女がイク時の流れってどんな感じ?

女がイク時の流れってどんな?

男性にとって、女がイク時の流れは大変気になるでしょう。

そして、女性にとっても、どういった流れでイクのだろうと知りたい方もいますね。

まず男性が、摩訶不思議な女性の身体がどんな風な流れでイクのかを知りたい場合は、自分自身と置き換えてみれば簡単にわかることです。

女がイク時の流れを、わかりやすくご説明したいと思います。

女がイク時の流れ

女が感じる・イクまでには、いくつかの流れがあります。

そういった流れを経てこそ、イクことができるのです。

arrow

高揚タイム



男性と見つめ合いキスされたり触れ合うことで、愛情ホルモン・幸せホルモンのオキシトシンやセロトニンなどが、脳内で分泌をし始めます。

SEXするのではなく、パートナーにぎゅうっと抱き締められている時に、とても穏やかで幸せを感じる事がありますよね。そういう精神状態です。

  • 愛されている幸福感
  • 異性との温かな肌の触れ合い
  • 想いを寄せている相手に接している満足感

このような様々な喜びに満ち溢れ、感情はどんどん大きくなり、徐々に興奮していきます。

キスが激しくなったり・身体に触れられることで、安心して副交感神経が優位になっている状態から少しずつ交感神経が高まりを見せ始める頃です。

※この状態で、アンアンと喘ぐ女性が多くいますが、それは完全な演技ですね。

じんわり高揚していく過程では、吐息が漏れる程度です。いきなり急激に感じることはないのです。

arrow

興奮タイム



感情と共に、肉体的な刺激も加わり興奮はどんどん高まり、身体の変化が起こります。

  • 乳首が勃起し、より敏感になる。
  • 大陰唇や小陰唇・クリトリスなどが充血し膨らみを帯びてくる。
  • 愛液の分泌が多くなり、より濡れてくる。
  • 興奮ホルモンのノルアドレナリンや、快楽を感じるドーパミンの分泌はどんどん増加し、息遣いが荒くなり、敏感になった身体はどんどん感じるようになってきます。


    殆どの場合、高揚タイムの流れがないと興奮することは少ない例でしょう。

    オンナが濡れないという場合には、いきなり局部を愛撫したり興奮状態へ持っていこうとオトコが急ぎ過ぎている場合もあるのです。


    arrow

    オーガズムタイム



    穏やかな状態の副交感神経の働きよりも、一気に交感神経の働きが優位に立った状態になると、オーガズムを迎えます。

    女がイクには、高揚していき興奮し、興奮が極度に高まるという流れを辿る必要があるのです。

    女がイクには時間がかかるというのは、こういった流れの時間も必要だからということもあります。

    ですが、上述したページのように、全ての流れを含め20分と言っているわけではありません。

    ただ、挿入して20分もあればイケるのだろうと考えるのは間違いです。

    そして、男性も同じ流れを辿りますね。

    高揚 ⇒ 興奮という流れを辿らないことには、ペニスを刺激するだけで、射精に至るなんてことはありません。

    もちろん、男女関わらず例外はあります。


    興奮しながら高揚していき、より興奮度が高まってオーガズムを得るという流れもあります。


    arrow

    衰退タイム



    男性は一度射精に至ると、ここで賢者タイムが訪れます。

    一気に興奮状態から冷め、冷静になってしまいますが、女性の場合はまだ緩やかな興奮状態は続いているままです。

    この状態から、再度 興奮タイム⇒オーガズムを何度も繰り返せるのがオンナなのです。

    それが、マルチプルオーガズムです。

    ただ、クリイキをした後などに、無理に刺激され続けると感覚があまりにも鋭くなっているので、興奮状態から一気に覚めてしまうことになってしまいます。

    当然例外もあります。


    何でも流れは大切

    物には順序というものがありますね。

    全てが順序通りにいくわけではありませんが、好きになってもいないのに結婚するなんてよほどの例外でない限り、あり得ません。

    それと同様で、高揚し興奮してもいないのに、女がイクなんてことは基本的にはあり得ないのです。


    だから、一人エッチしてイキたい場合でも、環境を整え・好きなパートナーを思い浮かべたり、徐々に興奮を高めていく流れが必要なのです。

    パートナーと、より気持ちいいSEXをするために、こういった流れは是非男性に知っていただきたいことですね。

愛を育むポリネシアン・セックス

ポリネシアン・セックス知っていますか?

