セックス中 男が喜ぶ最強の褒め言葉

「褒め言葉」男性は喜ぶの?

セックス中 男が喜ぶ最強の褒め言葉
男性に対して、テクニックや性器への褒め言葉は、セックスでより快感を得るためのツールとなります。

性行為中のオンナの喘ぎ声は褒め言葉にも勝る程のものですが、全く反応がなく声を出さないとすれば男は
殆どの場合は萎えてしまうでしょう。

その逆で、セックス中に何気に褒め言葉を言うと、男性側の欲求に一段と火をつけ、もっと気持ちよくさせてやろうと熱心に責めてくれるようになり、結果オンナの快感にも繋がりますね。

巧みな愛撫や直接的に身体の一部である性器を褒められて嬉しくないオトコはいません。

  • 自分のこの手でこのオンナを感じさせている。
  • 自分のテクニックで喘がせている。
  • 自分自身のこのペニスで相手を満たしている。

喘ぎの中に褒め言葉を入れる事で、上記のような支配感・征服感が一段と満たされます。

では、その褒め言葉はどういった事を言えば喜んでくれるのでしょうか?

男が喜ぶ褒め言葉を言う前に注意すること

喜んでもらうために褒め言葉を言う上で、絶対的に注意しなければいけない事があります。

自分自身の事で考えれば簡単にわかります。

  • 貧乳なのに「胸が大きい。」
  • 筋肉質なのに「身体が柔らかくて気持ちいいよ。」
  • 髪がゴワゴワした縮れ毛なのに「サラサラだね。」

なんて褒め言葉を言われても、嬉しくないどころか、「何でも褒めればいいと思って・・・」と心にもない褒め言葉を言っているのはみえみえですよね。

それまで、上がってきていた興奮度も冷め、せっかくのセックスは台無しになってしまいます。
  • 大きくもない小さめのペニスを「大きい。」
  • 半勃起で柔らかめのペニスを「硬い。」

なんて褒めても逆効果。
それならなんの褒め言葉も言わない方がましです。

男性に身体的な褒め言葉を言う時は、褒める場所が標準かまたはそれ以上の場合のみにするのは鉄則です。

自分の性器に何らかのコンプレックスを抱えている男性は多く、オンナを感じさせられるかどうか、常にプレッシャーを持っています。

大きいか小さいか平均なのか、男性が自分自身で把握しているという事を頭に置いたうえで褒め言葉を言うべきです。

男が喜ぶ褒め言葉


褒め言葉その1・・・「凄く大きい・・・」

この褒め言葉は、平均サイズかそれ以上の場合限定です。

ペニスが入ってきた時、吐息交じりに小さな声で囁くと、男性はダイレクトには喜ばないかも知れませんが、内心では「そうか。大きいのか。」と満足感を得ます。

褒め言葉その2・・・「凄く硬いよ・・・」

この褒め言葉は、きちんと勃起しているペニス限定です。柔らかくても硬くてもどちらの場合でも完全勃起している男性なら言っても構いません。

Gスポットやポルチオを突かれている時に、「あぁ!硬いのが当たってる!気持ちいい!」とこれもまた絶叫であろうが小声であろうが、吐息交じりで言って下さい。

自分の硬いペニスで、オンナを喘がせる影響力を持っている事に満足し喜んでくれます。

褒め言葉その3・・・「凄く気持ちいい・・・」

「大きい」「硬い」では、個人差があり限定されてしまいますので、誰にでも使える褒め言葉です。

「気持ちいい」と言われて嬉しくない男は、この世の中どこを探しても一人もいません。オンナだって下手な褒め言葉を言われるくらいなら、「気持ちいいよ。」と言われた方が嬉しいですよね。

快感を感じてつい口からでる言葉もこれのはずです。気取らず力まず自然に出る褒め言葉はこれが一番ですね。

男が喜ぶ最強の褒め言葉

上記を見ていて何か気がつきませんでしたか?
どれに付け足してもOKな言葉で、この一言を言うだけで伝わる魔法の言葉。

セックスの時だけでなくどんな時であっても共通する最強の褒め言葉があります。
これは全く限定される事はなく、どんな男性でも必ず喜びます。

その最強の褒め言葉は、たった一言「 凄い 」です。


この「凄い」を上手く使い分けることができれば、どんな男だって操作することはいとも簡単なもの。

男性は、セックスでも何でも最終的には、自分が「凄い」と感じさせているという満足感を得たいのです。
男性を喜ばせる褒め言葉でこれ以上のものはありません。

男が喜ぶ最強の褒め言葉 ~ プチ補足 ~

上記の「 凄い 」を補足する最強の褒め言葉がもう一つあります。

「 ステキ 」です。

「ステキ」は、あまり多く使いすぎると逆効果になりますが、「私、最高にステキだと思う」だと言われて喜ばない男性もまずいません。

  • 「 凄い
  • 「 ステキ

使う時と場合を考えて、喜ばせたいパートナーに伝えてみましょう。

でも、最終的には何も考えずにただ「気持ちいい」と本当に感じている気持ちを表現する言葉が、一番喜んでくれる言葉なのかも知れません。

合わせてご覧下さい。