正常位を女はどう感じているのか?愛を深める時間を大切に

真正面から向き合う正常位

正常位を女はどう感じているのか?愛を深める時間を大切に

SEXの時の正常位がどう感じるのかは、かなりの個人差があります。

好きな体位も様々です。

  • バックで奥までキツく激しく突き続けて欲しい。
  • とにかくGスポットだけを責めて欲しい。
  • どんな体位でもいいから、膣口を優しく連続でピストンされるのが気持ちいい。

人によって大きな差はありますが、正常位はセックスの気持ち良さ云々ではなく、最も愛を感じることのできるひと時でもあります。

ここでは、是非男性にご覧いただきたい内容となっています。

正常位でオンナが感じること

真正面から顔を見ることのできる正常位は、オンナにとっては一番に愛を感じれるSEXとなります。


感じている顔や・快感に歪む顔を見られたくない場合は、恥ずかしさもあり苦手だと思う可能性もありますが、自分の大好きな人と触れ合っている時に、顔を見たくないわけではありません。

特に若い人は多くの場合、正常位は好きだけど『自分の顔は見られたくない。でもパートナーの顔は見たい!』と思うのではないでしょうか?

サイト管理人紗江は大変正常位が好きで、彼が「気持ちいい・・・。」と小声で囁き、何とも言えない表情を浮かべているのを見るのが大好きです。

その時、自分の快感に歪んだ顔をじっと見つめられていることには一切意識は向かず、彼を自分の中の奥深くまで刻み込みたいという一心です。
  • いま、彼が私の中で感じている。
  • 彼の目の前に見えているのは、今は私だけ。
  • どんな表情を浮かべているのか確認して、深い幸せを感じる。

人の心中まではわかりませんが、自分自身でそう納得するだけでイクこともできますし、それだけで充分なのです。

自分自身の欲がそれで満たされるからです。

たとえ、彼が他のオンナを思い浮かべていても、それは知る由もないですね。もしかすると、他のオンナを思い浮かべている場合だってあるかも知れません。


ですが、正常位はオンナにとって、最も愛を深める体位だと言えるのです。

正常位でも自分の欲は振り払えない

紗江の彼は、自分がイクためのピストンはクライマックスで行いますが、それまでは『感じさせよう。』という自身の欲求により行動します。

どういうことかと言うと、自分のペニスが気持ちよかろうが・物足りない刺激であろうが、『このオンナを感じさせている。』という事に集中するのです。

男性にとって、相手を感じさせる快感は必ずありますね。それによって、興奮度が高まり精神的に自分も気持ちよくなるからです。

相手のことだけを想ったSEXは、実際問題なかなかできないものです。

どんな体位であっても、相手の事だけを一心不乱に考えるということはできません。自身の欲にまみれてしまうのが、通常の人間の感覚なのです。


紗江の彼は、いつもピストンはせず、ひたすら紗江のイキやすいポルチオに、腰を引かずに押し続けます。

まず、イキやすい体位で責めてイカせてから、色々な体位で楽しもうと思っているのです。

正常位の時はどうすれば感じるのか

多くの男性は、こう考えているように感じます。

  • 高速で激しいピストンをすれば気持ちいいだろう。
  • どうだ!俺の体力は?凄いだろう?

なんて勘違いしている男性が多く見受けられますが、実はそうではないのです。

arrow始まりの正常位では激しくしないで


まず、正常位で挿入したばかりの際には、いきなり激しいピストンをしてはいけません。

もちろん全ての女性が、そう考えているわけではありませんが、多くの女性は好きな人との愛を感じられるひと時なのです。

正常位の一番の良さはそこにあります。

正常位で挿入したら腰は動かさず、スキンシップを楽しむようにして下さい。

  • 静止したまま、恋人の髪や頬に触れる。
  • ゆっくりとしたスローな動きで、頬や唇・首筋などキスをする。
  • とにかく瞳を見つめ続け、「綺麗だよ。」「好きだよ。」などと囁く。

オンナは正常位では、まず【愛】を感じます。

重複しますが、当然そうでない方もいますが、大半は恋人との愛を感じる幸せに浸りたいものなのです。

  • 自分のテクニックを見せつけるため。
  • 自身がペニスへの快感を感じたいから。
  • 感じさせようと必死になって。

こういった想いで激しいピストンはせずに、恋人の中に入ったままでじっとペニスを感じるだけでも幸せ。
ほんの少し動くだけでも充分に感じるものなのです。


男と女は、全く別の感じ方をするものだと理解して下さい。

カラダの快感を味合わせるよりも、挿入してからすぐの正常位では、お互いの愛の快感を感じ合うようなSEXの方が、感じるものなのです。


次回は、オンナが感じる正常位の腰の動かし方について詳しくお話していきたいと思います。

男の「好き」は「セックスしたい」という真実

男の「好き」は「セックスしたい」という真実

男の「好き」は「セックスしたい」という真実
ここでは若い方には、かなり衝撃的なお話をしたいと思います。

男性に、告白された事はありますか? 当然ありますよね。大変失礼しました・・・


では、その男性の「好き」の意味を理解していましたか?

こういうお悩みのメッセージをいただきました。

18歳 静香さん 女性

私は、今より2年くらい前に、ある男性に告白されました。

「好きだから付き合って欲しい。」

当時好きな人はいなかったため、何度も繰り返し推されてしまい付き合う事になったのですが、初体験ではなかったものの逢う度にSEXするだけで、話もろくにできないそんな日が続き、嫌気がさしてエッチを拒むと「好きだからしたいのに、ならもうイイや。」とフラれてしまったのです。

その後、18になり別の人に「好きです。付き合って下さい。」と言われ付き合っているのですが、その相手はなかなか抱こうとはしてくれません。

最近、昔の彼氏の事を思い出したのですが、ただセックスがしたいから「好き」だと言ったように感じます。

では現在の彼氏は、私としたいとは思わないのでしょうか?「好き」だと言う意味がよくわかりません。

ご本人が感じられた通り、静香さんの昔の彼氏の言う「好き」は「セックスがしたい」だけだったと考えられます。

人によってかなり差がありますし、若いからと年齢だけが関係するものでもなく、実はセックスがしたいがために「好きだ」というオトコが存在します。

「好き」だと言えばヤラせてもらえるだろう・・・

  • セックスがしたいだけだけど、とりあえず・・・
  • 「好き」だと言えば簡単にヤラせてもらえる。

という考えは、オンナを見くびっているオトコです。

そして、実際に「好き」だと言われると有頂天になり、簡単にカラダを開き自分を安売りしてしまうオンナがいるのも現実です。

セックスという行為を、重く考えない女性は昔からいます。個人の考え方でありますが、どこまでいっても【オンナは受け身】です。

何かあった時に傷ついてしまうのはオンナであり、おとこは種を撒くだけで痛くも痒くもありません。オンナに生まれてきたからには、その辺りの重さを自覚する必要があります。


コンドームをつけていても妊娠する可能性はゼロではありません。出産子育てができない環境で、中絶しかないという結果になった場合、どういう事が起きてしまうか考えた事はありますか?

  • 中絶手術前の処置の痛み・術後の痛み
  • 一生不妊になってしまう危険性
  • 一つの尊い命を消し去る真実
  • 赤ちゃんを殺してしまったという罪の意識
  • 相手のオトコの軽い言動への苦しみ

簡単に言ってもオンナはこれだけのものを背負う必要があるのです。

オトコは決して恋愛感情があるからセックスしたいと思う生き物ではありません。個人差はありますが、基本的に「セックスがしたい」と思ったから「好きだ」という言葉が出ると思っていてもいいくらいでしょう。

大切にしたいと思う「好き」もある

  • 基本的には、魅力を感じるから好きだと思う。
  • 魅力を感じたらセックスがしたいと思う。

「セックスがしたい」と言う気持ちと「好き」という気持ちは切り離す事はできません。

オンナでも同じですよね。


「セックスがしたい」から「好きだ」というオトコがいる反面、簡単に抱くのではなく、大切にしたいと思う男性もほんの一部だけかも知れませんが、存在します。

大抵そういう人は、オンナと見ればヤリたい放題散々遊び散らかしてきた人が多いように感じます。

ですが昔と違って、現在では性に対してかなりオープンな世の中になっていますし、セックスはスポーツの一部だととらえている男女も多くなっていますね。

カジュアルセックスというネーミングが生まれたのもそのせいでしょう。

カラダの関係を抑えた「純愛」のようなものは、伝説チックな気もしますが、あなたの事を大切に考えてくれているか、もしくはペニスにコンプレックスがあったり、早漏だから嫌われたくないという思いがあるのかも知れませんね。


人によって、自分の中での一定期間を経てではないとセックスしてはいけないと考えている場合もありますし、一度正直な気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

「好き」と言われても簡単にセックスしてはいけない

セックスに対しての考えが変わってきてしまった現代、あまりにも簡単にカラダを許してしまっているように感じます。

「好き」だと言われても、「あ~この人はセックスがしたいって言っているんだな。」と理解しても間違いはないと思います。

そして、カラダを許すのは本当にこの人でいいのかを見極め、何が起きたとしても後悔しない相手を選んで欲しいと思いますよ。


合わせてご覧下さい。

セックスの体位 48手

セックスの体位四十八手 知っていますか?

あなたは、セックスの体位でどんなものが一番好きですか?