愛を育むポリネシアン・セックス

ポリネシアンセックスとは、ポリネシア地方(太平洋・オセアニア海洋部にある島々の総称)で伝えられてきた性行為の方法で、この島々に住む人達によって行われているセックスの方法で、起源は古代ギリシャです。


セックスは、生物の本能のまま行う行為ですが、ポリネシアンセックスは、精神的に繋がるための性行為の方法なんですね。

男女が「イク」事を目的にするのではなく、
ポリネシアンセックスはお互いの愛を確認し合うための行為なんです。


ポリネシアン・セックスで得られる男性のオーガズム

ポリネシアンセックスは女性に人気のあるセックスですが、男性にとっても大変メリットがあります。


それは、男性でも女性にしかないと思われている「脳でイク」というオーガズムを何度も迎える事が可能という事。


男性は通常は射精をして「イク」という事になりますが、ドライオーガズムという射精をしないオーガズムというものがあります。

ドライオーガズムは、男性でも射精をせずとも、女性のように何度もオーガズムを感じる事が可能なんです。
通常は、ペニスに対しての刺激に対して反射的に射精するのに対し、ドライオーガズムは、射精を伴わない性的興奮の上のオーガズムです。

そして、射精しないので何度もオーガズムを迎える事が可能なんです。


それを、マルチプルオーガズムと言います。

ポリネシアンセックスでは、男性がマルチプルオーガズムを得る事ができるんです。

お互いの気を巡らせるポリネシアンセックス

ポリネシアンセックスで、男性が「脳でイク」事ができるのは、お互いに愛し合っている者同士の愛を確かめ、ひとつになりお互いの「気」を巡らせる事によって、可能だと言われています。


ポリネシアンセックスはエネルギーの交換をする性行為

例えば、火力発電では、物を焼けば、それがエネルギーとなり、火を起こしますよね。
焼いたその物は一見消えたように見えますが、実は消えたのではなく、エネルギーとなり何かを生み出し、また消えまた生み出す・・・それを繰り返しています。


人の気持ちも同じで、それはエネルギーとなり、形を変えて生まれ変わっているんですね。
物でも人の気持ちでも、消える事はなく、必ず何かのエネルギーとなり伝えられていきます。

ポリネシアンセックスは、カップルの愛を伝え合い、エネルギー交換をする事で、精神的な繋がりを深め、愛を育むための性行為です。

その上で、幸せな気持ちで脳が満たされ、男性も女性も「脳でイク」事ができるんです。

ポリネシアンセックスの前の準備

そんな奥の深いポリネシアンセックスですが、お互いに愛を確認し合う延長上のようなものなので、やり方はとっても簡単。


ただし、女性にとっては、とっても気持ちいいものになりますが、男性にとっては多少苦痛が伴う可能性も高いですね。

女性でも「早く入れて動いて欲しい」と我慢できずに失敗に終わる場合もあるようですが、ポリネシアンセックスで愛を深めるために、頑張って見て下さい。


とはいえ、紗江もまだ試した事はありません。
試してみたら、また体験談をご紹介したいと思っていますよ。

arrow

ポリネシアンセックスのやり方~ その1 ~

まず、セックスする日は事前に決めておきます。
女性なら、下着選びやその日のヘアースタイルにメイク・ボディメイクに力を入れるなどして準備します。

お互いにその日のために、気を高めるための期間として、この日に挿入するという事を決めておくんですね。

arrow

ポリネシアンセックスのやり方~ その2 ~

そして、セックスする前には、できるだけ食事を多く摂らないようにします。
満腹の時には、性欲が減退してしまうという研究結果も出ています。
あまりに空腹過ぎるのもダメですが、少し控えた方がいいでしょう。

