前の相手でもこうやって感じてたのか?

前の相手に感じるジェラシー

前の相手でもこうやって感じてたのか?
自分の前の男・前の女に対する嫉妬心が芽生えるのは、誰しも同じです。

前の相手が全く気にならないという方は一人だっていないでしょう。

ですが、そう考える気持ちには大きく差があります。

  • SEXしている時に、前の相手の時はどうだったんだろう?
  • お料理を作った時、前の相手の方が美味しかったかな?
  • 考えがズレてしまった時、前の相手だったら意気投合していたんだろうか?
  • 前の相手の方が、カッコ良かったのかな・綺麗だったのかな?
  • 前の相手の前でも、そんなにいい笑顔を見せていたのかな。

こうやって、パートナーの前の相手に対して多かれ少なかれジェラシーを感じてしまうような場面は必ず経験するでしょう。

そう簡単には誰にも見せる事のない裸や、露わな姿を見せて行う性行為では、特に「前の相手」を意識してしまうのは当然ですよね。

前の相手でもこうやって感じてたのか?

  • 前の相手の愛撫はどんなだっただろう。
  • 自分のやり方じゃ満足していなくて、前の相手の方が感じていたかも知れない。
  • 前の相手の前でも、同じように感じこんな姿を晒していたのか?

人はカラダの関係を持つと、何故か一気に自分のものにしたという感覚になります。

前の相手は過去の事・いまこの時この相手を抱いているのは自分であり、感じさせているのも目の前にいる自分だけだ。

このような感覚は、男女関係なく沸き起こります。そう感じる事で自分の欲求を満たし、幸福感を得る事ができます。


ですが、前の相手の時は・・・と思う事は興奮を掻き立てる材料にもなりますよね。

興奮と言うのは、快感を得るだけではなく、苛立ちや焦り・恐怖や憤りという気持ちも含まれています。決して気持ちいいというだけが興奮ではありません。

管理人紗江の彼は、本当に時々ですが、セックス中に今までの相手・前の相手の事を、言い出す時があります。

  • 前のオトコの時も、こんな事されて感じてたのか?
  • 前のオトコが相手でも、そんな声出してこんなに濡らしてたのか?
  • 前のオトコにもこんな恥ずかしい恰好のバックで突かれてたのか?
  • 俺じゃなくても、そんな風にイッていたんだろ?

ありとあらゆる責め方をしながら、こんな事を言い出すと彼はそういった言葉をとめどなく発し、いくら嫌だと言ってもやめてはくれません。

紗江は、昔の男や前の相手について触れられるのか大嫌いです。いまは現在であり、いまの相手しか見ていないのにも関わらず、そんな事を引っ張り出されると気持ちが萎えてしまうからです。

それで、お互いがオーガズムに達し冷静になった後に聞いてみた事があります。

「前の人の事を言われるのは本当に嫌。なんでそんな事言うの?」

彼は言いました。
「前の相手にも苛められていた事を想像すると、すごく興奮するんだ。」

人の感覚や感じ方は、今の相手・前の相手でも基本的には変わる事はありません。

前の相手にしていた事・されていた事を想像し、人が興奮を感じるのは当然の事なのです。

誰かに物をプレゼントする際に、今までで一番嬉しいと感じるものをプレゼントしたい!誰もがそう思います。〇〇さんからもらったものが一番のお気に入り!と言われたら、嫉妬心が湧き出て口惜しさが込み上げますよね。
例えは全く違いますが、そういった嫉妬心・怒り・焦りの気持ちも、人間の脳が刺激を感じているから起こる感情なのです。

セックスだけに限らず、同性間の友人であっても同じような感情に苛まれるのが人間です。

そういった人間の本質的な部分を自身で認め、相手の気持ちも理解する。

自分自身や人間のそういう自己の汚さは目を背けてしまいたくなる部分ですが、自身の持っている欲に気づく事だけで、パートナーに対しても自分に対しても穏やかな気持ちになれるのです。


