男にとっての【狭射】って?

全てのページはこちらサイトマップ

パイズリで射精する【狭射】

男にとっての【狭射】って?

なかなかイクことができない女と違って、男は射精するためにSEXをします。

男は射精の瞬間の快感だけのために、SEXを行うと言っても過言ではありません。

そしてパイズリによって射精する【狭射】

【狭射】(きょうしゃ)は、wikiによるとこう解説されていました。



元はマニアの間で生まれた造語。

パイズリの後に手コキやフェラチオではなく、パイズリ状態のまま射精したいというマニアの願望を現す単語として、様々なアダルトメディアで広く使われるようになった。


出典:wiki


女性の胸に挟まれたまま射精まで誘われると、挟射というものになります。

【狭射】って気持ちいいの?

そもそもまずパイズリ自体どんな風に感じるのかさえもわかりませんね。女性には、出ているものを挟まれるなんて経験をすることはありませんから。

ですが、バストは女性をもっとも象徴する部分でもありますね。

フェチ具合にもよりますが、胸を嫌いという男性はほぼいません。胸を見ると当然触りたい、揉みたい、吸い付きたいと思います。

柔らかいものが肌に触れると、男だけでなく人間誰もが気持ちが良いと感じます。

ですから、柔らかいオンナの胸にペニスが挟まれると気持ちよいものです。

そして、狭射も射精をすることに変わりはありません。

よって、パイズリも狭射も大変気持ちの良いものです。

狭射と口内発射と膣内発射

パイズリで射精する狭射は、胸で挟むと言ってもすべてが包まれている感覚まではありません。

さらに、口の中や膣の中は粘膜ですね。

ねっとりと絡みつくような粘膜のなんとも言えない感触や温かな温度。

フェラでは、舌を絡ませ転がしたり、唾液のある湿った口内全体で吸いついたりする感触はたまりません。

また膣内でも、愛液でぬめった肉ヒダがペニスにまとわりつきうごめきます。

しいて言うならば、胸の感触はそれには匹敵しません。

男性にとって【狭射】よりも、フェラチオや挿入の膣内の感触の方が、断然気持ちが良いと言えます。

よほど狭射するシュチュエーションが好きな場合や、胸フェチの方以外は【狭射】の行為自体そこまで気持ちの良いものとは言えないでしょう。

では、なぜ【狭射】をしたがる男がいるのか?なぜパイズリなんてしたがるのでしょうか?

男にとっての【狭射】って?

【狭射】が好きかどうかは、その男性の考え方や好みによって、大きな差があります。

過去管理人紗江にパイズリを要求する男もいましたが、現在の彼はパイズリを要求してきたことはただの一度もありません。

多少胸の大きさも関係しているので、よほどの巨乳でない限りパイズリという発想がわかないという可能性もあります。

しかし【狭射】が好きな人もいますし、特に【狭射】なんてしたくないと考える男性もいます。

それぞれに『興奮するツボ』があるのですね。

同じように愛撫されていても、女性にもあるはずです。

  • 優しく髪を撫でられながらキスされると、感じてくる。
  • 手を握り合いながらSEXするとたまらない。
  • 荒々しく侵されているような雰囲気が、ゾクゾクする。

人によって、さまざまなパターンがあるでしょう。

パイズリも【狭射】も感触が気持ち良いのではなく、精神的な快楽で楽しむプレイということです。


結局は、男が精神的にどれだけ興奮するかによって快感が決まるとも言えるのです。

紗江の彼はいつも言います。

「男は脳でSEXする。射精の快感は別として、精神的に快感を感じていなかったら、SEXしてもそんなに気持ちいいものじゃない。
ペニスなんて鈍感なのだから。」

男も『脳でイク』オンナと、同じなのですね。

ただ先ほどと重複しますが、狭射でも口内発射、膣内発射でも手コキやオナニーでも、射精する快感は同様です。

【狭射】の注意点

【狭射】をする場合気をつけたいのが、射精をする時に精液が飛んでくることです。

勢いよく射精しない男性ならダラッと垂れ落ちるので心配いりません。

ですが、射精で飛距離がある方の場合、だいたいが首元あたりに飛んできますが、角度によって髪に飛んでしまう場合があります。

シャワーできない時は、髪がカピカピになってしまいます。

【狭射】自体AVの世界のことだと思いますので、多くの場合が【狭射】までいかないとは思いますが、もしパートナーが求めてきた場合は射精の際に気をつけて下さいね。