管理人紗江が好きなのは、正常位と寝バックですが、江戸時代から伝わるセックスの体位48手では正常位も寝バックという言葉も存在しません。


48手もあるんですから、ほんと凄いですよね。

自分がどれだけの体位を体験したのか、ざっと思い返してもあまりピンときません。


性行為の四十八手は、諸処違って伝えられている上、微妙な差も生じているので、これが正解というものではありません。


このページのセックスの48手は、江戸時代のセックスの体位が春画で描かれている『夢枕艶房秘書』(性戯四十八手裏表絵解説)を参考にしました。


夢枕艶房秘考 セックスの48手


そんな昔から伝えられている48手。

愛を深めるためか?快感を得るためか?本能はやはりいつの時代でも同じです。


セックスの体位 48手 是非ご参考にしてみて下さい。


illustration by 長月


網代本手 揚羽本手 いかだ本手 せきれい本手 ことぶき本手 洞入り本手 笠舟本手 深山本手 入船本手 唐草居茶臼 忍び居茶臼 濵千鳥 横笛 こぼれ松葉 菊一文字 浮橋 八重椿 つばめ返し 万字くづし 出船うしろ取り つぶし駒掛け 本駒掛け 〆込み錦 〆込み千鳥 うしろ櫓 亂れぼたん 本茶臼 いかだ茶臼 時雨茶臼 機織茶臼 https://geothek.org/14281.html 月見茶臼 寶船 空竹割 しがらみ いかだくずし 廓つなぎ かげろう きぬた 狂ひ獅子 花菱ぜめ 尺八 むく鳥 白光錦 さかさ椋鳥 二ツ巴 立鼎 やぐら立ち

セックスの体位裏48手

セックスの体位には裏48手というものがあります。

当サイトで参考にした資料には、裏体位は20手しかありませんでした。

裏一.俵だき本手 裏二.浮島本手 裏三.つるべ落し 裏四.だるま返し 裏五.地藏抱き 裏6鳴門うしろ取り 裏七.いすか取り 裏八.裾野 裏九.座禪ころがし 裏十.押し車 裏十一.花あやめ 裏十二.下り藤 裏十三.やぶさめ 裏十四.ひよどりごえ 裏十五.八つ橋 裏十六.丁字引き 裏十七.巣ごもり 裏十八.虹のかけはし 裏十九.絞り芙蓉 裏二十.岩淸水

女の浮気心

女の浮気心

女の浮気心
世間的に「浮気」と言うと、「オトコがするもの」というのが一般的な認識です。

とは言え、実は不倫のアンケートでは、女性も男性と確率的には大差ないのが現実です。

しかも、浮気・不倫をして後ろめたさを感じるのは、男性よりも多く、女性の方がおっかないという印象があります。

  • SEXする相手を選ぶのは女であり
  • 感じずとも濡れていなくても簡単にでき
  • その気になればいつでも好きな時にできるのも女です。

男が浮気するには、ルックスはもちろん相手を楽しませる会話や気遣い・経済的にも余裕が必要ですね。それに、異性を惹きつけるものを持っていなければ、口説き落とす事はできません。

その点、女は極端に言えば足を開きさえすれば、どんな男だって寄ってくるものです。
男は女を選びません。
許容範囲内に入ってさえいれば喜んで近づいてくるでしょうし、許容範囲外だとしてもとにかくできればOKという生き物なんです。


その辺りから、女が浮気心を持てばいとも簡単にそれが可能となります。

そして、女の浮気心は決してないものではなく、ただ蓋をしているだけです。

浮気心が芽生えて・・・

紗江の何でも話せる親友は、旦那様と3人の子どもの5人家族です。
夫婦仲は冷め、子どものために我慢を重ねる毎日。


彼女が、ある日こんなことを言ってきたんです。

子どものね。サッカーのコーチと「たまらなくヤリたい!」って何故だか最近思い出して、打ち上げとかに行くと、誘ってしまいそうになるの。
もう我慢できないかも知れない。

だけど、やっぱり子どもがお世話になっているコーチだから、そういうわけにもいかない。
どうしよう・・・ただ無性にヤリたい。

これだけ聞くと、ただヤリマンなんじゃないの?と感じる方が殆どでしょうが、彼女は基本的に好きな男しか受け入れたくないという性格です。

もちろん女は割り切りのできるおっかない生き物ですので、紗江もその友人もSEXに対し処女のような甘い幻想を抱いているわけではありませんが・・・

そんな彼女からそんな言葉が出て、ちょっと困惑してしまいました。

この話は、もう3年程前の事でしたので、彼女にサイトへの掲載の承諾をもらうため連絡したところ、そんな昔の事だからどんな気持ちだったかなんて忘れちゃったとの事。

結局は、自分の気持ちに蓋をして誘う事もせず、そのままそんな気がなくなってしまったわけですが、実は紗江はその真実を知っています。

女が浮気する時

生物の本能的な事でお話すると、メスは優秀な子孫を残したいと願っています。

鳴鳥類のオスたちは、メスを惹きつけるためにさえずります。

人間の男性にすると、食事に連れて行ったり、言葉巧みに笑わせたり口説き堕とすためあの手この手を使う事と同じですね。

メスがそのさえずりを聞いて、この「オスなら」と認めてもらい自分の遺伝子を残すために、いい声でさえずるのです。認めてもらえない場合は、自分の遺伝子を残す事はできません。

オスとメスがつがいになり、子育ての間、餌を捕まえにに出ますよね。

オスがいない間に、もし優秀なオスが難しい歌を巧みにさえずってメスがそのオスに惹かれ認めた場合は、交尾をし(浮気をし)子を宿す場合があるんです。

メスは強く優秀な自分の子を生みたいという本能があるので、つがいのオスよりもいい声で難しく複雑な歌をさえずるオスがいれば、そのオスと交尾をし子を宿し、何食わぬ顔をしたまま、つがいのオスと一緒にその子を育てるんです。

人間で言えば、「浮気相手の子ども」という事になります。

ただし、人間には理性があります。本能のまま行動するわけではありませんね。

この事を考えると、紗江の親友はそのサッカーのコーチに、「才能」を感じていたのではないかと思います。

より優秀な子孫を残すために、強く逞しく社会的地位を確立できる頭の良い遺伝子を、求めたという事になります。


もちろん、そんな難しい事を考えなくても、オトコもオンナも魅力を感じれば、抱きたい抱かれたいと感じますが、生物の原理はそのようになっているんです。

少し話のネタ程度に覚えておいていただければと思います。

そして、優秀な子孫を残すために必要な遺伝子として、思い浮かぶのはより男らしい強い遺伝子ですね。


合わせてご覧下さい。

男はゴール・女はスタート?セックス地点の違い

セックスとは何か?

男はゴール・女はスタート?セックス地点の違い
セックスという行為は、いったい何なのか?
元々生物の性行為は子孫繁栄のものでした。

でも、それがいつしか「気持ちいい。」という快楽を求め合う行為になったわけですが、結局はヒトの脳が刺激求めているからなんですね。

セックスを求める事に理由はありません。

「気持ちいいコト」快楽を求める 男も女もただそれだけなんです。

ですが、セックスに対する捉え方は男女によって異なります。

ここでは、本能的な部分を少しだけ交えて考えていきたいと思いますよ。

女にとってのスタート「セックス」

女はより優秀な子どもを生むために、男をジャッジしその相手の子どもを生めるという場合に相手とセックスができます。

  • 生命力の強い遺伝子を持つ男性
  • 頭が良く社会的に優位な立場に立てる遺伝子を持つ男性

このように、少しでも優秀な子孫を残そうとした本能は潜在的な部分で働いているのです。

そして、そのセックスで妊娠し子どもを生むと、その相手の男と共に子どもを育てていく必要がありますので、まさしく女にとってセックスは【スタート】という事になりますね。

本能的な部分では子孫繁栄という事になってしまいますが、私たちの知っている範囲内では、女は気になったり好きになった男と別にセックスだけがしたいわけではありません。

相手を知り、関係を深めていきたいと感じている。セックスはあくまでも【スタート地点】という考えを持っています。

男にとってのゴール「セックス」

その反面、男は自分の遺伝子を残すため、より多くの子孫を残そうとします。

自分の種をばら撒きたい本能・・・と男性が浮気を正当化する言い訳にしているよくある話ですね。

男性が女に目移りする事や、上記での女が男をジャッジする理由など、知能が進化した人間ですから本能だけのせいにはできませんが、そういった本能的な裏付けも様々な研究により証明されている事です。

射精をし種をばら撒いた時点で、男として唯一できる子孫を残すアクションは終了します。

男にとってのセックスは【ゴール】となり、【スタート】とは真逆の考えという事になります。

男女の「セックス」という地点のギャップ

本能的な事を全く抜きにして考えていきたいと思います。

気になる異性を見つけた際

  • 男はまず「ヤリたい。」= 【ゴール】に辿り着きたい。
  • 女は「話してみたい。」「相手の事を知りたい。」=【スタート地点】に立ちたい。

と考えてもわかるように、【ゴール】か【スタート】か根本的な地点の意図が全く異なるのです。

オトコは、セックスする事によって、オンナを「知りたい」と考えています。

セックスをしてしまった時点で、「知った」=「【ゴール】に辿り着いた」と思い込んでいるのかも知れません。単細胞であるという事が、ここで証明できるような気がしますね。

