目指せ乳首イキ【感度アップする方法】愛を深めるちくび開発

全てのページはこちらサイトマップ

性感帯である乳首は、残念ながら全ての男女の性感帯というわけではありません。

感じない乳首はずっと感じないままなのでしょうか。いいえ、そんな事ありません。

管理人紗江は、若い頃乳首はそこまでの感度ではありませんでした。

乳首の感度をアップさせる方法を、詳しく解説していきたいと思います。

乳首の感度をアップさせた方がいい理由

乳首の感度アップをしている女性

全く乳首が感じない方もいる中、男性は乳首が感じなくても気にしません。

しかし女性の象徴とも言える胸や乳首が感じないとなれば、少し問題になってきます。

なぜなら、男は感じている女を見て興奮するのですから。『感度のいい女を抱きたい。』世の中の男性に共通する願いです。

乳首を触っても反応が薄い女性とのセックスは、ただ退屈な行為となります。

一方女性だって、一生懸命彼氏が乳首を愛撫してくれているのに感じない状態では、申し訳ない気持ちになるでしょう。

乳首イキできるほど感度アップすれば、彼氏とのセックスも今以上楽しいものになります。

乳首の感度アップは、お互いにとって良好な関係を築く方法でもありますね。

あなたの乳首の感度はどのくらい?

感じ方は千差万別ではありますが、乳首の感度と一言で言っても何段階かに分かれます。

  1. 乳首を触られても、全く感じず感度ゼロ
  2. 乳首を刺激されると、くすぐったさを感じる
  3. 乳首を愛撫されると、なんとなく気持ちいいなと思う
  4. 乳首を愛撫されると、興奮し下半身がムズムズする
  5. 乳首への刺激だけでオーガズムを迎える

大きく分類すれば、このように分かれるでしょうか。

男性は勃起した乳首を見ると「感じている」と思いますが、乳首は全く感じていなくても物理的に勃起します。

でもまず感度を上げるためには、勃起させる方が効果的。勃起した乳首を繰り返し弄っていくと、感度アップの練習になります。

紗江の場合、初体験では3つ目の状態でした。

好きな人が自分を愛撫してくれていると思うと、気持ちよくなりますね。肉体的にも精神的にも、両面からです。

乳首の感度アップの方法で一番重要な点は、精神的要素です。

乳首の感度アップ【1】精神的快楽

好きな人・色気を感じ興奮する相手からの乳首開発

乳首の感度を上げるには肉体的な快感も必要ですが、精神的な快感を感じなければなりません。

精神的な感度を上昇させなければ、おそらく乳首イキもできないままでしょう。

男女関わらず、セックスは脳で行なっています。体だけの快楽はあり得ません。

紗江の彼は言います。「男のペニスの快感なんて知れたもの。女を感じさせて興奮しなければ、イケない。」

女性の場合も同じです。嫌悪感ある男性に乳首を触られたからといって、多少は感じたにしてもものすごく感じはしないでしょう。

もちろん例外はありますが、多少感じる部分はほぼ『反射』です。それ以上に、どれだけ喜びを感じるのかにかかわってきます。

ですから紗江が乳首の感度アップのために一番いい方法だと思っているのは、彼氏からの乳首への愛撫です。

紗江が乳首でイケたのは、【好きな相手】・【興奮する相手】・【繰り返し乳首へ与えられる刺激】この3つです。

繰り返し繰り返し少しずつ感度が上がっていき、最終的に得たオーガズムでした。

乳首の感度アップのチクニー

チクニーで感度アップする場合でも同じです。

  • どれだけオナニーに集中しているか
  • どれだけエッチな妄想を張りめぐらせるか
  • オナニーのおかずへ対する興奮が大きいか

これに尽きます。

興奮していない状態では、いくら乳首を触っても感度はアップしません。

ですから言えば、頭の中でこのように考えていても、邪念になって感度アップにはつながりません。

『こう触ったら乳首の感度アップになるんだな。よし、こうやって触ってみよう…。』感じるために行なっている行動なのに、余計な考えです。

パートナーからの愛撫では、そんな余分な感情は浮かびません。ですから自分で乳首開発する場合は、手放しでできる大人のおもちゃがもっとも感度アップにつながるのです。

乳首の感度アップ【2】肉体的快楽

乳首があまり感じない方が感度アップするための肉体的快楽の基本は、乳首表面への軽い刺激です。

『押し込んでくるくるする』このやり方が感度アップになるというハウツーがありますが、感じない方にはほとんど意味がありません。

一度、腕や太ももで試してみましょう。

  • 皮膚を押し込んでクルクルする
  • 皮膚に軽く触れてサワサワする

どちらの感覚が、より伝わるかわかりますね。

乳首の感度を上げるためにまず必要なのは、皮膚表面の感度アップです。

感度がアップしてきてからこその、振動の快感です。

振動の快感で感じられるなら、乳首でなく乳房を揉まれただけで感じるでしょう。かなり高度な感度になります。

乳首の表面が感じないのに、乳首深層部の感度アップはできません。物事には順序がありますね。

『押し込んでクルクルするとほとんどの女性が感じると書いてあるのに、こうやっても感じない私は不感症?』と悩む方がいるとすれば、心配はいりません。

乳首イキする紗江でも、乳首を陥没させてクルクル刺激してもあまり感じません。

せっかく感度アップさせようと思っても、陥没させてしまっては皮膚表面の感度アップにはならないのです。

もちろん乳首の感度があがれば、胸を揉まれただけでも感じるようになれます。

まずは乳首表面を軽く刺激して、感度アップしていきましょう。

  • 服の上から、爪でひっかくようにカリカリする
  • ローションでヌルヌルにして、軽くもむ
  • 軽くつまんで引っ張り、滑らせるようにする
  • コロコロと乳首を転がす

弱い刺激で感度アップしてくれば、後は経験を重ねるのみ。セックスの感度アップは、経験を重ねる必要があります。


女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
彼とのセックスで濡れたい感じたい女性に ラブグラ(女性用バイアグラ)
女性用男性用何でも揃ってます。 お買い得アダルトグッズ通販はこちら