【動画解説付き】男が萌えるパイズリのやり方

全てのページはこちらサイトマップ

【パイズリ】巨乳フェチの究極の悦楽!

【動画解説付き】男が萌えるパイズリのやり方

パイズリとは、女性の胸の谷間に男性器を挟んで刺激する行為です。


パイズリのルーツは古く、18世紀のフランスに遡ります。

この頃、少女や幼女好きだと言われていたルイ15世の性癖を直すため、愛人のポンパドゥール婦人がパイズリを行なったのだとか。

ルイ15世はかなりの胸フェチだったそうです。


フェチには色々ありますが、大きく分けて胸が好きか?お尻が好きか?といった分類で、話の種が尽きませんね。

基本的に胸が好きな男性にとって、パイズリはたまらない行為でしょう。

巨乳好きならなおさらで、パイズリは究極の悦楽とも言えるほどではないでしょうか。

一般的に、パイズリを好み毎回要求してくるケースは、意外と少ないのではないかと感じます。

もしそういったパートナーなら、よほど胸フェチであると考えられます。

パイズリのやり方

さて、このパイズリですが、意外とバリエーションは豊富です。

  • 仁王立ちの男性の前で膝立ちになった女性が行うパイズリ
  • 椅子に座った男性の前で、床に座って行うパイズリ
  • 仰向けに寝た男性の上に乗って行うパイズリ
  • 女性の上で、男性が馬乗りになるパイズリ
パイズリのやり方以前に、パイズリをする際には、第一条件として多めの唾液かローションが必須です。


仁王立ちの男性の前で膝立ちになった女性が行うパイズリ


1番オーソドックスなパイズリのやり方が、仁王立ちの男性の前で膝立ちになった女性が行うパイズリでしょうか。

多くは男性が主導権を握って、腰を振るパターンが多いかと思いますが、このパイズリの体勢は、お互いに自由に動けるため、女性も思ったように刺激してあげることができます。

女性がペニスを挟んだバストごと両手で挟み、自分で胸を動かします。


※以下の画像をクリックすると、別ウィンドウで動画が開きますので、動画を見たら、ページを閉じてこちらへ戻ってきて下さいね。

パイズリのやり方

画像のように縦に動かすのが、最も多いやり方です。

その他、左は上向きに右は下向きに、左右逆に動かしてシゴくのも良いでしょう。

またペニスを包んで揉みこむようにしながら、刺激してあげても良いですね。

椅子に座った男性の前で、床に座って行うパイズリ


こちらも先ほどと同じようなやり方で、パイズリをしてあげて下さい。

女性が自分のバストをつかんでいる姿は、男性にとって大変興奮する様子です。

男性が見下ろす角度になるので、顔を見てあげると上目遣いになりより欲情する光景となるでしょう。

また、時々くるくると回すように乳首に当てると、より男性の視覚を刺激できます。

仰向けに寝た男性の上に乗って行うパイズリ


こちらは、少し高度なパイズリのやり方です。

男性の足の間に座り込んで前のめりになり、胸を挟んでパイズリすることもできますが、かなりキツい体勢になります。

※画像をクリックすると、別ウィンドウで動画が開きます。
パイズリのやり方


それに、少しバストが大きくないと余計にやりにくいでしょう。

下の画像のように、手を使わずに体全体を動かしてパイズリしてあげても良いですが、男性のサポートがないとやりにくくもあります。


このように挟めるくらいの胸の大きさも必要ですね。


※画像をクリックすると、別ウィンドウで動画が開きます。
パイズリのやり方

女性の上で、男性が馬乗りになるパイズリ


こちらの場合は、女性はほぼ何もできません。男性が自分で腰を動かす必要があります。

※画像をクリックすると、別ウィンドウで動画が開きます。
パイズリのやり方


またそそり立つペニスが、ピョコンと上向きに外れてしまいやすいので、女性が固定すると同時に、男性が自分でペニスの根元を押さえておく必要もあります。

パイズリしながらフェラチオ

他にも、パイズリしながらフェラチオを行う【パイフェラ】と言われているやり方もあります。

ただし、これはどんなにやり方を研究しようが、あまりうまく行うことはできません。

よほどペニスの大きい場合や、お互いの位置関係、女性がかなり下を向いて固定する必要があるので、長くできる行為ではありません。

でも頑張れば、亀頭を咥えたまま胸を動かすことで、どうにかすることもできるでしょう。

挑戦して、パートナーを喜ばせてあげるのも良いですね。

パイズリは幸福感を欲する男性の本能

パイズリの一番の魅力は、男性が1番気持ちいいペニスで柔らかい胸の感触を味わったり、女性の表情を眺めて楽しむことと言えるでしょう。

おっぱい星人や胸フェチの男性からすれば、もっとも好きな部分で挟まれている光景を見るのは、至福の喜びです。

幸福感を得たいという男性の本能の表れですね。

遊女の指南書のパイズリのやり方

ちちの大けなるおやま、両ちちに挟み、其の中にまらを入れる。中々に気遣らねば心得て両ちち持ち、ちち底までまら入れず、指をまらのつけ首つり皮に当て、ちちと一緒に擦り上げるなり。

(乳房での交合を欲する男の場合、乳の大きな女郎は、両乳房を手で挟み、その合わせ目に男根を入れる。なかなか射精に至らない時には、女は技法を用いて、乳房間の底部まで男根を入れずに、指を男茎の亀頭部裏の包皮小帯に当てて、乳房とともに擦り上げる。)


出典:江戸の性愛術

当時の名称は、パイズリではなく『紅葉合わせ』『乳房淫』と呼ばれていたそうです。

この遊女の指南書でのパイズリのやり方では、イカせるためには指でペニスの裏筋を擦るとあります。

しかし、パイズリ自体そこまで現実味のある性行為とは言えないので、無理にパイズリを行う必要はありませんし、射精させようとまで頑張らなくても大丈夫です。

あなたは遊女ではありませんね。男性がよほど求めてこない限りは、決して自分からしないように気をつけましょう。変な勘違いをされてしまいます。

ちなみに、管理人紗江は巨乳ではありませんが、2~3度パイズリをした記憶があります。

感想は・・・とにかく、摩擦で胸の谷間が痒い!それしか覚えていません。


併せてご覧下さい。