オンナは、セックスをしてもそれだけでオトコの全てを知ったわけではないと感じています。つまり【ゴール】に辿り着いたわけではなく、そこから【スタート】をきった・全てはそこから始まる事なんですね。

男はゴール・女はスタート

サイト管理人紗江の、実体験を聞いていただきたいと思いますよ。

紗江が彼と出逢い・色々な事を話し少しずつ関係が深くなっていった頃、彼は日々囁いていました。

「欲しい・・・」

それまで、紗江は口説き文句として、低く柔らかい声で「欲しい・・・欲しい。」とただそれだけを繰り返された事がただの一度もなかったので、少し意表を突かれた思いでした。

彼は、かなり特殊な人なので、セックスをした後男にとっての【ゴール地点】に辿り着いた後も、その「欲しい」はかなり長い期間続きました。

彼にとっての【ゴール】は、セックスだけではなかったようなのですが、全く心の中に踏み入れる事さえ許していなかった紗江が、正反対に彼に依存し始めた頃に、その「欲しい」という言葉はなくなりました。

彼にとっての【ゴール】は相手を知る事だったようで、オトコ臭い見た目や行動とは裏腹に、中世的な人間なんですね。

その「欲しい」という言葉を言わなくなってから、聞いてみた事があります。
「どうして言わなくなったの?」
すると、笑って「もう手に入ったから。」と彼は答えました。
手に入った時点で、【ゴール】へ辿り着いたんですね。

紗江の場合、言えば依存症になったので手に入ったと言えますが、通常では、セックスをした事で、手に入れたと思うのは間違いです。

ですが、紗江の経験上そういった男性は今までたったの二人だけで、一般的な男性はセックスする事で【ゴール地点】に到達したという満足感が得られるため、オンナにとっては【スタート地点】でも、オトコにとって相手を堕とすアピールをした時点が【スタート地点】だというのが通常なんです。

ただし、セックスによって相手を知っても、精神的な部分を知っても、【ゴール】に辿り着くというのは、オトコの考え方であり、女にとっての【ゴール】は永遠に訪れないのかもと、紗江は感じています。

日々、愛したオトコの心変わりや浮気にアンテナを張り巡らせ、心悩ませるのがその証明になるのではないでしょうか?

紗江が、特殊な人だと言った彼も、紗江の心を知った時点で欲する事がなくなったというのは、ただ単純にセックスによって【ゴール】に辿り着いたというそこら辺のオトコと大差はないわけです。


ですが、彼がくしゃみをしている間は、【ゴール】に辿り着いても、まだ紗江を欲しているという証拠だと思っています。


そして、それに依存している紗江も、ただの愚にもつかないオンナである事に変わりはありません。

セックスが【ゴール】か【スタート】かなんて、結局のところどうだって良いんです。

そこから始めて見ませんか?
それが【愛】です。

合わせてご覧下さい。

【不倫】に関するアンケート

不倫に関するアンケート

【不倫】に関するアンケート

【不倫】と聞くと、当然ですがマイナスのイメージしかありません。

一生の伴侶を自分で決め、家庭を持った人が、他の異性に心を奪われ不倫という情事にのめり込む事を、世間一般では【不倫】=【犯罪】であるかのような印象がありますよね。

オトコは能動態・オンナは受動態です。それに、オトコというと、オンナを見ればやりたいと感じる生き物ですが、オンナもさほど変わりはないという事は常々お話していますように、【不倫】をしているのは実はオンナの方が多いのではないかと、管理人紗江は考えています。

2004年9月号の読売ウイークリーで、下記のような【不倫】に関するアンケートが実施されていました。

【夫・妻以外を好きになったことがありますか?】

禁断の恋【不倫】拍車がかかる想い

世の中同じ人は1人としていません。
彼氏・彼女がいても、夫や妻の立場でも、人に対し心惹かれる事は必ずあります。

【不倫】と言えども、それは同じで道徳的にいけない事ですが、心惹かれる事を誰も制することなどできませんよね。

紗江の彼がこう話した事がありました。
「紗江、人を好きになるってどういう事?
たとえ、いけない立場であっても、誰かに敬意を持ち・認め好きになる事は素晴らしい事だし、誰にも止める事はできないよね。」
不倫に賛同しているわけではありませんが、その通りだと思いました。


【どこまで発展しましたか?】

  • 特に何もなかった
    【不倫】に関するアンケート
  • 電話やメールをした
    【不倫】に関するアンケート
  • デートをした
    【不倫】に関するアンケート

  • SEXをした
    【不倫】に関するアンケート

電話やメールをしたという状態がオンナの方が多いという事で考えてみると、

オンナはSEXさえしなければ、【不倫】とは考えていないという傾向にあるように感じました。

そして、SEXをしたのはオンナも負けてはいませんが、オトコはやはり魅力を感じる異性とはSEXがしたいという表われではないでしょうか。

【後ろめたさを感じましたか?】

【不倫】に関するアンケート

ここでの結果は、【不倫】ではなく【浮気】の方が対象が多いような気がしますが、オンナがSEXするというのは、相手の子どもを生めるのかという判断を下した上での事なので、【不倫】【浮気】ではなく【本気】という事になると考えられますね。

【家庭と「婚外恋愛」は両立できるか?】

【不倫】に関するアンケート

オトコの方は、気持ちよりも身体だけの関係を持つ事が可能ですので、「婚外恋愛」=【不倫】でも、罪悪感は感じてはいるが、能動態であるため割り切れるものなのでしょう。

【離婚してもいいと考えたか?】

【不倫】に関するアンケート
ここでハッキリとした答えが出ています。

オンナが身体の関係を持つという事は、【不倫】ではなく【本気】だという表れですね。

もちろん、限られたデータ内の事ですし、一概に全ての人を当てはめることはできませんが、こういったデータを参考に・・・の程度に見ていただければと思います。

どこまでが純愛?どこからが不倫?

純愛とは何か?どこからが不倫なのか?


好きになり身体の快楽を求めSEXしてしまうと、不倫と呼ぶのか?

SEXせずに、心を惹かれて好きになったままだと、不倫ではなく純愛と言えるのか?それを純愛だと呼ぶのなら、それは許される事なのか?
自分のご主人や妻が、不倫はせずに心だけ惹かれて純愛の気持ちを持っていたのなら、許す事ができるのか?

あなたはどう思われますか?


合わせてご覧下さい。


女性のためのセックス講座~彼の心を鷲掴みにし、本当の愛を育む方法~


【改訂版】夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」

セックスすると好きになる女

好きじゃなかったらセックスできない?

セックスすると好きになる女
「私は絶対に好きな人じゃないとセックスなんてできない!」

大半の女性はそう言います。
そりゃそうですよね。

セックスは好きだからこそ、誰にも見せない秘部を見せる事・触れさせる事ができるものだし、好きな人と愛を伝え感じ合う行為がセックスです。

好きでもないオトコの身体の一部を自分の中に受け入れるなんて、考えるだけでもゾッとします。

好きじゃなくてもセックスできる男と女

ですが、男は好きでもない女に対し、

・・・など、許容範囲であれば、愛がなくとも、やはりセックスがしたい生き物です。

沢山の種を撒いて、自分の子孫をより多く残す動物的本能もあると言われています。

そして実はその逆も同じ。
女だって、男と大差ありません。
詳しくは、下記ページをご覧下さい。

セックスすると好きになる女

そして、女は出逢った瞬間に「この男の子どもを生めるのか」を瞬時に判断します。

女がセックスをすると、常に妊娠してしまうというリスクがありますよね。万が一妊娠してもいい相手なのか?
そうなってしまって困るような相手とセックスはできません。

それが女の許容範囲の基準であり本能なんです。
そして、出逢った時には既に愛情ホルモンのオキシトシンが分泌されます。
その上、セックスする事でオキシトシンが増幅・幸せホルモンであるセロトニンも分泌されます。

だから、女は好きでもないオトコとセックスしたとしても、セックスを通し分泌されたホルモンの影響により、セックスした後に「好きなのかも・・・」という風に、思い込んでしまう傾向にあります。

一度身体を合わせただけで

  • この人の事が好きなんだ。
  • この人といるととっても幸せだ。

などという勘違いをしてしまい、最終的には「好きだからセックスをしたんだ。」などというどう考えても無理なこじつけにしかならないような言い訳を使っているという事になりますね。

ただ一夜限りの相手でも一度寝ただけで彼女気取りになったり、お互いに都合の良い関係であるはずのセックスフレンドに感情移入して夢中になってしまうのは、セックスするたびに分泌されるホルモンの影響が大きく関係しているんです。


合わせてご覧下さい。

セックスで得る幸せ

セックスで感じる幸せと快楽

セックスで得る幸せ
性へ快楽を見出した生物は、人間だけではありませんが、未知数の生物の事に触れるのは後回しとして、ここでは人間の快楽について触れていきたいと思います。

人は、幻想というイメージがあってこそ性行為で快楽を得ているのが通常です。

オトコであってもオンナであっても、その差に違いはなく、気持ちよくなって幸せを感じたいという本能は全く同じですね。

セックスの快楽を感じる幸せ?満たされる欲求?

