【忘れられない愛の形】Appendix-A 亀の甲羅

きもイクラブ官能小説【忘れられない愛の形】

鮮やかに蘇る記憶

彼に縛られた、いや縛って貰った、あのときの全てが、忘れられない。

背中に回したロープを両足に巻き付け、膝が胸につく程に引き絞る・・・、腰の下に枕を入れて、秘所を上向けに晒しだす・・・。

苦痛ではないが、それ故に、尚更のこと羞恥心が募り、煽られた羞恥心は、やがて、快感と幸福感と満足感に変わる。

動けない私に彼がしてくれたこと、そのひとつひとつは勿論のこと、あの姿勢そのものが、忘れられない。

太ももに食い込むロープの感触が、固定された足を動かそうとして更に食い込むあの感触が、鮮やかに蘇る。

***

ある日、週間ポストの広告に、目を奪われた。女優「とよた真帆」の名と「縄」「縛」の文字!

仕事を終えての帰路、コンビニへ立ち寄って、その週刊誌を買った。

グラビアの彼女の写真、ポルノ雑誌ではなく普通の週刊誌なので、痴毛は勿論のこと乳首さえ露になっていない。

もし猥褻にレベルがあるなら、私のあのシーンが、間違いなく勝っている!

いまの私には、荒縄を体のあちこちに巻き付けられ、動きを止められた彼女の表情が、はっきりと理解できる。

あるときは、幸福感と満足感に浸り恍惚の表情で目を閉じ、またあるときは大きく開いた目で挑発してる。

そうよそうよ、私もこうして・・・、

最も目を奪われたのは「亀甲縛り」と題された、数枚の写真。

肩から股間まで、単に巻き付けられているのじゃなく、おっぱいの間からお臍に置かれた二本の荒縄を、左右に引いて、きれいな図柄を描いてる。

そのおっぱいは上と下を通る荒縄で、いやらしい形につぶれてる。薄い布に覆われた乳首は見えないが、きっと立っているはず。

嫌々縛られた、のではなく、望んで縛られ、荒縄で編まれた衣装を纏っている。

ねぇ、私にも纏わせて・・・でも、私のちいさなおっぱい、あんなにいやらしい形につぶれるかなぁ?

