チクチクするアンダーヘア

全てのページはこちらサイトマップ

下着からはみ出るチクチクしたアンダーヘアの先端。小学校の時の男子の水泳帽から出る短い髪の毛を連想してしまいませんか?

せっかくいい雰囲気になっても、下着に手を伸ばされ、毛がチクチクとはみ出ていたら・・・?やっぱり「 ん? 」と感じてしまうに違いありません。

いざクンニの時も、唇や鼻辺りにアンダーヘアがチクチク突き刺さるのは、お手入れ云々以前の問題ですね。

鋭利になったチクチクアンダーヘアは・・・

チクチクするアンダーヘア
現在からさかのぼって、江戸時代。
その頃、吉原の花魁(おいらん)という遊女たちも、アンダーヘアのお手入れをしている浮世絵やその記録が残されています。

身売りする立場上、お手入れは万全に行う必要があります。当然商売ではなくとも、パートナーに対する最低限のエチケットは必要ですね。

アンダーヘアが密集していると挿入する際に、男女問わず支障が生じます。

  • アンダーヘアを巻き込み男性の亀頭を傷つける
  • 膨張している亀頭の皮膚に、チクチクしたアンダーヘアの先端が突き刺さり傷になる

当時の遊女小屋では、特に警戒している事で、アンダーヘアの先端が鋭利になるためカミソリで剃る事はしなかったと言います。

遊女のチクチクアンダーヘアのお手入れ法

当時の遊女小屋でのアンダーヘアの脱毛方法は、以下の2種類が行われていました。

  • 毛抜きで抜く方法
  • 軽石を使って陰毛を挟み擦切る方法

そして、その後アンダーヘアの尖った先端を線香で焼いて、丸く・短くしていたと言います。

男性の亀頭はとってもデリケートです。男性に対する配慮がその頃から行われていたのには、驚きますね。

チクチクを解消して柔らかアンダーヘアに

大昔の江戸時代から、チクチクする鋭利なアンダーヘアの先端にまで気遣われていたという事がわかりました。ですがまさかお線香でアンダーヘアを焼くなんて行為なんて、怖くてとてもできるものではありませんね。

そこでおすすめするのは、アンダーヘアの先端を焦がして、毛先を丸くさせるお手入れ用のグッズの使用です。

仮に何も言わずにクンニをしてくれたとしても、下に当たるチクチクした感触では下半身も萎え気味になってしまわないとも限りません。チクチクする感触では、長くクンニしてもらう事もできません。丸いふわふわな毛先にする事で、男性も大喜びするでしょう。

ヒートカッターで、先端を丸くしてチクチク解消。何も気にせず、セックスに没頭しましょう。

女の身だしなみとして、最低限の配慮は必要です。



ムダ毛お手入れおすすめ商品はこちら
ムダ毛おすすめ商品