性行為は、基本的にお互いが気持ちよくならなければ成り立たない行為ですが、現代の現実社会では殆どがその相手を思いやる精神に欠ける性行為をしているパターンの方が多く見受けられます。

インターネットの世界でいつでも見る事のできるポルノ・過激で自分本意に欲求を満たすだけ・性的興奮だけを呼び覚ますような数多くのシーンを見慣れている日々。

そこで、自分が感じている満足感や幸せに対し、相手が本当はどう感じているかきちんと考える必要がありますね。

セックスで得る幸せ

セックスで得る幸せは、結局は自分の欲求を満たすため・自分が幸せを感じるために欲する快楽です。

  • パートナーが気持ち良さそうにしている表情を見る満足感による幸せ。
  • 相手を気持ち良くさせているという達成感による幸せ。
  • 一緒に気持ちいい快楽を共有している幸せ。

「相手が幸せになってくれる事こそが私の幸せであり、相手を思いやり相手が気持ち良くなってくれる事に幸せを感じている」のように思いがちですが、実はこれらは実は全て、

自分が満足を得ているという自分本意の欲による幸せなんです。

人間なら誰もが、自分本意な欲求を満たす事で幸せを感じるのは当然の事ですね。

私たち女性であれば

  • 抱かれることで愛されている幸せを感じる。
  • 好きな相手とつながっているイメージ。
  • パートナーに求められている満足感。

こういった満足感により、脳が幸せを感じているのが現実です。

相手を肌で感じただ純粋に触れる事で得る幸せ

その幸せは、自己の満足感を感じているだけだと理解した上で、セックスをあらためて見つめ直してみましょう。人である限りそういった欲を消し去る事はできませんから、幸せを感じたいといった欲を失くそうとすることはありません。

ただセックスで得る自分の幸せとは何か?
相手の側から考えて本当に幸せを感じているか?
自分から相手目線に見方を変えると、本当の幸せや今までとは違った愛情というものが見えてくるかも知れません。

男と女のセックスの目的の違い?

男と女のセックスの目的の違い

男と女のセックスの目的の違い?

あなたは考えたことありますか?
多分誰でも考えたことありますよね。

日頃、あんな軟派な男!信じられない!
というやきもち焼きのアナタに知っていただきたい事をお伝えしたいと思います。


少しだけ目線を変えて考えてみてくださいね。

男と女のセックス

本能だから?快楽を求めるから?女性はいつでも、心の中で男性に問いかけています。

  • 私は違う。
  • 好きだから、愛しているから。
  • 好きな人だから抱かれたいだけ。
  • なのに、男ってなんで?誰でもいいの?

そう思う方が多いような気がします。


紗江も若い頃はそれだけを信じてました。
でもね。
決して男性も、誰でもいいってわけではないんです。
男性だから許容範囲が広いのは確かです。
男性って女と見ると、目の色変えてほんといやになっちゃう。

ちょっとでも色っぽいヒトを見ると目がいくし、胸の谷間に釘付け、あんなのがいいの?!って
怒ってケンカになりかけた事もありますよね。


いくら男性だからって、絶対に無理!と思う人とはできません。確実にできませんよ。
それは何故??起たないからですね。

その逆で、あなたはどうですか?
例えば、彼と一緒ではなく、一人の時・友達といる時、他の異性と目があったことはありませんか?


その時、物凄く気持ち悪い!など感じる人だったとしたら、いやーな気持ちになって見ないでよ!
そう思いますね。そう思った相手が、あなたの絶対無理!な相手ですね。


でも、まんざらでもない時ってありませんか?
そう。それが男性の許容範囲と同じことを意味しているんです。

だからといって、そんな人とは全てできるのかと言えば、そうではないですよ。
人間には理性もあれば感情もありますから。
でも、本能的に感じている根本的な部分は、男でも女でもそう変わりはないってコトです。

本当は怖い女の本能

女は起つ必要がないし、その気になれば濡れなくてもできます。
だから女は、

  • 節操を守らなければいけない
  • 女の子なんだから粗相をしてはいけない
  • 女の子なんだからはしたないことをしてはいけない・・・

そうやって昔から、女は貞淑でなければいけないことを、当たり前のように教えられているのでしょう。
男と女では、考え方も違えば表現の仕方も違います。育てられてきた根本が全く違いますよね。


セックスのことオナニーのこと、誰かと話したりしますか?一般的にはしませんよね。
それは、昔から代々引き継がれてきた考え方が浸透しているからです。
女なんだからって。


そのタガが外れたら、どうなると思います?間違いなく男よりも厄介な生き物になりますよ。
男と女の立場逆転ですね。男の遊びなんて可愛らしいものくらいになります。
女は濡れていなくてもセックスできるんですから。

セックスに目的はない

  • 子孫繁栄のための本能?
  • 快楽を求めるための道具?
  • 愛を深めるための確認?

男性にも女性にも、きっと全て当てはまります。

愛はセックスをより深めてくれますね。
愛している人とのセックスは、愛おしくてたまらなくてとてつもないエクスタシーをもたらしてくれます。

でも、全くカラダの相性が合わなければ、アソコがいつも疼いてませんか?

そこへ、まんざらでもない男性が現れて、酔った勢いでもし間違いを犯してしまい

今まで感じたことのない快感を味あわせてくれたら? きっとアナタはセックスに溺れてしまうでしょう。彼のことはもちろん心から愛しています。それでも、きっと体は言うことを聞きません。

そう。目的ではないのです。
男も女もただ気持ちのいいことを求めている。
快楽こそ全てなんです。女だからって違うとは言わせません。

先ほども言いましたように、女は貞淑でなければいけない事を、当たり前のように教えられてきましたから
男性のように遊びまわったりそう簡単にはできません。一般的にですが。

だから、その快感を大っぴらに求めることはいけない事と擦り込まれてきています。
こっそりオナニーするのもそれが原因ですね。

その枷がなくなれば、女だってただ気持ちいい事を、快楽を何の引け目も感じずに求めることができるようになるでしょう。

そして、その枷を外した時にこそ、気持ちよくイクことができるようになりますよ。



続きはどうぞこちらから 


合わせてご覧下さい。

男は好きな女のためにセックスを我慢できるのか?

男は好きな女のためにセックスを我慢できるのか?

男は好きな女のためにセックスを我慢できるのか?
男と女のセックスの目的には、根本的には全く違いはありません。
ただし、当然の事ながら女は「受け身の立場」です。
女として育てられた環境も大きく影響して、男はこうであるべき・女はこうであるべきといった違いがありますね。


紗江の元にこんなメッセージが寄せられました。

25歳 Sさん女性

私の悩みの種はエッチをしたくないという事です。
結婚して、2年が経ちますが1年程前からセックスは全くしていません。


私自身、性欲はもちろんあります。
オナニーは毎日という程しています。

どうしようもなくエッチな気分になって、一人でローターを使ってオナニーし、クリでイカないと気が済まないくらいです。

でも、旦那さんとのエッチはどうしてもしたくないのです。

夜、求められても、具合が悪いからなどといってずっと断っていてばかりいたら、もう求めてこなくなってしまいました。

そうしてしばらくしてから帰りの遅い時があり、その夜旦那さんはソファーで寝ます。

浮気していると直感で感じました。
エッチはしたくないけど、浮気はされたくないのです。

旦那さんにもオナニーして我慢して欲しいのですが、本当に好きな女のためならセックスを我慢できますよね?

私はエッチなんかなしでも、ずっと旦那さんと一緒に生きていきたいと思っています。
旦那さんは私の事本当に好きなのとは違うのでしょうか?

紗江にとっては、衝撃のメッセージでした・・・
何故そういう事になってしまっているのか、順を追って考える必要がありましたので、数回メッセージのやり取りをさせていただきましたよ。
※ご相談などのメッセージは、下さったご本人にご了承いただき、掲載しております。
了解なしで勝手にサイトに掲載する事は一切ありませんので、メッセージを下さる方は安心して下さいね。

性欲がセックスで満たされない

男は好きな女のためにセックスを我慢できるのか?
このSさんは、セックスの経験は2人目。
まだセックスではクリでさえイった事がないとの事でした。
どれだけクンニを続けてもらっても、イケずに悶々としてしまう・・・と。

まずセックスしたくないというのは、この「イケない事」が原因だと思われます。
そして日々、初体験前の昔から自分でローターを使ってクリだけを刺激してイク。

痛いわけでもなく、セックスが気持ちいいと感じた事がないというSさんは、してはいけないオナニーを約10年も続けてきている事で本当のセックスの快感を感じることができないままで今日まで来られたようです。


イクのを我慢しながらセックスするより、自分でさっさとオーガズムを得られた方がいいとおしゃっています。

実は、オンナとセックスするよりも自慰の方がいいという男性もいるんです・・・

精神的な繋がりがない事を我慢できますか?

男は好きな女のためにセックスを我慢できるのか?
セックスは、オーガズムを得るためだけの行為でしょうか?
本能的に言ればそうかも知れません。
ですが、

  • 愛している人の温もりに触れる喜び
  • 心もカラダも繋がるという幸せ
  • お互いに思いやる愛情

これら全てを含めて真のセックスができるものだと紗江は思っています。


Sさんの旦那様は、浮気しているかも知れない帰りの遅い日、必ずソファーで眠るとの事ですが、それは何故なのでしょうか。
Sさんを愛し思いやっているからですね。
きっと旦那様は浮気をされているでしょう。
でも、浮気してきたと思われる日には、Sさんの隣では眠らない。

明らかに、深い愛を持っているのはSさんではなく、旦那様の方です。
残念ながら、Sさんは旦那様の事をそこまで愛しているという風には、紗江には思えません。

あなたが我慢して受け入れられないのか?

