【忘れられない愛の形】Episode-4 プリーツ・スカート

きもイクラブ官能小説【忘れられない愛の形】

あなたのための・・

最初のルーチンワークを終え、いつものように、化粧を落とす私は、絶妙の力加減と姿勢で後から抱きしめられている。

化粧を落とし終え彼の両腕を外から抱えて、体を預け、首を傾けながら頭を後ろに振った。

首筋へのキスを促すしぐさ。思い通り、屈みこむようにして首筋へ唇を寄せる彼の、頭に手を回して引き付ける。いつの間にか、ラブシーンも主導できるようになった。

「今日は、どーするの? また潜り込む?」

甘えるような、からかうような口調で、わざと尋ねる。

薄手のプリーツスカート、その下には・・彼の好物・・のはず。

おっぱいから離した手を腰に回し、向こうへ行こう、とソファへ誘う。

あぁ、ストリップショウだ、と思い込んだ私は、ソファに腰掛ける彼の前に立ち、眼を合わせ、腕を組み、睨みつけるような視線で、尋ねた。

「で・・・」

次の言葉を言う前に、思いがけない言葉、

「スカート、捲ってよ」

その一言で私の主導権は吹き飛んだ。

スカート捲り? 自分で捲るの? 目線を外し、スカートの裾を摘まんで引き上げる。

恥ずかしそうに、ではなく、ほんとうに恥ずかしい。かなり引き上げたはず、と思ったところへ次の言葉。

「裏地も一緒に捲らなきゃ」

そう、このプリーツスカートは、薄手の表地に、しっかりした裏地が付いている。

その丈は少し短いので、屈みこんで表地の裾から手を入れなくては掴めない。

その所作さえ恥ずかしい。なんとか裏地の裾を掴み、引き上げる。

ゆっくりゆっくり・・でもそれは演技じゃない。ほんとうに恥ずかしくて、眼も開けられない。

パンティの端が見えちゃう・・、と思った時、ソファから滑り降り、私の前に座り込む気配がした。体温さえ感じる距離。

「そこで向こうを向いて」

スカートを引き上げたままお尻を向けるが、そこはまだ全てがスカートに包まれたまま。

「捲れてないよ」

からかうような語調。自分で捲ったスカートの中に手を入れ、お尻をむき出しにするよう、たくし上げる。

「エッチなパンティだね」

その声で主導権を取り戻した気がした。そう、大好きでしょ、あなたのためのパンティよ!

今朝、家を出るときは、フルバックのスタンダートだった。

お仕事を終え、あなたと会う前にショッピングセンターのユニバーサルトイレで着替えたの、あなたに見せる為に・・それはローライズのスキャンティ、後ろはお尻の谷間が隠せない。前は・・

「こっちを向いて」

スカートをたくし上げたまま向きを変える。

もう恥ずかしくない。見せてあげる。見て、見て、あなたのためのスキャンティよ! 