男女間では特にお互いがなかなか理解し難い性質を持ち合わせていますので、難しいかも知れませんが、もし仮にパートナーが「前の相手」の事をセックス中に持ち出してきても、とりあえずは受け入れてあげ相手の興奮を促すためにほんの少し我慢してあげていただきたいと思います。

そして、次の機会には「思いっきり感じたいから、前のオトコだとか他の人のことは今日は言わないで。」とお願いしてみるといいですね。

パートナーが、あなたへの愛もなしに自分の興奮を掻き立てるためだけに前の相手の事を言葉を発したり、目の前で他のオトコに抱かせるような事があればそれは歪んだ愛だと言えます。

でも、たとえ歪んだ愛だとしても、自分が選んだのならそれでいいのではないでしょうか?

【オンナを再確認?】女にとってセックスの要は・・・

女にとってセックスの要は・・・

【自分を再確認?】女にとってセックスの要は・・・

  • セックスは本能である。
  • 子孫を残すための無意識に求める行為である。
  • 快楽を求める生物としての当然な欲求である。

ですが、女がセックスをする上で、何より求めるのはやはりパートナーと肌を重ねる喜び・愛し合い「愛」を確認する事でもあります。

また、中には夫婦円満のためであったり、セックスレスになり夫の浮気や不倫を避けるために嫌々射精の相手をしているという方もいるでしょうが、そういった方でも「オンナ」を全て失くしているとは言い切れません。

男の自分本意なセックス

付き合いが長くなり、また夫婦生活が長くなると、「友人・家族・同居人として見てしまう」など、男女違わずセックスの対象ではなくなってしまいます。

相手の嫌な面が見えてきたり、ドキドキする胸の高鳴りは既に消え去り、

  • オンナとして気取る事も必要ない。
  • 今更綺麗に見られたって仕方がない。
  • お互いにただの「人間同士」でいいんじゃないの?

なんて具合に、マンネリ化はどんどん進行していくばかり。

2016年10月発売のAERAでは500人アンケートで、「セックスを好きではない」と答えた40代女性はたった9.6%しかいない事を公開しています。

セックスが好きではないわけではないけれど、「オンナ」として扱われるのではなく自分本意な「性処理道具」として扱われる事に憤りを感じている女性が多いように感じますが、皆さんはどう思われますか?

別の異性にときめく・・・

その反面、会社の同僚であったり・同窓会で昔好きだった異性に会うと新鮮な事ばかりで脳はドーパミンを大量に分泌します。

上記では、オンナが不倫相手とSEXをしたという割合は31.5%と出ていますが、AERAの500人アンケートでは以下のような結果になっています。

不倫経験があるか・・・女性

【自分を再確認?】女にとってセックスの要は・・・

40代女性の不倫経験があるかどうかのアンケートで「ある」と答えたのは36.5%と、一番多い回答となっています。

  • セックスが嫌いなわけではなく、
  • オンナを忘れたわけでもない
オンナとして扱ってもらい「自分がオンナである事を再確認したい」という気持ちがセックスに対し望む要なのです。

夫とは全く違った態度で接してくれて、名前で呼ばれ胸がトキめく・そういった高揚感を味わう事で自分が女なんだと再確認できる事が「女としての喜び」を呼び覚ますという感じでしょうか。


ちなみに男性の不倫経験についての結果は下記です。

【自分を再確認?】女にとってセックスの要は・・・

男性の場合は、50代を過ぎる頃から、嫁や子どもから虐げられ家庭に居場所がなくなり、男としての再確認をしたい気持ちが強く働く時期に差し掛かると言います。

男も女も、要は自分を確認するために、浮気や不倫をしてしまう傾向にあるようですね。

やはり女は女

オンナはどれだけ年を取ろうが、オンナである事に変わりはありません。

サイト管理人紗江は、自分が30代になった頃、「まるで10代と同じだな」と感じた事がありますし、もちろん今現在だって恋する気持ちは十代の若い子と何ら変わりはないと恥ずかしながら感じています。