旦那様にセックスを我慢してほしいという以前に、あなたが我慢して受け入れられないのか?

紗江は、こう返しました。

  • 好きなら、セックスをしなくても我慢できるはず。
  • 好きなら、我慢してセックスを受け入れられるはず。

同じ事ですよね。
自分の事ばかり考えていて、自分は我慢しようとしないのに、相手に我慢できるはずと強要する。
それが「愛」と呼べるでしょうか。


男性は、女性のようなドライオーガズムを得る事はなかなかできません。
射精をする事が男性のセックスを意味します。
そして、男性にも愛している女と触れ合いたいという想いも当然あります。


それをずっと我慢させて、自分は一切我慢しようとしないなんて・・・
そんな理不尽な事ってありません。

結論・・・男はセックスを我慢できません。

浮気をするという事は、人や状況によって様々な意味があると思います。
元々浮気症の男性は、ハッキリ言ってもう治りません。


でも今回のようにセックスレスになったカップルや夫婦間の問題なら、それなりに理由があるはずです。

ご相談者のSさんの場合も、セックスしたくないという女性・どうしようもないから浮気する男性。

物事はどうしようもない事だってありますが、したくないから我慢しろでは、浮気されても仕方ない事です。

全てが男のせいというわけではないですよね。

浮気をするには、時間も必要ですし、それなりの経済力も必要ですので、我慢できないからと言って誰でも浮気できるわけではありませんが、基本的に男性は我慢する事はできません。

長い付き合いを続けていくには、男女ともに「我慢」が必要です。
その「我慢」は言い代えれば「思いやり」=「愛」だと紗江は思っていますよ。


女は女なりにパートナーとのセックスに対して前向きに考え、努力すべきものだと思います。

合わせてご覧下さい。

タダでヤる道具?私セックスマシーンじゃない!

タダでヤる道具?私セックスマシーンじゃない!

タダでヤる道具?私セックスマシーンじゃない!
当サイト管理人紗江はセックスやオナニー・気持ちいい事大好き人間です。
気持ちいい事が嫌いな人なんてきっと一人もいませんよね。


でも、こんな紗江でも昔セックスが大嫌いな時がありました。
しかも、嫌いなのは自分の彼氏とのセックスでした。

紗江は、中学1年くらいから女性が男性の道具と化してしまう事に疑問を持っていて、同じように悩んだりつい考え込んだりする方も多いんじゃないかと思います。

誰かに恋をしたり、好意を抱けば、その誰かは少しずつ自分の中で大きな存在になります。
そして、意中の相手がいる時は、その相手に対して必死になっていますよね。

寝ても覚めても、相手の事ばかりを考えたり、エッチな妄想に入りだすともう止められないほど・・・

  • どんな肌をしているんだろうか?
  • どんな風に感じどんな風に声を出し
  • どんな動きや表情をするんだろう?

そんな風に考えます。
自分が見た事もない知らない世界の事ですから、興味津々で夢中になるのも当然です。

付き合い初めも同じく、相手を抱く時・相手に抱かれる時「この女を抱きたい」「この人に抱かれたい」そう願って行為に及びます。

その行為に及ぶであろう時期には、興味津々の気持ちはマックスへ達しているはず。
誰しも当然に思ったり感じる気持ちであって、考えない人はいないのではないでしょうか。

ですが、セックスの回数を重ね、どんどん相手を知っていくと、その相手もセックス自体も特別なものではなくなってしまいます。
相手のわからなかった部分も全て知ってしまいますね。
知りたい以前に知るものがなくなってしまうんです。

通ったりエッチに使うどちらかの自宅もあり、そこに行けば自然にセックスができる。
同棲や結婚した後だと特に、毎日毎日当たり前に横に寝る相手。

男性が求めるのは、ただの射精。
付き合った当初のように、あなたをもっと知りたいあなたを抱きたいと渦巻く欲望は一切なく、ただ横にいるからするだけ・・・

  • 気を遣う必要もない。
  • お金を遣う必要もない。
  • テクニックを駆使する必要もない。
  • 面倒な事は何一つない。
女にとっては道具になるつもりもなければ、都合のいいように使われるつもりなんてありません。
ですが、男にとっては、こういった存在になってしまうんです。


タダでヤレてラッキーなんて思ってるの?
私セックスマシーンじゃない!
道具のように思わないで。

それなら、「この私」とヤリたいと思ってナンパしてくるそこらへんの男の方が、幾分かはましじゃない!

求められもしないのに、どうしてタダでヤレる簡単な女にならなきゃいけないの?
中学生ながら、そんな事を考えていました。

  • 「愛されたい。」
  • 「求めて欲しい。」
  • 心もカラダも愛されたい。

そんな考えは、今でも同じように持っているので
紗江はかなりの「重い女」であるという自覚も当然あります。


自分が求める相手なら、相手がどう思っていようがいいじゃない!
なんて、そんな風に考えようとはしても、簡単には割り切れないですよね。
女は受け身ですから。

そこで、「馴れ合い」が生じてマンネリ化し、お互いに飽きたり飽きられたり、最終的にはセックスレスへと発展してしまったり・・・


あんなに夢中だった頃の気持ちはすっかりなくなってしまいます。

ただ、100%飽きてしまうのかと言えば、飽きだけでなく「愛着」がわいたり、「信頼」が芽生えたり、いい意味合いでの変化が表れる場合もありますので、一概には言えはしませんが・・・。

私は道具じゃない。

タダでヤる道具?私セックスマシーンじゃない!
こんなメッセージをいただきました。

30代 女性Aさん

結婚して1年の30代女です。
結婚してからの旦那の態度がどうしても納得できません。


というのも、夜の営みの時、前戯を全くしてくれなくなってしまったんです。
元々は、必ずキスをし「○○好きだよ」という言葉は必ずくれていたのですが、結婚して1年たった今現在 前戯どころかキスも言葉もなくなってしまったんです。


モソモソと布団に潜り込み私の下着を脱がし、口から直接あそこに唾液を付けて、即挿入&ピストン。


たった5分程度で「イッてもいい?」と動きを速めフィニッシュを迎えます。
イった後は「ごめん。」と言いますが、私が求めているのは「イク」事ではなく、愛してもらう事なんです。


謝ってくれなくてもいいんです。
キスや言葉、愛情のこもったクンニなど、イカせてもらう以前に愛のこもった愛撫をして欲しいだけです。



終わるとすぐ腕枕をして少しの間息を整えると、自分のと私のあそこをティッシュでふいて、再度腕枕。
腕で私を引き寄せ、頭に軽くキスして「おやすみ」


毎回セックスはこんな感じ。
とっても悲しくなります。
道具になんてなりたくない。
私、セックスマシンじゃないのよ。と言いたくなります。


腕枕と軽いキスをする事が、優しさを出しているつもりなのかはわかりませんが、男の人ってそこまで人の気持ちがわからないものなのでしょうか?
結婚前のような幸せなセックスはもうできないのでしょうか。

Aさんは、再度繰り返しました。
セックスを通して愛を感じたい。
愛されたいだけだと。

道具ではない。
セックスマシーンでもない。
男性には強く言いたいところではあります。


ただ、全てを男性だけのせいにするのは間違いですよね。
女性にも足りない部分もあれば、
お互いに言い分はあるはずです。



ですが、男性はそういった自分の非については、全くと言っていい程、何もわかってはいないパターンが殆どです。
なので、悪びれるような態度さえもしないんですね。


逆に同じような出来事が自分に降りかかれば、理解はできるのに・・・本当に不思議なものです。
やはり子どもの面倒を見るように、常に女性が頭を使ってうまくいくように操作していく必要があるのでしょう。

プラスに考える事はいくらでも可能です。
小さな子だと思えば、仕方なく許してあげれないこともありませんよね。


下記も合わせてご覧下さい。


女にとってのセックスフレンドとは?

セックスフレンドいますか?

女にとってのセックスフレンドとは
恋人でもない、愛人でもないセックスだけの繋がりを継続する「セックスフレンド」
現在セックスフレンドがいる人はいますか?