***

あなたの願い・私の望み

いつものように、バスタブの中で、立たせた私の茂みに顔を埋めた彼が、呟く。

「ねぇ、オシッコ・・」

「・・さっきしたばかり、出ないよ・・」

顎を挿し込んで太ももを開かせ、彼の舌が奥へ滑り込む。クリトリスを突いては更にその奥を舐める。

彼の頭に手を置き、引き付けてクリトリスを押し付ける。

やがて立ってはおられなくなり、腰を引き、バスタブに沈み込んで、彼にしがみつく。

暫くして力が抜けた私を、優しく抱き抱えて、

「ねぇ、この頃・・オシッコ・・って言っても、逃げないよね?」

「・・・」

「いつか、飲ませてくれるまで、待ってるよ」

「・・(待ってて、いつかきっと、飲ませてあげる)・・・」

いつごろからか、飲ませてあげよう、彼の口に出したい、と思い始めたが、未だ一度もできていない。

「あなたのエッチなお願い、他は全部叶えてあげたよね?」

「そうだね、”オシッコ飲ませて”以外の二つ、ね」

「アンダーヘアはねぇ・・女性誌でも”彼に処理してもらう”なんて記事があったりして・・、ツルツルにされるとは思わなかったけどね」

「あのとき貰ったお守り、ちゃんと持ってるよ」

疑ってるわけじゃないけど、いつか聞こうと思ってた。彼の言葉に、心は舞い上がる。

「でも・・、最初に、縛りたい、って言われたとき、ほんとうに逃げよう、帰ろうと思ったのよ」

「そう、すごい剣幕で、バスルームを出たよね」

「あなた、私が逃げないって、判ってたの?」

「そんなこと、判ってなんかいないよ」

「直ぐには追っかけて来なかったよね? 逃がすつもりだった?」

「・・ウゥん・・最初っからね、嫌がる君を捕まえて無理やり縛るつもりは、無かったんだ」

「・・(そうよね、あたなは私を絶対に傷つけない、心も体も)・・」

「ベッドルーム入ったときは、あやまるつもりだったんだ。ごめんね、と言いかけて・・あのときの君の姿を、今でもはっきり覚えてるよ」

「・・」

「もう、服を着てるだろう・・、と思ってたのに、君は裸のまま、黒いショーツを握って固まってた・・、きれいで、かわいくて、あの姿は忘れないね」

彼の胸に顔をうづめ、視線を避ける。恥ずかしい・・、でも嬉しい・・、私の中に眠るナニかが、あのとき揺り起こされた・・。

顎の下に手を入れ、顔を上向かせて優しいキス、やがて彼にしがみつくようにして深く激しいキス、そのころには恥ずかしい、との思いは消えていた。

「あのときねぇ、縛られながら、良く考えてあるなぁ、と思った・・、あの縛り方、どうして知ったの? 自分で考えたの?」

「・・」

「それに、ロープとショーツ、どこで買ったの?」

「ネット通販・・」

「あぁん、エッチなサイトを漂ってるんだ、サ・イ・テ・イ!」

「ひと昔前には”裏”だったモノが、いまは”表”に出てきてるよ、女を縛るハナシだって、普通の雑誌に堂々と掲載されてる」

「・・(確かにそう、私が買った雑誌も、その類だった)・・他にもいろいろな縛り方を”研究”したよね、きっと?」

「いくつかね・・」

「最初の研究成果が、この前のアレね、じゃあ二番目は・・?」

縛って欲しいと願ってることを悟られないよう、わざと、詰問調で問いただす。

「体全体にロープで模様を描くような縛りがあるんだ。米俵みたいな柔らかいモノを縛る方法がルーツらしいけど・・」

あ、あのグラビア! 直感した私は、慎重に釣り針を垂らす。

「それって、苦しそう?」

「苦しくはない、と思うよ、きっと」

彼の胸に頬を寄せ、小さな声で囁く。

「そう・・、ね、それ、・・させてあげようか・・?」

「ほんとに?」

かかった! 逃がさないように! 私が強く望んているコトも、知られてはならない!

「痛くしないでね、痛いのはイヤ、んっとね、止めてと言ったら止めてくれる?」

「もちろん、君を傷つけたくは無い・・、上がろう・・」

釣り上げた! ワクワクする気持ちを抑えながら、彼に手を引かれてバスルームを出た。

体を拭いながら、彼が言う。

「横紐のショーツ、着けてね」

「良いけど・・、なぜ?」

「股間にロープを通すとき、素肌だったら、タイヘンでしょ!」

笑いながら続ける彼の言葉に、そりゃそうだ、と納得しつつ、思わず赤面した。

研究と練習

ショーツを着け、ベッドに向かうと、彼があの赤いロープを操っていた。

そう、そのロープ、私に巻き付くロープ。太ももに食い込む感触が蘇る。見ているだけで胸は高まり、秘所が熱くなる・・ショーツを着けてて良かった・・

長いロープを二つに折り、折り目に小さな輪っかを作って、立たせたままの私に掛ける。輪っかの結び目が首の後ろに当たってる。

左右の片口からおっぱいへ垂れるロープを手に取り、私の体に押し付けながら、ところどころに結び目を作る。

あぁ、そこがあの模様になるのね・・、グラビアの女優に巻き付いた荒縄が浮かぶ。

股間を潜らせたロープを、背中に沿って持ち上げ、首の後ろの輪っかを通らせた。

脇の下からおっぱいの上を通し、首から垂れる左右のロープに絡ませて、背中へ戻す。

左右入れ替わったロープが出てきて、首から垂れる左右のロープに・・・

何度か繰り返され、おっぱいからお腹に掛けて、いくつかの模様ができた。

ゆったりしていた縦のロープが、横に引かれる度に、ゆとりを無くし、少しづつ股間に食い込み始めた。

クリトリスからワァギナの割れ目に沿ったロープが、秘所の全てを刺激する。異様な感覚ではあるが、快感なのか不快なのか、良く判らない・・・

後から彼の手がそっと伸び、ロープをパンティラインへと、ずらしてくれた。

次の瞬間、ショーツの上からクリトリスを撫でられて、思わず声が出た。

「うぁっ! あっ!」

バスルームで舐められ、ロープで擦られ、張り詰めたショーツで覆われたクリトリスは、完全な準備が整っていた。

やがてショーツの紐に延びた手が、それを引く・・・が、ショーツはロープに挟まれて落ちない・・・

そのままベッドの端に腰かけさせられ、足を開いて膝を抱えあげられた・・・すると、お尻の曲線に沿って、股間のロープが緩む・・・

「緩んじゃった・・」

と言いつつ、ショーツを取って、唇を寄せる。

彼の舌が滑り込み、左右に押し広げられたウァギナが、パンティラインのロープに押し付けられる。初めての感覚。

それだけではない。ただそこにロープがあるだけで、彼のしぐさのなにもかもが、新しい快感をもたらす。

やがて・・彼が入ってきて・・・爆発した。

どれほどの時が過ぎたのか、それすらも判らないまま、気づいたら彼の腕の中にいた。

至福の時間、彼に押し付け、抱きしめられる私の体は、ロープを纏ったまま。

上下をロープに挟まれたおっぱいは、小さいなりにいやらしく潰されている。

ロープを辿りながら、彼が呟く。

「縛らせてくれてありがとう。君も良かったみたい・・、でも、残念なことに、きれいな形に縛れていない。」

新しい快感に包まれてイっちゃったことは確かだけど、縛られてたから、なんて思われてはいけない。ハナシを逸らさなきゃ!

「これが初めてなんでしょ? それとも、誰か他の女で試した?」

「いやいやそんな、もちろん初めてだよ・・」

慌てて応える彼に抱きついて、

「じゃあ、もっともっと、研究して練習しなくちゃね!」

からかうようにキスする私は、幸福感と満足感に満ちていた。

「解こうか?」

と尋ねられて、思わず本音が出た。

「ううん、もう暫く、このままでいたい。」

 

 

Vol.1 / vol.2 / vol.3 / vol.4 / vol.5 / vol.6 / vol.7 / vol.8 /

/ Appendix-A / Appendix-B / Appendix-C /

著:tomoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です