これを見て下さっている男性は、奥様がそういった想いを秘めていると考え、それなりの努力をしていただきたいと思います。

もちろん女性も同じくで、お互いに良い関係を継続できるように務めていきたいものですね。

納得のいくおすすめの内容が掲載されていましたので、ご紹介したいと思います。
セックスレスやマンネリ化を防ぐためには、「刺激」だけではなく「ジェラシー」が大切だそう。

一番のおすすめは、混浴風呂で、

  • 他の男から視線を浴びる妻に、喜びを感じると共に嫉妬心と合わせて、その魅力を再確認し
  • 女の方も、他人から受ける視線に興奮を覚え喜びを感じ「女であること」を再確認

お互いの気持ちに再度火がつくと紹介されていました。

何とも納得のいく記事でした。

互いにオトコであること・オンナであることから目を背けてしまっているご夫婦やカップルの方は是非お試しを


合わせてご覧下さい。

30歳?40歳?中年女は萎んでいくだけ?

30歳?40歳?中年女は萎んでいくだけ?

30歳?40歳?中年女は萎んでいくだけ?

中年っていくつから?


中年

一般的には青年と老年の中間で、約40代ごろから50代前半を指す事が多い。 10代後半-20代前半については青年、30代-50代については中年、壮年などと様々に言われ、一定しない。



年齢を重ね中高年になると、抱えるコンプレックスはあれよあれよと言う間にどんどん増えていき、「私はオンナである事さえ許されないのだろうか?」なんて考える女性も少なくありません。

下記は、サイト管理人紗江の40歳代前半で思春期の娘さんを持つ友人の話です。

  • 街を歩いていても、昔のように「女」に魅入るという視線が少なくなって少し寂しい。
  • シミにしわが増え自分の顔を見るのが悲しい。
  • 娘を見て何となくジェラシーを感じている自分がいる。
  • 昔のようなスタイルが懐かしくて仕方ない。
  • 「どうせ私はおばさんだから」と何にでも意味のない言い訳をしている気がする。

離婚されてから20年もの間、派手に見える外見から、本気になってもなかなか信じてもらえないという事もあるのか、なかなか縁がないのか今でも独身ですが、彼女は言います。

30歳代の頃はまだ良かった。
40歳に入ってから自分に自信がなくなって、もう女じゃなくなってしまうのかも・・・と大変気にされています。

30歳40歳50歳・・・中年男の魅力は上昇?

その友人は、昔から年上好きでいつもこう話していました。

男は中年になればなるほど魅力が増していく。
二十歳の頃、同い年くらいのオトコを見ても、あー後20年経ったらイイオトコなんだろうな~って。
若い子なんてただの子どもにしか見えなかった。

しわが増えてお腹もたるむ、人生経験を積み精神的な面だけでなく肉体的な面も中年になってからの魅力の威力はすごい!

確かにそうですよね。30歳よりも40歳よりも50歳・・・「人」としての経験を積めば積むほどオトコは渋みや色気も出て、ディープで風格のある素晴らしい人間になっていきます。

紗江の彼も紗江よりかなり年上なので、年上好きな紗江としてはよ~くわかります

ですが、そんな風にオトコの魅力は、30歳40歳50歳・・・と増えれば増える程に大きくなっていくと話す彼女なのに、何故中年になったら女でなくなってしまうと思うのか?

紗江はとっても不思議で、紗江の彼にどう思う?と聞いてみた事があります。

中年のないものねだり?