  • 愛しているわけでもない
  • 金銭が発生するためにしているわけでもない
  • 一夜限りの火遊びでもない

ただカラダの相性が良く、お互いに求めているのはカラダだけ。

快楽だけを求めカラダを重ねる。
そんな関係、男と女ですからあって当然です。

女にとってのセックスフレンドとは

今の時代、女性のセックスに対する考え方はかなりオープンになってきていると思います。


本来、女だからといって男と何ら違いはありません。
性に対して貪欲なのも女ですし、自分自身の許容範囲に入る男性という制限はあるものの誰にでも抱かれそれを楽しむ事もできます。


その許容範囲は男ほど広くはありませんが、

  • 愛がなければ・・・
  • 愛していない男となんて絶対にできない
  • セックスは愛を伝え合うだけの行為

なんていう乙女チックな考え方をしているのが「女」であるわけではありません。


とは言いながら、
紗江は、元々上記のような考え方をしていましたし、現在も同じです。

ただ、その時に愛している男性がいる状況の場合だけであって、特定に好きな人がいない状況の場合に上記の「本来の性に対する本能」というものが成り立つと思っています。


もちろん人によっては、好きな人がいたとしても

  • パートナーとのカラダの不一致でセックスフレンドが欲しい・もしくはいる
  • パートナーとの性癖の違いをセックスフレンドが満たしてくれる
  • パートナーは求めている事をしてくれないけれど、してくれるセックスフレンドがいる
  • パートナーでは真の快楽を与えてくれないけれど、セックスフレンドが強いエクスタシーをくれる
こんな風に、好きな人から得られないものを与えてくれるセックスフレンドがいたり、そんな相手が欲しいと思う人もいるでしょう。

紗江はそれを否定はしません。

セックスフレンドに感情移入してしまう女

セックスフレンドは、お互いに干渉しないのが前提の付き合いです。
相手のテリトリーに立ち入ってはいけない間柄。

ただ都合が合う時に、性欲だけを満たす相手。それがセックスフレンドですよね。


カラダの相性もよし、話をしても楽しいなどの理由から、その相手のセックスを求めセックスフレンドになった。


カラダの快感だけに酔いしれ、何度も何度も関係を重ねていったはいいけれど、いつのまにか好きになってしまった。
初めはそんなつもりじゃなかったのに・・・
なんて話はよくあります。


基本的に女は、カラダの関係を持つと感情移入してしまいやすい生き物なんです。

でもそれではセックスフレンドという関係は成り立ちません。
相手の男性は、そんなつもりは毛頭ありません。

セックスフレンドを割り切れない女

一度セックスフレンドとして始まった二人が、心も重ねる男女関係になる可能性は極めて低いと考えて下さい。
男と女のセックスフレンドの考え方は、全く別のものです。


そもそも男性は、性の対象として相手を選ぶ時の許容範囲は、女性とは比べ物にならないくらい限りなく広いものです。
例え、全く許容範囲から外れている女であっても、

  • 目を閉じて妄想だけで
  • 顔を見ないように後ろを向かせて
  • ただペニスだけの快感に集中して

セックスをする事ができるんです。


でも、女にはそれはできません。
それは妊娠するという危険性があるからです。


男は、自分の子孫をどんどん増やしたいという本能があります。


ですが、女はより優秀な子孫を残す必要があるんですね。
だから、男を選ぶのは女であり、そうなってしまって困るような相手とセックスはできません。


セックスフレンドとして選んだ時点で、その相手に好意を持っていて、恋人として成り立つような相手しか選ばないんです。
なので、カラダを重ねるうちに、セックスフレンドとして割り切れなくなってくるのは当然の事です。


女が、セックスだけの関係だからと割り切った関係のセックスフレンドを作ろうとしている場合は、相手を好きになってしまうという可能性は大きいという事を理解する必要があります。

セックスフレンドに対し、報われないのに恋をしてしまって、傷つくのは女です。

だから、紗江はそういう女を否定はしませんが、女はセックスフレンドなんかを作るものではないと思っていますよ。

ただし、そのセックスフレンドよりも大切な人がいる場合は、その可能性も低いものになりますので、一概には言えません。
男女の関係は、その人の状況や心の変化によって、どうなるかわかりません。
どちらにせよ、充分に肝に銘じてセックスフレンドとの関係を考えていくべきだと思います。

合わせてご覧下さい。


ワクワクメール試してみました

男にとってのセックスフレンドとは?

男にとっての都合のいい「セックスフレンド」どう思いますか?

男にとってのセックスフレンドとは?
男が「やりたい」と思う時だけセックスの相手をする。
男にとっての都合のいい「セックスフレンド」


あなたはそんな男にとって都合の女をどう思いますか?

  • セックスフレンドなんて有り得ない
  • そんな男にとって都合のいい女になんてなりたくない

大半の人がそう思う事でしょう。
ですが、セックスフレンドというカタチで、どうしようもない恋を泣きながら続けている女性は多くいます。


現代では性に対してオープンになりつつあり、女性でも割り切ったセックスフレンドを作っている人が増えています。


でも紗江は基本的には、愛している男性に抱かれる事が最大の悦びであり、究極のオーガズムを感じられるのはその相手のみという考えを持っています。

男にとってのセックスフレンド

イク時のカラダの変化でご説明している通り、女は愛撫などによりオキシトシンという愛情ホルモンが分泌されます。

それは、相手に愛や安心感を感じなければ分泌はされません。
その上で性的刺激が加わりどんどん興奮していくわけですが、この愛情や幸せがない限り、オーガズムを得ることは難しいと思っています。


女がセックスできるのは、いくら気持ちのない相手であっても、限られた許容範囲の男性だけです。

でも、男性は違います。

許容範囲に入る相手ならば誰でもいいんです。
許容範囲から外れていても、目を閉じていたってセックスを継続する事なんていとも簡単です。

だって男のとって都合のいい割り切ったセックスフレンドだから・・・


ですが、知らない間にその相手を好きになってしまい、

  • カラダだけしか必要とされていないと苦しみ
  • 心も愛して欲しいと願ってしまう
  • ホテルへ行くだけの関係でなく、色んな事を共有したいと思う
  • 相手のプライベートにまで入り込みたいと思うようになる

そんな苦しみを抱え続け、セックスだけの関係を辞めたいけれど、辞めれば二人は終わってしまうとわかっているので何をどうする術もないままズルズルとセックスフレンドを続けてしまっている。

そして、愛してくれないのなら愛のないセックスはしたくないと思うようになります。

でも、そのセックスフレンドのただ一つの繋がり「カラダの関係」を辞めたいけど、愛してしまったから辞められない・それでもいいから抱かれたい そんな悲痛な叫びを胸に秘めて、日々苦しむのは女であるからです。

全ての男性ではありませんが、基本的に男性にそんな感覚はありません。
ただセックスできればいいのです。
男にとっては、そのためのセックスフレンドなんです。

男にとって重い関係

男にとってのセックスフレンドとは?
元々はセックスだけの繋がりで始まった関係なのに、相手に感情移入してしまうと、男にとって面倒くさい相手になってきます。

  • 今どこで何してるの?と常に気になる。
  • スマホに入ったラインや着信をその都度誰だか尋ねる。
  • 好きとか愛していると言葉に出す。
  • 相手の世話を焼きたがる。

自分にとって必要な男になってしまった時点で、女はこういった変化を表しますが、男にとってはただの重たい存在になってしまい、もう「セックスフレンド」の枠を超えてしまった相手は不要になります。


気持ちをかけなくてもいいからセックスフレンドを続けていたのに、面倒くさい事になるのならその価値はありません。

ただし、いくらただのセックスフレンドだからって、ただホテルへ直行というわけではなく、一緒に食事をした後ホテルで楽しんだり、ある程度お互いの楽しみ方があるのだとしたら、男のとって都合のいい女という存在ではなく、相手の人柄が好きだったり、多少なりとも感情は存在しています。



その場合も、それ以上のものを男性に求めてはいけないんですね。
何故?わたしを好きじゃないの?
なんて問い詰める日々を続けると、男性はどんどん追い詰められて、そのいい関係を壊してしまう結果になるだけですね。

都合のいいセックスフレンド

セックスフレンドなんて欲しくないと思っている男は一人だっていません。
都合のいい女は何人でも欲しいと考えていますし、女性がそれを望んだら断る男は基本的にはいません。


セックスフレンドではあっても、もしかしたら私だけは特別かも知れない・・・
そんな甘い希望を持ってはいけないんです。
そんな希望を持つことが、結果もっとあなたを苦しめ、もう抜け出せないくらい愛してしまい、最終的にはただの重い女になってしまう事は、目に見えてわかっているはずですね。

セックスフレンドだと自覚しているなら、ただセックスだけを楽しむ事に徹さなければその関係は成り立ちませんから。
男が都合のいい女だと見ているように、逆に都合のいい男だと見てセックスを楽しむべきですね。

合わせてご覧下さい。


ワクワクメール試してみました

女が受け身のセックス

女が受け身のセックス

女が受け身のセックス
男性と女性は基本的にセックスに対しての考え方に相違はありません。
一般的に考えられているように、女は愛している男性としかセックスできないなどの一般的な認識は間違いであって、セックスに貪欲なのは男も女も違いはありません。

ただし、身体的に女性は「受け身」=「受動態」であるのに対し、男性は「責め側」=「能動態」です。

セックスの行為自体を言っているのではありませんよ。
「女は妊娠する」という身体的な事です。
そういう面では、女は全てを受ける「受け身」である事は間違いありません。

「女は受け身」の考え方

女が受け身のセックス
紗江が中学校辺りから、母に言われてきた言葉のひとつ
「女は受け身だから・・・」
昔まだ若い頃は、あまり意味がわかりませんでした。


そうして次に、初体験を経験しセックスの経験を重ねていって、その「受け身」に対して思った事は、セックスの行為の「受け身」という事でした。
セックスをする時、男は責めて女は受ける=それに対しての「受け身」だと解釈したつもりになっていたんです。


ですが、年を重ねていくと、セックスの行為は受け身だけではなくなりますよね。
セックスは、男が女を抱くという認識があります。
女がセックスしたい時に「抱いて」と男性に言います。
そしてその逆も同じで、「抱きたい」と表現しますね。

でも、本来セックスは、男性も女性もどちらも「抱いている」のです。
女性だからといって、男性にセックスされているのではありません。

だからというわけではありませんが、紗江はセックスしたい時彼に「抱いて」という言葉は言わず、「しーたい」と言います。

受け身である女だからこそ・・・

母の言葉は、この年になった今であるからこそよくわかります。

女は身体的に、全てを受ける側であるという事です。

    女が受け身のセックス

  • セックスによりペニスを受け入れ
  • 射精により種を受け入れ
  • 受精したたまごを身体の中で育てていきます。
  • 身体が拒否反応を起こし、どれだけ辛いつわりがあろうとも、受け入れるほかに術はありません。