はきこみが浅く、クロッチも狭いスキャンティからは、痴毛が上にも下にもはみ出している。

パンスト越しに食い入るように見つめ、手を伸ばしかけた彼に一歩近づき、たくし込んだスカートを広げて頭から被せた。

フレアのときは後ろから潜り込まれたが、今日は前から潜り込ませた形。

スカートの上から頭を抱え、股間に押し付ける。

両足を伝って這い上がった手がパンストの上端にかかり、一気に引き下ろされた。

かろうじて残ったスキャンティの上から茂みに噛みつき、隙間から滑り込もうとする舌。

「だめ、汚れてるからダメ、お風呂へ行こう」

お守り

舞い上がり始めた彼を遮るように傍に座り込み、ネクタイを外しシャツのボタンを外す。

ベルトを緩めホックを外しファスナーを下げると、盛り上がったテントが顕れた。

チョンチョンと突つき、お風呂に行きましょう、と促しながら、パッパッと裸になる。

殆ど同時に裸になった彼の、大きく長い坊やを握ったままバスルームに向かう。そうよ、これは、あなたに繋いだ私だけのリード。

体にお湯をかけただけでバスタブに浸かり、いつものようにキスを交わした後、いつもの会話が始まる。

「今日のエッチなお願いはナニ? あ、オシッコはダメよ」

「オシッコ以外なら、何でもいい? ほんとに?」

「いいから言ってごらんなさい、望みはナニ?」

「さっきのパンティねぇ・・」

「あれはスキャンティと言うの、それがどうしたの?」

「上にも下にもはみ出してたよね」

そう言いながら股間に手を伸ばし、茂みを弄る。

ビンゴ、それこそが私の狙い。今日のスキャンティ、実は履き替えたとき、自分の手で、より多くをはみ出させていた。

「うん・・はみ出して困るの・・でも、それがどうしたの?」

なにも察していないふりで答える。

「これ、全部ちょうだい、お守りにするから」

ちょ、ちょ、ちょ、ちょい待った! 全部? お守り? なんじゃ、そりゃ・・・またハナシがズレてるぞ!

戸惑いを隠せず、顔を上げて尋ねる。

「どういうこと? お守りってなに?」

「恋人のコレを肌身離さず持っている、って風習があるんだよ」

「ホント、それ? 聞いたことないわ」

「例えば漁師の世界だね、特にカツオの一本釣り。船の上では毎日が生きるか死ぬかの世界だから、女は自分の分身を託し、男はそれをお守りにするんだよ」

「なんとなくだけと、判る気がするなぁ・・、で、全部は?」

「それがエッチなお願い、ココをツルツルにしたい」

ワォ、茂みの形を整えるだけじゃなく、ツルツルにだって? 剃るってこと?