こういった気持ちになるのは、決して女性だけではありません。

中年男性であっても同じような思いに駆られています。

  • 最近筋肉量が減って身体がたるんできた。
  • 若い頃はあれだけモテたのに。
  • 勃起力が低下して、中折れしてしまう。もうオトコは終わったのか・・・

こんな感じでしょうか。


紗江の彼は言いました。

絶対に過去には戻れない。
年を重ねた分、若い時よりももっと数えきれない沢山のものを手に入れているはず。
なのに、中年になってあの頃は良かった。もう一度あの頃に・・・と考え、現在を否定するのはただ愚かなだけ。

中年でも魅力あるオンナ

そんな風に話しながら、いつも二人でよく行くコンビニへ寄った時の事です。レジには50歳半ば程の中年のおばさんがいました。その中年のおばさんは決して美人でもなく、髪もくちゃっとまとめたただのどこにでもいるおばちゃん。

「紗江、今の人見た?」と聞く彼。

「前に見た時も化粧もしていなくって、ただのおばちゃんだと思っていたけど、人の目線なんか気にせず誰に媚びるわけでもなく、一生懸命に仕事をしている。あぁゆうのちょっとゾクッとくるよな?」

様々な人生経験をしてきているであろうその中年のおばさんを再度見ると、確かに内面から滲み出る色気が存在していました。
彼は続けます。

若い子が綺麗なのは当然。肌やスタイルが衰えるのも当然。

芸能人のS.Mを見て何か感じないか?
しわがない・シミもない。ただ若作りしているだけで、薄っぺらい中身。
オンナの魅力はそこじゃない。

他にも、居酒屋で働く中年女性のとって付けたようなわざとらしい色気や笑顔など、日々教えられていますが、何も間違ってはいません。

彼に教えられ、とても大切な事に気がついたような気持ちになりましたが、既に中年に踏み込んでいる紗江には全てを受け入れる事はできませんでした。

  • そう思える人は男前・美人だから言える事。
  • 元々綺麗な容姿に生まれたから、そんな事思えるんじゃないの?
  • ブスの気持ちにならないとわからないよ。

そう反論すると、必ず「阿保(アボ)」と言われます。

最近は言ってくれていなくて寂しいですが、その彼の「アホ」ではなく「アボ」という言い方は紗江のお気に入りです
ノロケが入ってごめんなさい!

中年でも内面磨きを忘れない

一部始終を、中年の友人に伝えたところ、「わかるような気がするけど、自信がないものは自信がない。」と言って耳も貸してくれませんでしたが、当然ですよね。

紗江もきっと同じ歳になって、そんな風に考えられないかもと感じています。
だって、オンナですもの・・・

でも、若い子であろうが中年であろうが、内面磨きを怠っていれば、全く魅力のないオンナになってしまう事だけは、はっきりと言える事ですね。


合わせてご覧下さい。

女の年齢とオーガズムの関係

なかなかオーガズムを経験できない

年齢とオーガズムの関係

当サイトは、セックスやオナニーでイク事できない女性が多いという事。
そして、なかなかイケなかった紗江がオーガズムを感じられたことで、同じ様に悩む人に、少しでも気持ちよくオーガズムを迎えてもらえたら・・・という気持ちから立ち上げたサイトです。


サイトを通して色々な悩みを持つ人からメッセージをいただきますが、やはりダントツに多いのが、「セックスでオーガズムが得られない」というメッセージです。

女性の約7割がオーガズムを経験したことがないと言われていますが、実際にメッセージをいただいて、こんなにもいらっしゃるんだと実感しています。

セックスは年齢とともに良くなる

アメリカのインディアナ大学の研究によると、

  • 18歳~24歳までの女性が61%
  • 30代で65%
  • 40~50代では70%

オーガズムを経験している年齢の割合です。
年齢を重ねるごとに、オーガズムを得やすいという事になります。


一般的に男性は年齢を重ねると、精力は低下していきますよね。
その逆で女性は年齢と共に、感度がUPしていくんですね。
年齢を重ねるということは、セックスの経験を重ねることと繋がりますよね。


女性は30を過ぎた頃から女性ホルモンのエストロゲンが減少し、男性ホルモンのテストステロンの分泌が多くなると言われています。そのために性欲が強まるのです。

オーガズムは年齢を重ねたほうが得られやすい

このように、医学的研究からも、オーガズムは年齢を重ねた方が経験しやすいとわかっています。
それについて考えてみましょう。


求めるものの変化

若い頃のエッチは、激しくお互いを求めるのが一番の快感です。
カラダを重ねる快感に酔いしれるのではなく、勢いに任せたセックスをしてしまいがち。
「好きで好きで仕方がない」とカラダよりも気持ちの方が先走ってしまい、カラダの快感を本当の意味で味わえる余裕もありません。
よって、オーガズムも経験しにくいという傾向にあります。