もし仮に望んでいない妊娠をし中絶をする事になろうとも、自分の中で鼓動を打つ命を切り刻む事、それに対する心と身体の痛み、万が一それによって不妊の身体になってしまっても、女は全て受けるしか手段がないんですね。


男性は、ただセックスの快楽を得たいがために責めるだけ。
それへの代償だってあると言うのなら、そこへ漕ぎ付くための笑顔と食事代とホテル代のみです。

女は、「受け身」である女だからこそ、その「受け身」に対してきちんと把握しておかなければいけません。

受け身だからこそ、自分の身は自分で守る

女が受け身のセックス
けれど、男性は愛もなくただやりたいだけと100%否定しているわけではありません。
そこには深いものも存在する場合もあります。
でも、基本的に女は「受け身」男は「責め側」それが自然の原理です。


だからこそ、望まない妊娠については女が自分で回避する必要があります。
避妊は責任を持って考えていくべきです。

合わせてご覧下さい。



避妊についてTOPはこちら

どうして男は生が好き?ゴムなしセックスがしたいワケ

よくある男のセリフ お願い生で入れさせて

どうして男は生が好き?ゴムなしセックスがしたいワケ
「お願い ゴムつけて」
「ちょっとだけだから生で入れさせて」

今までに、セックス中こういう会話をした事のある女性はどのくらいいるでしょうか?
おそらく、セックス経験者の大半の女性が一度はした事のある会話だと思います。

そこで、女性は少し抵抗しますが、

  • その場の雰囲気に流されて、ゴムなしの生でしてしまった
  • その男性に嫌われたくないから、そのまま生でしてしまった
  • 生でも外で出したら大丈夫だと思った

何故、ゴムをつけてとお願いしているのに、男はどうして生でセックスをしたがるのでしょうか?

ゴムをつけてするセックス・生でするセックス

ゴムをつけてするセックスと、生でするセックス
そんなに違いがあるの?
もちろん、女性でもゴムありセックスと生でするセックスには、色々な違いがあると思います。

  • 生の方が、パートナーのペニスの熱をダイレクトに感じられる
  • 生だと、お互いのカラダを直接感じ合える事が幸せ
  • 膣口に、生の方がカリ首が引っかかって気持ちいい
  • 生での射精の瞬間、奥に勢いよく注がれる感覚が好き
  • ゴムを着けている間が好きじゃないから生がいい

やはり、自分の好きな相手とは、生で愛し合いたい そう思いますよね。
男性の申し出で、生でセックスする事を承諾している・してしまうそのワケは、女性の殆どが、愛しているパートナーだからこその事なんですね。

だって、女性は妊娠する可能性を秘めているセックスに対し、愛しているからこの人の子どもだったら・・・という事をどこかしらで考えてその時の決断をしています。

でも、実は男性は・・・

男は誰とでも生でセックスができる

男性は、生でする事に何の考えも何の躊躇もありません。
ただ、生でしたいだけ。

女性とは違い、男はパートナーだから生でセックスをしたいわけではなく、誰とでも生でしたい生き物なんです。

それは、男と女の違いでもあります。
男の、自分の子孫を残すために種をばら撒きたいという本能もひとつの要因にもなりますが、一番の大きな理由は、「気持ちがいいから」という事です。

生でセックスをしたいのは、「快感を得るため」

女性には、あり得ない感情ですね。
だって好きでもない相手のペニスを、生でそのまま入れるなんて、気持ち悪いじゃありませんか。

でも、男は指を入れる事と大差ありません。
誰とでも生のセックスがしたいと思っているんです。

クンニの場合でも似たりよったりです。

男は生が好き?ゴムなしセックスがしたいワケ

では、男性にとってゴムを着けるのと生のままでは、どんな違いがあるのでしょうか?

  • 生でするのとゴムを着けるのとでは、気持ち良さが何倍も違う
  • 生で入れた時の、膣内の温かさが何とも言えない
  • ゴムの締め付けで、膣の締め付けが鈍く感じる
  • 生ですると、膣に引っかかるカリの摩擦が気持ちいい
  • 膣内の微妙なデコボコが感じられて気持ちいい
  • 膣内に射精することで本能が満たされる
  • この女に生で入れているんだという征服感

精神的なもので考えれば、女性は生で中出しされても、愛している男性に子宮へ射精されることで征服されているような幸福感も感じますが、男性は誰でもいいのですから、女性とは全く違う感覚なんですね。
そして、肉体的な快感の方がほとんどの理由と言えるでしょう。


女性でも感じるカリの引っかかりや、感じる熱の気持ち良さはある程度わかりますが、男性の場合は女性が感じるよりも、もっと大きな差があるんです。

セックスは、快感のためにする行為です。
できるなら生でしたい!そう思うのが男。
例外の男性は、一人もいないのが現実です。

こちらも合わせてご覧下さい



万が一、中出しされてしまった場合の緊急避妊モーニングアフターピル


■くすりエクスプレス ピルの詳細はこちら



避妊についてTOP

セックスフレンドの関係をうまく継続させるには?

セックスフレンドの関係

セックスフレンドの関係をうまく継続させる方法

男にとってのセックスフレンド・女にとってのセックスフレンド
男と女がセックスフレンドを、同じ感覚で考えている確率は「ゼロ」です。

で詳しくご説明していますが、「相手も自分と同じ考えを持っているかも・・・」と淡い期待を持って継続しているようでは、最終的に傷ついてしまうのは自分自身です。
そのまま付き合いを継続していけば、自分のコトを好きになってくれるという考えはまず捨ててしまって下さい。


仮に、継続していって期待通りになったとしても、それはそれで嬉しい事です。
諦めていて成功したとすれば、一段と喜びを得るだけで済みますが、その逆になった場合 ドン底に突き落とされるだけでは済みませんよね。

割り切ったセックスフレンドとして付き合っているのなら、基本中の基本だと考えましょう。

継続したセックスフレンド

では、どうすればセックスフレンドとしてうまく継続できるのか?

セックスフレンドを特別だと思ってはいけない。

これが継続の絶対条件です。

でも、これは女にとっては大変難しい事です。
女がセックスするという事は、誰とでも寝る事のできる人ももちろんいますが、基本的にはある程度相手を特別視しているからであって、そうではない男性に抱かれることはまずできません。


セックスフレンドとして継続したいのなら、そこを踏まえた上で性根を据えて付き合っていく必要があります。

  • こんなに好きなのに。
  • あなたにこんなに時間を費やしたのに。
  • 私のカラダを弄ぶだけだったの?
  • 何故この気持ちをわかってくれないの?

セックスフレンドである男性にどれだけ言っても、欠片でさえ理解してはもらえません。
その覚悟がないのなら、それ以上に継続せず、今すぐに別れるべきです。

セックスフレンドの関係をうまく継続するには?

セックスフレンドとの関係をうまく継続していくためには、それなりのルールを守らなければいけません。
そのルールを破ってしまった途端、継続どころかセックスフレンドとしては破局あるのみ。

セックスフレンドの継続に必須な事は、「お互いの距離感」です。
下記で詳しく見ていきましょう。



継続のためのルール その1~自分の事は話さない~

セックスフレンドとは、セックスだけで繋がっている関係です。
ただ、セックスをして快感だけを求める間柄、それがセックスフレンドです。
自分の生活や抱えている想いなどを話す必要はありません。
女は、自分について話したがる性質を持っていますが、一切触れずにヴェールに包んだままでいましょう。

もし、その相手を好きになってしまう可能性がない場合でも同じです。
自分の事を話してしまう事によって、相手の男性から勘違いされてしまう元にもなりますので、自分の事は明かさないようにしましょう。



継続のためのルール その2~相手の事は聞かない~

上記と同様、相手の日々の生活や気持ちなどを聞くのはやめましょう。

  • 昨日は何してたの?
  • 今の電話誰?

相手の事が気になってついそんな風に聞きたくなってしまいます。
好きでもない人の事を聞きたいとは思いません。
その時点で、もうそのセックスフレンドを特別に見ているということになります。
そうなったら継続は不可能・・・もう潮時だと考えましょう。



継続のためのルール その3~必要な時以外連絡は取らない~

セックスするために会う約束をするための連絡以外には、一切連絡をとってはいけません。
こんな事があったから聞いて欲しい!なんて思っているようならもう「好き」になってしまっています。
そんな状態で継続しても、泣くのはあなたの方という結果になってしまいます。

  • セックスしたくなったら、連絡をする。
  • 相手がセックスをしたくなったら、連絡してもらう。

ただ、これだけの関係が継続できる関係だという事です。



継続のためのルール その4~フレンドとして関係を楽しむ~

ホテルへ行ってエッチをするだけの関係ではなくなく、食事へ行ったり映画を見た後で楽しむいい関係を持っている方の場合は、「フレンド」=「友達」だという意識を持って下さい。
異性間の友情はまず有り得ないとサイト管理人紗江は思っていますが、そういった楽しみ方ができる間柄はとっても素敵な関係ですよね。

「友達」として理解し合えるなら、セックスの時気持ちいいコトを伝え合うように、これ面白いね。これって美味しいね。という感情を通わせる事も可能です。
そんな部分を通わせることができれば、より一層気持ちの良いセックスができるようになります。
あくまでも「友達」という風に考えられると、うまく継続していけるでしょう。



継続のためのルール その5~常に努力をする~

お互いに快感を得、快感を与えるために努力をする事は、セックスフレンドを継続するために不可欠ですね。
いくら時々しか会わないとは言っても、継続していると必ずお互いに「飽き」は生じてきます。
都合のいい女だけで終わらないためにも、自分もそれを楽しむ努力をする事が必要です。

  • オンナとしての魅力を磨く。
  • セックスのテクニックを磨く。
  • セックスへの探求心を持って挑戦してみる。

女を磨くというのは、メイクや髪型に気を遣ったり、スタイルを維持する事はもちろんの事、内面磨きも含みます。
何に対しても自信に満ち溢れ自立している女は、とても輝いて見えるものです。
「いいオンナ」というのは見た目の色香だけではありません。

程よい距離感を保ちながら、都合の良い関係を続けていく。
その上で、その男性を求めるよりも、いつでも求められる女でいたいものですね。

セックスフレンドとだから気軽に楽しめる♪
ソフトSMでパートナーを翻弄してみませんか?