「んもう・・ほんとにエッチなお願いねぇ・・、でも道具がいるでしょ?」

「あぁ、持ってるよ、あのちっちゃなTバックを見た時から、これはいつか剃らなくちゃね、と思ってたんだ」

そうだったのか、同じ思いだったのか、でも「全部剃る」とは考えなかった。

「しょうがないなぁ・・約束だもんね・・で、どーするの?」

オシッコのお願いを強く拒否した後ろめたさもあって、このお願いは受け入れるしかなかった。

「上がってベッドへ行こう」

ナニをするのか、ナニをされるのか、およそ見当が付いた。

噴き出る本心

体を拭ってベッドへ腰かけ、彼がバッグから取り出して並べる道具を、ぼんやり眺めていた。その手際には感心するしかない。

ベッドに横たえられ、お腹の上に布が掛けられた。茂みに櫛が入り鋏が動く。切り取った痴毛を布の上に丁寧に重ねてゆく。

これが、彼に託す私の分身、彼のお守り。

足を閉じたままで届く範囲の処置を終え、膝を立て足を開かれた。

クリトリスの周りを覗き込むよう、数本ずつ摘まんで鋏を入れ、布の上に並べる。ウァギナの両側も同様に処置し、足を閉じさせて唇を寄せる。

「長いのは終わったよ、残りを剃ってあげる」

カラカラ、カラカラ、シュツ・・

缶を振り噴出した泡を手に取り、擦り合わせている。その手を恥丘の上に置き、丁寧に擦り込む。 

「無刺激性のシェービングクリームだよ、なにも感じないでしょ?」

安心させるように説明してくれるけど、どーでもいいの、あなたが私を傷つけないことは、良く判ってる・・・

「五枚歯のシェーバー、綺麗に剃れる」

ベッドサイドに置いたお湯にシェーバーを浸し、一振りしてお臍の下に当て、引き下ろす。

ジョリ・・微かな音が、異様に大きく聞こえる。

勘違いだと、幻聴だと判っている。腋毛を剃る音だって殆ど聞こえないのに、そんな遠くの音が聞こえるはずがない。

シェーバーが動くたびに、ジョリ・・ジョリ・・、敵が立て籠る城の包囲網を狭めるように、周辺から恥丘の先端へとゆっくりと動くシェーバー。

彼の坊やはきっと、大きく反り返っているはず。

今の私には「する」ことで沸き上がる喜びの意味が解っている。それもあなたが教えてくれた。

好きなようにして、させてあげる。

十分に楽しみなさい、楽しませてあげる。私は「される」喜びに包まれている。

「前から見えるところはキレイになったよ、でも、見えないところまでキレイにしなくちゃね・・」

足を広げさせ、パンティラインにあの泡を擦り込む。ジョリ・・ジョリ・・、裾野から頂上へ攻め上る・・クリトリスを守る茂みはもう無いはず・・

「もっと奥へ行くよ」

そう言いながら、開いた左足を持ち上げ膝裏に腕を掛けさせた。続いて右・・恥ずかしいけど馴染みのあるスタイル。

シュッ・・あの泡が右のパンティラインに擦り込まれ、シェーバーが動く・・

「ねぇ、感じてるでしょ、ラブジュースが溢れてるよ」

言われなくても判ってる、恥丘の茂みに鋏が入ったときから、濡れ始めてた・・

「ジョリッ、ジュワッ、ジョリッ、ジュワッ、剃るたびに湧き出してくる」

その言葉で私は壊れた・・いや本心が噴き出た・・

「ねぇ、ねぇ、ねぇ、ねぇ、し・ば・っ・て」

叫ぶように声を上げた。シェーバーが止まり間をおいて、わかった、と言いつつ身を離す。

無くなった茂み

とうとう言っちゃった・・・体中の力が抜け、だらしくなく手足を伸ばす私に、やさしくキスしながら告げる。

「きつく縛るよ」

その手に掴んだ赤いロープを、これ見よがしに私の体に押し付けている。

やがて襲い来るであろう羞恥心と快楽の波への期待が、最高潮に達し、眼を閉じ頷くしかできない。

右ひざに巻き付けたロープを、両足を抱えて高く上げ浮いた腰の下を潜らせる。その場所へ枕を置き、左足を抑えてロープを引く。

シュッという音と共に、右ひざがおっぱい近くまで引き寄せられる。そのまま左膝に巻き付け固定する。

縛られていない手を、体が揺れないよう、大きく左右に広げさせる。

きっと彼ば、私に、自分で解くつもりはない、と判っている・・・

彼が、広げた股間へ移動する。あぁ、また全てを見られる。

多少なりとも視線を遮る茂みは、もうない。いや、奥には半分残っている・・なんたる痴態、猛烈な羞恥心に襲われる。

右のパンティラインへ泡を擦り直し、シェーバーが動き始める。

後の穴の近くで動くシェーバーに、少し慌てる・・・そんな所に生えてるの?・・自分で確かめたことなど、もちろん、ない。

続いて左。泡を擦り込んで私の左に移った彼は、縛られた太ももを抱きかかえるようにして、屈みこんだ。

あ、そうか、右利きだもんね。

