クリトリスに塗り込んで効果がアップするセックスでイケない・濡れない・性交痛を感じる女性のための媚薬
濡れない・性交痛・中イキできない?92%の女性が、セックスやオナニーで気持ちよくなった秘密の方法。20代はもちろん、40/50代女性の愛用者も!

【忘れられない愛の形】Appendix-C サークル・スカート

きもイクラブ官能小説【忘れられない愛の形】

着衣のままで

今日の私は、後ろボタンのシャツに、膝が隠れるくらいのサークル・スカート。

いつものルーチンワークを終え、後ろから抱きしめる彼に、からだを預けている。

おっぱいに被さりゆっくりと揉み砕いている彼の手に、下がってゆく気配は無い。

いつもなら、スカートの上からショーツのアンダラインを探っているころ、どうしたのかな、と思ってたら、彼が囁き始めた。

「ねぇ、このまま、ベッドへ行こう」

「おふろに入らず?」

「そう、このまま」

ナニを企んでるのか、ワクワクしながら、ベッドに向かう。企みが判らないことで、いっそう期待が膨らむ。

仰向ける私に被さり、優しくキスして続ける。

「いつもね・・裸で抱き合ってるよね・・この前のベビードール、とっても新鮮だった・・」

「・・(やっぱ、ね! 気に入ってくれて嬉しい)・・」

「ベッドの上で、着衣のままの君と抱き合いたい、と思ってね」

「・・(で、どーするの?)・・」

「最も新鮮だったのはね・・・、うつぶせてくれる・・・」

言われるままに、俯せた私の耳を噛みながら、彼が囁く。

「ベビードールの裾を捲ったときね・・お花みたいだった・・スカート、捲っていい?」

返事を待たず体を起こし、お尻の横に異動した彼の手が、腰とお尻を撫でまわしながら、少しづつ太ももへと下がってゆく。

スカートの裾まで辿り着き、ゆっくりと捲り始めた。

「思った通り・・いい眺め・・きれいだよ、とっても・・」

「お尻に食い込んでる・・、横紐のタンガなんだね」

素肌に触れた彼の手が、ガーターベルトのテープに沿って下がり、ストッキングに包まれた太ももを撫で、また上ってくる。

素肌と、ちょっとだけそれを覆うエッチな下着の境を超える、僅かな衝撃は特に心地よい。

ふたつのお山を揉み砕き、右と左の太ももを何度か往復した手が離れ、代わりに唇が素肌に押し付けられた。

ときに噛みつきながら舐め回す舌が、ガーターベルトのテープで止まり、強く吸われるあの痛みを覚える。次はストッキングの境。

そうよね、いつもその辺りにキスするときは、もう全て素肌だものね・・・

左右のストッキングの境にいくつかのキスマークを付けた唇が、太ももの内側を昇り、タンガに覆われた秘所に辿り着いた。

タンガに沿ってお尻の谷間を遡り、横紐に達した唇が離れた。

私に跨るように体の向きを変えた彼が、そのまま後ずさりし、開かせた両足の間に座り込んで呟く・・

「黄色い花弁の中に、・・・」

お尻の膨らみに被せた手が左右に動き、タンガの紐を、引っ張った。そのままタンガを取り去り、続けて呟く・・

「わぁ~~、この景色・・黄色い花の中にまぁ~るいお尻・・ガーターベルトとストッキングだけ・・ショーツが無い・・雌蕊は見えないけど、蜜が溢れてるよね、きっと・・」

「初めてだね、こんなの見せてくれるのは?」

「このままずっと見ていたいけど・・チンチンが我慢できないって・・入れていい?」

ベルトを緩める音がし、腰を引き上げられた。

いつもの姿勢・・彼が入ってくる・・おっぱいにも触らず入ってくる・・初めてのこと・・痛みを覚悟したが・・

やり直し

爆発した彼が、俯せた私の横に倒れ込み、トレーナを着たままで背中に手を置いて呟く。

スカートは腰まで捲り上げられて、下半身がむき出しになってる。そこは、ガーターベルトとストッキングだけ、秘所を覆うショーツは無い。

剥き出しの素肌に、彼のベルトが当たってる。彼のズボンも膝のあたり。

「こんなの、初めてだよね・・・どーだった?」

自分でも驚くほど冷たい声で返す。

「・・・たまにはオモシロイと思うけどね・・・、後半は、ちっとも良くなかった」

「んっ?、あそこ、グチャグチャになってたよ・・・」

「それはね、痛みを避ける防御本能なの! 準備完了なら潤うけど、潤っていても準備完了とは限らないの!」

「・・そーなの・・」

「いきなり入れられるのはイヤ、全く感じない訳じゃないけど、やっぱりイヤ」

「さっき、少しだけ喘いでたよね・・、でも、今の声は、いつもと違うなぁ・・、冷静だよね」

そのとき、気づいた。

これまでも、終わった後の至福のときに、訊ねられたことがあった。でもその問いは、感じてたよね・・? とか、良かったみたいね・・? 、など、頷けば済むカタチ。

互いにコタエが判っている問を、敢えて言葉にする、それは愛撫のひとつだった。

彼は、私の気持ちを判っている! だから、どーだった? 、と聞いたんだ! そう気づいて、気分が良くなった。

「入ってくるまでは良かったのよ、確かに新鮮だった・・ストッキング沿いにキスマーク付けたでしょ! あんなの初めてよね?」

「黄色い花の中にまぁ~るいお尻、のあたりは?」

「タンガを取られて、これから・・、と思ったとき、いきなり入れちゃうんだもの・・」

応える私の声は、丸みを帯びていた。

「じゃあ、やり直そうか?」

シャツの後ろボタンを外しながら尋ねる彼。

「やり直すって、どこから?」

「いま、脱がしてるところだから、次はおふろだね」

——————————————

後悔しきりに、私を喜ばそうとする彼は、先ほどの爆発で、復活には暫く時間がかかるはず。

どんなふうに愛してくれるの? フルコースで終わりじゃないよね? スペシャルコース? それとも・・?

そんな彼と、期待に満ち溢れ体はそれなりの準備ができている私、その後の成り行きはご想像にお任せしよう。

 

Vol.1 / vol.2 / vol.3 / vol.4 / vol.5 / vol.6 / vol.7 / vol.8 /

/ Appendix-A / Appendix-B / Appendix-C /

著:tomoko

ポルチオ開発法!手に入るのは、3月31日まで!販売終了します。 AV女優直伝のポルチオでイカせる方法〜衝撃映像はこちら〜