羞恥心を取り払える

年齢を重ねたセックスでは、通常はパートナーも年齢を重ねています。
お互いに長い期間経験してきた中で、お互いが気持ちよくなれるセックスをするために、感じる事をきちんと伝えられ、それぞれに望む事が楽しめるようになってくるんですね。
結果オーガズムを経験しやすいという事になります。


テクニックの向上

年齢を重ね、経験を重ねるごとに、女性が求めている事・男性が求めている事が、お互いにわかるようになってきます。
ひとりよがりなセックスをするのは、一般的には若い男性に多いと言えますね。
テクニックの向上によっても、気持ちいい部分に的確に刺激をされることによって、オーガズムも迎えやすくなるんです。


カラダと気持ちのバランス

愛しているからカラダを重ねたい そういう思いは若くてもどの年代でも同じだと思います。
ですが、心とカラダのバランスが取れていないと、全てを委ねるセックスはできません。
上記「求めるものの変化」と同じ感覚ですが、相手をより信頼し、全てを任せる事によって、精神的にも肉体的にも満足のいくように楽しむ事で、オーガズムを得られるようになります。


オーガズムを経験したいと焦らない

若くしても、オーガズムを経験している人ももちろんいますが、あまりに焦りすぎて、パートナーと触れ合う事よりも、オーガズムの事ばかりを考えていても、本当の快楽は得られません。

こちらでもご説明していますが、イク事を意識していてはいつまでたっても、オーガズムは経験できないと思って下さいね。
オーガズムだけが喜びではありません。
愛する人に抱かれるだけで幸せですよね。

30させ頃40し頃50ゴザむしり

年齢とオーガズムの関係

こういう言葉をご存知ですか?
昔のことわざですが、女性の年齢と性とをうまく表現している言葉です。

30させ頃

女性がセックスを体験し、30代になると、ある程度の経験を重ねることによって、恥じらいなどの性に対するガードが緩くなりオンナそのものが開花し始めます。
そして、男性にとって、その頃から出はじめる開花したばかりの色気に魅せられ、一番させていただきたいという年齢が女の30代です。


40し頃

40代になると、性の悦びを知り尽くすことから、より開放的になり快感を貪る事を覚えます。
男性にとって一番魅力のある30代が「させ頃」なら、快感を貪る40代は「し頃」
性欲も上昇し、もっと快感を求めるがゆえに、「気持ちよくなりたい」「もっとしたい」と
性に魅了されるんです。


50ゴザむしり

そして、50代ともなれば、ゴザ(今でいう畳)を掻きむしる程に、快楽を感じるという事です。

そして、実はこの後に続きがあるんです。

60ろくに濡れずとも

江戸時代の有名な面白いお話があるんです。

江戸時代のこと。
母親に「女はいつまで性欲があるのか」と尋ねたところ、母親は黙って火鉢の灰を掻きまわした。

母親が答えたのは、言葉ではありませんでしたが、女の性欲は灰になるまでと無言で答えたんですね。
※このお話の訪ねた人物は、大岡越前守とも新井白石ともどちらの説もあります。


紗江はいつまでたっても女でありたいと考えていますよ。
例え、おばぁちゃんになっても女を忘れたくはありません。
決して、セックスやオーガズムだけに限ったわけではなく、女だけが持つつつましさやたおやかさなどは忘れたくないと思っています。
海外にはこういった解釈の仕方はないかも知れませんね。

オーガズムを経験した事のない人でも、長い目で見て、イケるまではパートナーに抱かれる喜びを感じ、お互いが思いやりのある気持ちいいセックスをする事に専念して下さいね。
ふと気づくと、あれっ?いちゃった・・・と突然イク事ができているかも知れません。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


合わせてご覧下さい。