてお互いを理解していない時など、そういう場合は多少なりとも、甘える演技は必要です。


ただ、演技できない・した事がない、そんな人は、無理にそうしようとしても、見抜かれてしまいます。安易にガン見すればいいだけとは思わないで下さいね。できもしないのに甘える視線を投げかけても、自分で自分の首を絞める行為になり兼ねません。

そして甘える演技ができているつもりになっている人が一番注意が必要です。
以外と、人は自分の事をわかっていません。わかったつもりが一番怖いんです。
その辺りを考えて、「甘える」意味を、きちんと考えてみて下さいね。
こんな風に言っている紗江ですが、これは実際に自分が好きだと感じた時に計算なく自然に出た目線や行動を、冷静に考えた結果気が付いた事でした。
好きになったり気になったりすると、何の計算なんてなくてもついついじっと見つめてしまいますよね。

紗江は昔から、そうやって見つめてしまう自分に気づく事で「あっもしかすると好きなのかも」と感じてきました。

やはり、「好き」という気持ちで見つめる以上に、甘える方法なんてないのかも知れません。

男に甘える方法 この続きはこちらからどうぞ⇒男に甘える方法 ~ 言葉・行動編 ~