ジョリッ、ジュワッ、ラブジュースを溢れさせながら、他愛もないことを考えてる私の羞恥心は、幸福感と満足感に変わっていた。

望んでされた縛り、目隠しは無い。ナニをしてくれるのか、ナニをされるのか、期待に胸震わせて彼の動きを目で追う。

お湯に浸したタオルを手に取り、一帯を拭い、剃り残しを確認してる。

ツルツルになった秘所を舐めるように見ている。見られている、それだけで呼吸が荒くなる。

ねぇねぇ、見てるだけじゃダメ、先へ進んて、することは他にたくさんあるでしょ・・唇が押し当てられた。

中心部ではなく、茂みを剃り落としたところ。

ツルツルにしたところを舐めている。下から上へ上から下へ、右も左も、普段なら茂みに遮られて、直接には触れないところ。

それは初めての感覚、中心部とは違う快感だった。

唇が止まり、強く吸われている。

あ、キスマークね、でもそんなところに付くの? 何か所かで動きを止めた唇が、また連続した動きに変わった。

やがて後ろの穴近くへ達した唇は横に逸れ、穴の中心を突き始めた。

穴の側から膣との境を攻め、乗り越えて膣の中へ滑り込み、更に上がってゆく。

遮るものの無い頂上へ達した舌が、クリトリスを舐めまわし突きまわし、また下がってゆく。

やがて、どこを舐められているのか、どこを突かれているのか、判らなくなった。

茂みがあったところ? もともとなかったところ? 前の穴? 後ろの穴? あらゆるところがグチャグチャになって、感じる証しの音も出始めた。

「ブゥ~~、ブゥァ~、ブゥ~~、ブゥァ~」

「あぁ~、もうだめ、許して、解いて」

喘ぎ声が懇願に変わる。

「だめ、だめ、解いてったらぁ~、もう許してぇ~」

左足のロープを解かれ、ベッドの隅まで引きずられた。

ベッドの角を跨いで腰かけた彼が、私の両足首を掴んで左右に大きく開き、股間を露出させる。

視線を遮る茂みは無い。この姿勢でも丸見えのはず・・彼が入ってきた。

侵入角度が違うからか、いつもとは異なる快感。根元まで入り終え、足首を離した手がおっぱいを揉み始めた。

そうね、今日、そこは不足してるわ、もっと激しく、乳首も忘れちゃだめよ・・入り込んだ彼が動き始める・・おっぱいとの同時攻撃・・この姿勢は良い・・でももういいわ、いって・・ そのとき彼が爆発した。

私の上に倒れこみ覆い被さる彼、でも、この体制では僅かな間も支えられない。

彼はそのままベッド脇に滑り落ちる。

ベッドの真ん中に後ずさりし、のそのそと起き上がって近づく彼の頭を、胸に抱え込む。おっぱいの間に彼の顔がある。

腰のくびれを潜って抱きしめる彼の腕に、体重は掛かっていないはず。

初めての姿勢、彼の髪を撫でながら、顔の向きを変えさせ、乳首を銜えさせる。これもまた至福の姿勢、至福の時間。

彼がなにか言おうとする度に、強く引き寄せおっぱいを押し付ける。おっぱいでいっぱい、話はできない。

暫くして抱擁を解き、体を離した。

決壊したダム

「おふろへ行こうよ」

「そうね・・」

二人揃って身を起こし、ベッドから降りる。彼はしゃがんで、右足に巻き付いたままのロープを、外してくれる。それを見て、先ほどの全てがが蘇り、恥ずかしい思いと嬉しい思いがごちゃまぜに沸き上がる。

「ちょっと、トイレ、・・・」

振り返り、睨みつけるようして、言葉を続ける。

「ついてきちゃ、だめよ!」

トイレに入り便座に座ったとたん、ドアが開き彼が入ってきた。

「鍵かけなきゃダメでしょ、ヘンタイさんが入ってくるよ」

驚いたように眼を開き、身を固くする私に近寄り、横から抱きしめて、右手を股間に伸ばす。

優しいキスを受け、しがみつくだけの私に、奥へ滑りこんでゆく彼の手を、拒む力は、無い。

鍵を、かけ忘れたんじゃない。かけなかったのだ。

意識してのことではないが、かけなかった。あのとき、股間に挟んだ彼の手にオシッコをかけさせられたとき、予想しなかった快感が訪れた。

あの快感の再来を求めるもう一人の私が、鍵をかけさせなかった。

私、間違いなく、ヘンタイになっている・・

茂みの全てを剃り落とされ、ツルツルになった秘所を掌で覆い、耳元で囁く。

「ここで出す・・? おふろで出す・・?」

おふろでオシッコ! とんでもない! いつか、いつかは、そうさせられるだろうけど、今はダメ、絶対にダメ! 

強く首を振る私に次の言葉を浴びせる。

「じゃあ、出して、受け止めてあげるから」

「・・!・・!・・」

出したいけど出ない。すぐそこまで来ているオシッコが、最後の障壁を乗り越えられない。暫く無言でいた彼が言う。

「この前みたいに、内側から刺激してあげようか?」

やだぁ、やだ、やだ、ひとりで出す! 