セックスを楽しむためには避妊は不可欠です。

合わせてご覧下さい。


女性のためのセックス講座~彼の心を鷲掴みにし、本当の愛を育む方法~

ワクワクメール試してみました

イキっぱなし?連続で中イキ

連続で中イキ

連続でイキっぱなし

連続で何度もイク事について、LCラブコスメティック公式のラブリサーチアンケートがあります。

立て続けに何度も「イク」ことができますか?
総回答数 : 307名

  • できない・・・168名
  • できる・・・137名

できると答えた人のコメントでは下記のようなものがありました。


・Hする度に最低3回イッちゃいます。体は敏感になり過ぎてHが終わってもしばらくは落ち着きません。


・イッた後の気持ち良さがずっと続くので、その後も攻められるとイキ続けます


・自分でしてるとイケます。一回イッたあともそのまま続けてるとイケます。イッタら脱力。


・イッてもすぐまた責められると立て続けにイク。


・ひとりHならの話ですが。誰ともお付き合いした事ないのでひとりHしか経験なし!自分でならいい場所を的確に刺激できるので六回とか七回は大抵行けます。

結構連続でイケる人が多いなという印象でした。

イキっぱなし状態の連続イキ

1度イッて、そのまま責められてまたイクという連続の中イキとは違い、イッた後もそのままその感覚が継続してずっとイキっぱなしの状態になる連続イキを体験した事はあるでしょうか?


そのイキっぱなしを可能にできるのがポルチオイキです。


ポルチオはイク中でも究極の快感です。
クリやGスポットでイク感覚とは全く別の感覚だと考えて下さい。
ポルチオイキは、骨盤全体で快感を得ているような状態です。
そして、その快感はクリやGスポットで感じるようなスポットでの快感ではなく、カラダの底から湧き上がり、全てがそれに呑み込まれるような状態になると、「連続でイキっぱなしの状態」となるわけです。


そして、ポルチオでイクためにはSEXでの中イキは必ず必須となります。
中イキの開発のために、クリイキの感覚をそのまま中イキにシフトさせる事と同様、通常の中イキをポルチオイキへの快感と連結させていくんです。

ポルチオでイキっぱなしになった後、イキっぱなしの状態の時に、背中に指を滑らせただけでもイッてしまうように、どこに触れられてもイッてしまうのは、カラダ中の性感帯が連結されたからと言えば、何となくわかってもらえるでしょうか。

イキっぱなしで失神?肉体の防衛反応

連続でイキっぱなしの状態が続くと、意識が朦朧としたり、過呼吸になったり、最終的には失神までしてしまう女性がいます。

イク時には交感神経の働きが極度に高まる状態なんですね。
そして、セックス中の興奮や快感で、思うように呼吸ができなくなったり過呼吸など酸素不足に陥ることがあります。
それらが要因となり通常のリズムの状態ではない極度なストレスを感じた体自体が、リラックスさせようと働き、意識が遠のいたり失神する原因なんです。

副交感神経(自律神経)の反射が原因だという事です。
人間が本来本能的に持っている体の防衛反応なんですね。

神経心原性失神 出典:wiki

紗江も、連続でイッた時に意識の遠のきや失神に近い体験をした事がありますが、だいたい数秒から数分で目覚めます。
いつも失神してばかりの人もいるようですが、体質的に失神しやすいというのが深く関係していますので、

  • イキっぱなしになって失神してみたい!
  • でも連続でイキっぱなしができないから、セックスでは未熟なんだ。

などという事は、決して考えないで下さいね。

失神したからといって、失神していない人よりも深いオーガズムを感じているわけではないですし、例え連続のイキっぱなし状態になっていなくても失神してしまう人もいるのですから。

連続でイキっぱなしの状態は・・・

連続でイキっぱなしの状態は、カラダだけが感じて起きている現象ではありません。


イクということは、肉体的・精神的に生理的な機能が最高調にまで高まって、それが一気に開放された時に起こる生理的な快感です。


通常、肉体的な要素だけはイキません。

※当然、例外だって有り得ます。

愛している男性だから、幸せを感じる・快感を得る 当サイトでのセックスの基本はそこにあります。

まずは、連続という事に拘らず、イク事よりもパートナーを感じるところから進み、自分を本能のまま開放できるようにしていく、そして徐々にカラダを開発していって欲しいと思います。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


合わせてご覧下さい。

女の発情期っていったいいつ??

女の発情期ってどうなるの?

女の発情期っていつ?

生理前になると、ムラムラしてどうしてもオトコが欲しくなる という話はよく聞きます。
そして、生理中も何故かうずうずしてしまう・・・と人多いのではないでしょうか?

オンナの発情期

女性がしたくてムラムラする時期、すなわち発情期のような時期は・・・

  • 排卵日前後
  • 生理前
  • 生理中
  • 生理後

と言われています。そうなると、月の殆どがムラムラしている発情期になり、女性がいつもオナニーしてしまうとか、性欲が強すぎるという事も納得できますね。

こちらも合わせてご覧下さい。


女の発情期

犬や猫を初めとして動物の多くが、妊娠が可能な時だけが発情期となりますが、人間の場合は決まった発情期はありません。
ただ、子孫繁栄のための時期「排卵期」は、動物と同じく特に発情するしくみとなっています。

わかっていただけているとは思いますが、妊娠するのは排卵期だけではなく、排卵期は妊娠しやすいというだけです。

排卵日は、生理の周期によって違ってきますが、だいたい28周期として、生理が始まってから約2週間後の計算になります。

そして、生理が終わり排卵日までは、エストロゲンという卵巣で作り出される女性ホルモンの分泌が増えます。


エストロゲンは、性欲を増進させる働きを持っているので、排卵期にはムラムラする女性が多いという事になります。
その排卵期が、女の発情期という事になります。



エストロゲンは、肌の細胞や粘膜の潤いを保つ役割を担っていて、肌や髪のツヤやハリ、女性としての魅力を増幅させるんですね。

そう。本能レベルで、「 排卵期=妊娠しやすい時期 」に、異性を呼び寄せるような働きを、意識していなくとも体がそれを認識し、自然に働くようになっているんです。

発情期には誰でもいいからしたくなる?

だからといって、女は発情期で、子孫繁栄のための本能を司っているからといっても、誰でもいいからしたくなるのは違います。


メスは、強く才能あるオトコに惹かれます。
より強い子孫を残すために、より強い・可能性のある・見込みのあるオトコを選びます。
「何?こいつ?」なんて感じる相手を、ただ発情期だからって、間違っても選ぶわけはありません。


発情期だからって、誰でも彼でも見境なく発情するわけではないですよね。


わかっていないオトコは、ちょっとSEXに持ち込めたからといって、自分に気があるとか俺はモテるなんていう勘違いをしますよね。
もう言語道断です。


女はそれをきちんと見極めていますよね。多分、出逢った瞬間に。


合わせてご覧下さい。

もし、選ばれたオトコが、本当にダメ男だとしたら、それは「母性」が関係しているんじゃないかって紗江は思っていますよ。

紗江には、理解し難い事ですが、母性本能というものも、簡単にはあなどれない深い意味があるものではないかて感じています。

発情期だろうと何だろうとオンナの本性はひとつ

オトコでもオンナでも、快楽を求める本能は、何ら変わりはありません。


それを、男は女だから・受身だからと甘く見ますが、女の方がSEXの主導権を握り、相手を選択する立場です。
本来は男に選択の余地はないんです。


ただ、「オンナは弱いもの」そんな世の中の認識から、パートナーに甘え、それこそ三歩進んで二歩下がるのような意識があるかも知れませんが、実際にはどうでしょうか?


いいえ。それがオンナの本性ではありませんよね。
オトコ以上に快楽を求めて性行為する。それが女です。


発情期だろうと発情期でなかろうと、快感を得たい事には変わりありません。



弱い女を演じるのは間違いではありません。
オトコを立てるのは女の役目ですよね。


でも、自分を疎かにする男に服従するだけの女であってはいけません。
自分が、この人だけだと決めたなら、それを貫き通しましょう。

男以上に「強い」のが女の在るべき姿です。
女である以上、自分というものを知って、それを否定しないように心掛けていきたいものですね。

合わせてご覧下さい。