女の真の本性とは?

当サイトに検索でご訪問いただいているキーワードの中でも多いのが、知らない相手や彼氏に『犯されたい』という言葉です。

どれだけ女性がいやらしい妄想をしているかがうかがい知れます。

日々いやらしい事を考えているのは決して男性だけではありません。

男以上に怖い女の本性…女の真の本性とはどのようなものなのでしょうか。

女の真の本性とは?

本性を隠している女性のイラスト

女性は男性と同じ、性や欲全てに貪欲です。

深く考えなければたいしたことはありませんが『抱かれたい芸能人ランキング』などがあるのも、それを証明していますね。

  • 好みのオトコを見ては、どんなカラダをしているのか?
  • どんなキスの仕方をするのだろう?
  • 今のパートナーとは違った舐め方をするんだろうな。
  • あの甘いマスクで犯されてみたい。
  • 挿れられたらどんなだろう?どんな腰使いをするのだろう?

『どうして男はいやらしい事ばかり考えてるの?!』なんて決して言えないはずです。

男が考えると言えばエッチな事ばかり…という女性も、本性を隠しているだけ。

本性を隠して『貞淑な女』を演じている女性は、いわば内面を隠した陰湿な性格と言えるかもしれません。

本性を隠していることさえ隠しています。

その反面、男性の本性の隠し方は子供騙しです。かわいい生き物とも感じます。

管理人紗江は、好きな人がいるうちは他のオトコは全く眼中に入りません。

ですが、紗江の彼が言うには「一緒に歩いている時、紗江の好みのタイプがいたら、目で追ってる。」と言います。

全く意識しているつもりはなくても「女」であり、自分にとって有能だと思える相手を潜在的に選ぼうとしているのでしょうか…。

これを見て下さっている方はいかがでしょう。

街中で他には目がいかない人であっても、好きな芸能人がいるという場合があるでしょう。

女の真の本性は否定するべからず

女の本性は、男と変わりません。

  • 他の男性に目がいったこと
  • いやらしい想像をしたこと
  • 違う相手に一瞬でも心惹かれてしまったこと

それらを否定する事はありません。

だってそれが人間なんですから。それが人間の本性です。

彼氏彼女がいたって、他の人とヤリたいと思う場合もあるでしょう。

ヤりたいとまでは思わなくても、『どんなだろう…。』と想像します。

浮気してしまう事もあるでしょう。男であっても女であっても、そう思った後にどう行動するかによって変わってきます。

手頃なところで浮気するのか不倫するのか風俗へ行くのか、色々ありますね。

人には理性がありますね。本性がどうであっても、理性によって自分をどう制御するかでその人がどういうものかが決まるものだと感じます。

「犯されてみたい。」と考えてそのまま犯されるように仕向ける人もいるでしょうし、カップル喫茶などに行って見知らぬ人に依頼しプレイする人もいます。

彼氏がいても、その仲間内だろうと誰かれ構わずSEXする知人もいました。

そこで、自分の好きなパートナーにどう愛されるのか?が決まるような気がします。

相手も同じく、本性では何をどう思ったとしても、どう行動するかで自分自身の中での価値が決まりますね。

本性・本能を制御しよう

セックスはスポーツだとも言います。けれど紗江は、今はそんな風には考えていません。

身体は簡単に許せますが、後で後悔しても時遅しです。初体験はもちろん経験をした事実は、一生涯消えませんね。

本能や本性のままその時の流れに任せてしまっては、後で後悔する可能性があります。

紗江は特に若い年代の女性には、後先考えず身体を安売りしてほしくないと考えています。

今好きな人がいる女性はもちろん本当に愛している人を見つけた時、過去に対しても胸を張れるような道を歩んでほしいと思います。

本性がどうでも、女として自分を恥じない生き方を選びましょう。

紗江の彼が言いました。

俺がいま胸を張って言えるのは、俺は紗江に選ばれた人間って事だ。俺はこの女に選ばれる程の男なんだ。

自分のパートナーにそう思ってもらえるような行動をしましょう。そして、逆も然り相手の事もきっちり見極め、本当に選んでいい相手なのかも見極めるようにしたいものです。

結局のところ、本性なんてどうでもいいんです。

ただ選ぶ際にも選ばれる際にも、自分の行動には責任をもつべきですね。

併せてご覧下さい。


男性を元気にサポートするマカや愛情ホルモンオキシトシンの効果絶大! 2人の時間を最高に導く[LUVLYQUID]リキッド・デラックス
もっと濡れるための女性用サプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
活力ある男性に強力サポート! 1日中元気でいたい男性用サプリメント
誰も知らない女の快感スポット ザ・シークレット・ゾーン (北条麻妃)