強く首を振ったとき、ダムが決壊した。

チョロっでもなくチョロチョロでもなく、一気に噴き出した。

シュワア~~ジャボジャボ、シュワア~~ジャボジャボ、噴き出る音と溜まりに落ちる音が混ざり、羞恥心を掻き立てる。

同時にあの異様な快感に襲われ、股間に挟む彼の腕を締め付けてしがみつく。

ねぇ、そこをかき混ぜて、ほら十分潤ってるでしょ、グズグズしないの・・、そんな思いは彼の一言で消え去った。

「ねぇ、ツルツルだと、オシッコが掛からなくて良いよね」

たしかにそうだ、ウォシュレットの後始末も楽かも! 

コイツ、そんなことまで考え付くんだ! 

でも、坊やをそそり立たせて言うことじゃないよね、いや、そそり立ってるから言うのか? 

可笑しくなって笑いが止まらず坊やを握りしめて立ち上がった。

「おふろに行こう、絞り出してあげる」

彼からの贈りもの

バスタブの傍に立つ彼にお湯を掛け、ボディソープの泡に塗れた両手を見せながら、左傍に寄り添う。

察した彼が微笑みながら片手で抱き寄せ、少しだけ足を開いたとき、そそりたつ坊やが、より膨らんだように見えた。

左手で坊やを握りしめ、右手をお尻の谷間に添える。一帯を撫でまわしながら、両手を近づけるように奥へ進む。

あの穴をさっと掠めると、期待するように、抱きしめる腕に力が入る。

まぁ~~だだよぉ~~、おあずけ! 焦らすって、こーいうことか!

そそり立った坊やの先っちょは、玉が入った袋を弄ぶ左手の肘あたり。

右手の中指を穴に当てる。

穴の周囲を撫でたり突いたりしながら、そのタイミングを図る。

大きく息を吐いたとき、穴が膨らんだように思い、力を入れたら、ヌルリと吸い込まれた。

何度か出し入れして穴を馴染ませ、前に回ってしゃがみ込む。

お湯を掛けて泡を落とした坊やの先頭を口に含み、右手を股間の奥へ伸ばす。難なく見つけた穴は準備完了、押し込むと、第二関節まで吸い込まれた。

この前は気づかなかったけど、指を締め付ける力が強弱を繰り返してる。

これが、穴の呼吸なのか、また新しい発見。

坊やの胴体を握る手を前後に滑らせ、右手の中指は吸い込んだ穴へ、出したり入れたりしながらその中をかき回しす。口に含んだ先頭も舐めながら出したり入れたり、ほんとうに忙しい。

ねぇ、あなた、こんな風に、何か所も同時に愛してくれたこと、ある?

暫くすると、坊やが爆発する兆しが見えた。

両手を腰骨に添え、口の中の先頭に意識を集中し、二度目の噴火に備える。ちゅるん、と抜けかけた坊やを、銜えなおしたとき、あっあっ、と呻きながら爆発した。

彼からの贈りもの、口の中を一回りさせ、味わいながら飲み込む。小さくなり始めた坊やの後を追い、殆ど全身を口に含んだ後、二玉を包む袋にキスしてあげた。

立ち上がり、手を取ってバスタブへ誘う。

立ったままの彼が、蛇口を捻り、両手掌を丸めて受け止めた水を、私の口元へ寄せる。

一口二口飲み干して彼を見上げ、微笑むと、崩れ落ちるようにしてバスタブに身を沈め、抱きしめてくれた。

「ありがと」

「・・・」

「あんなにしてくれて・・、きっと君もぐちゃぐちゃだよね・・、でももう、してあげられない、デンチ切れだ・・」

「・・・」

彼の言葉が嬉しくて、向きを変え、首にしがみつくようにして抱きつき、ディープなキスをあげた。

暫くそうしてたら、また、彼がささやく。

「ねぇ・・」

その言葉はエッチなハナシが始まる印。

「もう一度、ツルツルを見せて」

にっこり笑って彼の前に立ち、遮る茂みが無い恥丘を、付き出した。

 

 

 

Vol.1 / vol.2 / vol.3 / vol.4 / Vol.5 / Vol.6 / vol.7 / vol.8 /

/ Appendix-A / Appendix-B / Appendix-C /

著:tomoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です