締りが悪くなる?バルーン現象

彼や男性に「膣の締まりが緩くなった」と言われたことはありますか?

SEX中、急に膣の締りが悪くなり男性が気持ちよくなくなるという事があります。

その時までは膣が締まって気持ちよかったのに、何故急に膣は緩くなってしまうのでしょうか?

締まりが悪くなる現象を、バルーン現象と言います。なぜバルーン現象が起きてしまうのでしょうか。

締りが悪くなる?バルーン現象

締りが悪くなるバルーン現象で悩んでいる女性

女性のカラダは本当に神秘的。自分では意識せず、膣内で起きる変化。

締まりが悪くなるバルーン現象は、女性に備わった生殖の本能の働きです。

女性が本当に快感を感じているという証拠とも言われています。

締まりが悪くなる『バルーン現象』は、膣の中が膨らんでしまう現象で『テンティング現象』とも言います。

男性にとっては、締りが悪くなり摩擦が減少。

気持ちいい感覚が薄れてしまうので『ロストペニス』とも言われています。

女性にとって締まりの悪い膣は、よいことではありません。どれどころか、体に欠陥があると言われるようなもの。

また、パートナーが自分の膣で気持ちよくなってくれないのはとっても辛いものです。

私の膣ってガバガバ?!と自信さえ失います。なぜ膣の中が膨らんでしまうのでしょう。

バルーン現象は動物的本能の働き

動物的な本能であるSEXの目的は、”子孫を残す”という事ですね。セックスは快感を伴うので、誰もが快感を楽しむためにセックスをします。

快感が伴わなければ、いくら子孫は残すべきものとはいってもすすんでセックスしようとは思いません。

生物の子孫を残すためのメカニズムは本当に凄いもの。子孫を残す行為をさせるために、SEXは気持ちのいいものとなっているのですね。

実は、人間だけでなく動物でさえ快感を得ているのです。

そして、バルーン現象は自分で意識してできる変化ではありません。

女性の膣内とポルチオが勝手に動くバルーン現象。

言えば、濡れるか濡れないかと同様。自分で操作できない体の変化。

セックスは『脳が感じている』…証明されたも同然ですね。

バルーン現象を起こす女性の神秘

女性=メスは膣を入り口にして精子を受け入れ、体内に命を宿します。

常にメスのカラダは精子を求めています。

SEXでオスとメスが共に感じると、オスのカラダはメスへ種を植え付けようとします。それが射精ですね。

メスの方も、精子を受け入れる準備に入ります。精子を受け入れるのは子宮ですよね。

子宮は精子を求め、意思とは関係ない動きをすると言います。

バルーン現象の時の変化

バルーン現象の時のポルチオの変化

バルーン現象の時の変化は、以下のようなものです。

  • 快感を感じると、子宮は傾きを変える
  • 出された精子を全て飲み込むために、子宮が下に降りてくる(ポルチオが伸びる)
  • 膣の三分の一が締まり、三分の二が膨らみ、精子を溜めるべく”器”を作る

膣を広げて”器”に精子を溜め、角度を変える。さらに伸びて下へ降ろした子宮が精子を飲み込む。

上の画像のように、射精された精液が子宮頸部の前の壁にあたって落下し、精液のプールを作り出します。

そして、子宮がその精液を吸い上げるという動きを見せます。

女性のカラダ・女性の膣はそうプログラミングされているのですね。

バルーン現象にしようとする意識がないはもちろんのこと、膣が広がっているという感覚も女性には全くわかりません。

ちなみに紗江が感じてくると、バルーン現象を起こす時があります。その時、ポルチオにコリコリとペニスがあたります。

そして紗江がイクと、膣がペニスを引き込むような動きをするのだとか。

まるで膣自体が意識をもっていて、ペニスから精子を搾り取っているようだと彼が言っていました。

これも、膣の起こす自然現象が本能レベルで感じているという証拠なのです。

なので膣がバルーン現象を起こしたら、男性は本当に感じさせているとドヤ顔をしてもいいのかもしれません。

バルーン現象の変化は、生物学者ロビン・ベイカーが行なった研究結果で言及しています。

男性のペニスにファイバースコープを取り付けて、膣内部の変化を観察した結果です。

ちなみにバルーン現象が起きている時、ほとんどの確率で『チナラ』が出ます。

バルーン現象はオーガズム?

バルーン現象は膣が本能レベルで感じているとはいえ、オーガズムを感じているわけではありません。
つまり、イクこととは全くの別物です。

これも、動物的な生き物としての観点から考えればすぐにわかりますが、オスは射精をしなければメスに種を植え付けることはできません。

逆にメスは、体に命を宿すためには準備が必要で、定期的に排卵をしますね。

まず、子宮内部を綺麗に掃除し(それが生理です)排卵をして精子を待ちます。

そう。メスはイク必要のないカラダなんです。

イクという事をしなくても、カラダの中で準備を始めるのです。

発情期の動物が、オスを呼んだり誘ったりするのはそのためです。「準備ができたよ。さぁ精子をちょうだい」とカラダが求めているんですね。

人間でも個人差がありますが、生理前や生理中・生理後、無性に性欲が出るのは、精子を受け入れる準備を始めているカラダが、ホルモンを分泌する事によって精子を求めるからなんですね。

バルーン現象の根本はそういう部分にあるんです。

上記のことから考えて、イキにくい女性が多いのはイク必要性がないからだと言えます。

だから、イケない女性がイクにはレッスンが必要なんですね。

バルーン現象の時のSEXはポルチオイキに最適

バルーン現象になると、男性にとっては膣の締りが悪くなり気持ちよさも半減するかも知れません。

ですが、バルーン現象でポルチオが亀頭にあたる快感はものすごいのだとか。

子宮が降りてくるので、ペニスの先に意識を集中すれば、コリコリとした子宮口をいつもよりはっきりと感じられると言います。

ですから紗江の彼は、イキそうになるのを我慢したい時、ポルチオにあたらないように浅くピストンします。

また膣に締め付けられて摩擦があるのとは比べ物にならないかもしれませんが、興奮度がアップすると言っています。

  • バルーン現象で降りてきたポルチオが亀頭にあたる刺激
  • 相手がとても感じ、感じさせている満足感

バルーン現象は、締まりが悪いといって気にする必要はないのですね。

またポルチオ開発された女性は、大変な快感を感じます。

ただ全ての女性が感じるわけではありません。

子宮は開発が必要ですし、とても繊細な場所なので、女性全てが気持ちいいとは限らず痛がる場合もありますので、喘いでいるからと言って、感じているわけではありません。

男性は充分に気をつけてあげて下さいね。

あそこの締りのあれこれTOP

男は知らない!実は不満を感じている女性!ポルチオで究極の快感を与え離れられなくする方法 AV女優直伝のポルチオでイカせる方法〜衝撃映像はこちら〜
誰も知らない快感スポットでイク ザ・シークレット・ゾーン (北条麻妃)
イケない方でもイケるアダルトグッズ揃ってます オーガズムを感じたい女性がイケるグッズ安心通販