arrow

ポリネシアンセックスのやり方~ その3 ~

可能な限り二人きりで邪魔が入らないようにする事が大切です。

  • 携帯の電源は切るかサイレントにする。
  • 固定電話も受話器を上げておく。
  • 自宅の場合は、誰かが訪ねてくるのを避ける。

お互いの気を巡らすためには、お互いだけに集中する事ができなければいけません。
場所は、一番落ち着く所が一番ですが、ホテルの方がおすすめですね。

arrow

ポリネシアンセックスのやり方~ その4 ~

環境の準備が整ったら、4日間は挿入なしで愛撫だけに徹します。

ポリネシアンセックスの4日間の注意点は、絶対に性器には触れてはいけないという事です。

裸で抱き合い、見つめ合ったり、抱擁したり、キスしたり、お互いの温もりを感じる事だけに集中します。

話をしてはいけないのではありませんが、気を高め相手を感じるためにも、ぬくもりに集中する方がいいですね。
そして、その愛撫は1時間以上の時間をかけ、できるなら抱き合ったまま眠りにつきます。

ポリネシアンセックスのやり方

愛を育むポリネシアン・セックス

  • 前戯には最低でも1時間以上をかけます。
  • 初めの4日間と同じく、裸で抱き合います。
  • 抱擁やキスを中心に、お互いを愛撫し合います。
  • この時も性器には触れてはいけません。
  • そしていよいよ挿入。体を密着させピストンはしません。
  • 30分~1時間くらいはそのままじっと挿入したまま、抱き合い見つめ合いましょう。
  • ペニスが萎えそうになったり、女性に性感がなくなりそうな時は、少し動いても構いません。
  • オーガズム後も、そのままで抱き合います。

じっとお互いの温もりを感じ合い、「気」を送る気持ちで抱き合い見つめ合うのが、ポリネシアンセックスの目的です。
ペニスと膣の快感ではなく、繋がっている温もりに集中します。

全てを開放して、リラックスし、愛の言葉を囁きあったり、魂レベルで相手を求め感じる事ができるのが、ポリネシアンセックスなんです。

個人差にもよりますが、じっとしているだけで、オーガズムの快感の波が次々と押し寄せてくるのが感じられます。
それが脳だけでイクという事で、男性もマルチプルオーガズムを感じられるのです。

arrow

ポリネシアンセックスの体位


最適体位は、互いの骨盤をつけるものとなる。

  • 女が仰向けになり、男は右をベッドにつけ、半身を起こす。
  • 男の左脚を女の両脚の間に挟み、女の右足は男の腰の左に乗せて、互いの脚を絡ませる。

出典:wiki


こちらのような体位です⇒セックスの体位裏48手 裏十五.八つ橋
ただし、5日間もの日数をかけてゆっくりと愛撫し合うなんて事は、なかなかできるものでもありませんよね。
ポリネシアンセックス当日のルールさえ守っていれば、当日だけでもいいと思いますし、体位も好きなものでいいと思いますよ。

従来のようなセックスではなく、ゆっくりと時間をかけて、ポリネシアンセックスを楽しむ事は、お互いを見つめなおすきっかけにもなりますね。


ポリネシアンセックスの日にセクシーな下着はいかがですか?セクシーな下着でいつもより燃えちゃう?
時にはあなたから激しく責めてあげて下さいね。騎乗位のテクニック



こちらも合わせてご覧下さい。

ポリネシアンセックスは必ず5日目にという事でなくても大丈夫。
こちらを参考にして下さいね。

合わせてご覧下さい。