ソフトSMプレイを刺激的に楽しむ

全てのページはこちらサイトマップ

ソフトSMプレイをちょっぴり楽しむ

ソフトSMプレイを刺激的に楽しむ

ソフトSMとは、「痛みを伴わないSM」です。
痛みを伴ってしまうと、もうそれは「ソフトSM」ではなく、「SM」になってしまいます。

こちらでサドとマゾについて詳しく書いてありますが、サドとマゾのSEXの楽しみ方の延長上にソフトSMプレイは成り立ちます。


SEXがマンネリ化してきたカップルや、何かもっと刺激的なことがしたいなと考えている人には、ソフトSMプレイは最適な遊びです。

SMプレイなんて怖いと思う人もいるかも知れませんが、少しは興味ありますよね。

そういうソフトSMをした事がないという初心者の人に、ソフトSMプレイのやり方をご紹介したいと思いますよ。

ソフトSMプレイ 【その1 目隠し】

目隠しは、ソフトSMプレイの入り口にあたるプレイです。
人の感覚である五感。視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚
SEXはその五感を全て使い、伝え、感じる事のできる行為です。


そのうちのひとつ、視界を奪われると、他の感覚が一気に研ぎ澄まされる事になります。


何も見えないのは、とっても不安ですね。

でも、その不安が快感を増長させ、あなたの中にあるM【マゾ】の性質が「支配されている」事をもっと大きな快感へと導いていきます。

目隠しをされて、暗闇の中で愛撫されると思うと少しゾクゾクしませんか?

  • 彼の息遣いが聞こえる。聴覚が敏感になり、その息遣いがとってもセクシー。
  • かすかに彼の匂いがする。いつもとは違った感覚で彼を感じる事ができます。
  • いつどこを触られるのかわからない期待。触覚は一気にマックスに。
  • 彼のキスの味。彼のガマン汁の味。今までよりももっと感じます。

もちろん、あなたが目隠しをされるだけでなく、彼にも目隠しをしてみましょう。

彼への目隠し

  • 身体は、触れずにどこにいるのかわからないようにします。
  • 息を潜めて、意外な順番で唇を近づけます。耳に次は膝に、次は肩に。相手は視界を奪われているので、次はどこにくるのかわからないので、吐息が近づいた時にはビクンとなってしまう程の快感を得ます。この段階ではまだ唇も触れないで下さいね。
  • 唇や指を使って、触れるか触れないかくらいで、肌を撫でます。何かが首筋を撫でたと思ったら、息が腰に・・・腕に吐息がかかっていると思ったら、乳首に何かが触れる・・・そうしているうちに身体をよがらせながら、彼のペニスはもう大きくなっているでしょう。
  • そうしながら、不意をついて、激しいキスをしたり、乳首にいきなり吸い付いたり、ペニスを一気に咥えてみて下さい。彼の快感も一気にMAXです。もうあなたに入りたくてたまらないようになっていますよ。
  • でも、まだです。もう少しじらしましょう。身体を密着させ、全身で愛撫もして下さい。舌を使って、あちこちを舐めたり、触れたり、そしてまた身体を離してどこにいるのかわからないようにします。

そんな事を少し繰り返しながら、愛撫してあげると彼の身体はいつもとは違った感覚に大喜び。
大事な事が2点あります。

  1. 初めは触れられているのかいないのかくらいにする。
  2. そして、徐々に強弱をつけ、最後は物凄く激しく です。
    • ただし、ソフトSMプレイの目隠しは、初心者ではあまり長くしてはいけません。あまり長くしていると彼も萎えてしまいます。暗闇に入って最初は真っ暗で何も見えないけれど、徐々に目が慣れて薄っすら見えるようになるのと同じで、感覚が戻ってくるからです。紗江のおすすめは5.6分くらいといったところですね。もちろんソフトSMプレイに慣れてきて、次から次へと違った快感を味あわせる事ができれば、もっと長く楽しめますよ。

      ソフトSMプレイ 【その2 拘束】

      手足が自由に動けないのも、目隠し同様不安になります。


      そしてその不安が、やはり快感を増長させてくれます。
      自由に動けないという事は何をされても逆らうことができない状態ですよね。


      支配されている快感。M【マゾっ毛】のある彼は、あなたのなすがままです。そしてS【サドっ毛】のあるあなたは、支配している悦びを得て、二人で一緒に興奮の渦の中に入り込めるでしょう。


      手を拘束するのは、よりリアルさを求めるなら大人のおもちゃの手錠やロープでもいいですし、少し細長いスポーツタオルや、ラブホテルならバスローブの腰紐でも活用できますね。

      • 拘束した手を、ばんざいの形で上に上げさせて、ぐっとあなたの手で押さえ固定しながら乳首を激しく責める。
      • 横向きにさせて、肩や背中・腰・お尻を舐め回す。
      • 手を縛った状態で四つん這いにさせて、後ろからアナルや睾丸を舐めてあげると、恥ずかしさも加わって、一段と気持ちよくなるでしょう。
      • 少し恥ずかしいかも知れませんが、できる人なら、彼の顔にまたがって、あそこを押し付けて腰を振ったりしてみましょう。彼は、拘束され舐めさせられている精神的なマゾの快感で満たされます。
      ただし拘束している手首が、痛くないかどうか気をつけて下さい。
      ソフトSMは、痛くないSMです。痛い事により、彼の気持ちも身体も萎えてしまう事になるので、注意して下さいね。

      ソフトSMプレイ 【その3 甘噛み&指責め】

      彼の身体のあちこちを甘噛みします。
      そして、指の腹で(爪をあてるのはダメです)擦るような感じで、きつく移動させます。
      背中なんて効果的ですね。
      感じる場所はひとそれぞれですが、こちらを参考にして下さいね。

      気をつける点は、やはり痛くない程度に噛む事です。上記と同じように、痛みを伴うと気持ちいいどころか、逆に腹を立ててしまいますので要注意です。

      ソフトSMプレイ 【その4 言葉責め】

      ソフトSMプレイで一番必要なのは、お互いの関係が主従関係にある事です。


      どちらかがどちらに従わなくてはならない。
      それが、S【サド】とM【マゾ】の関係性なんです。

      お互いにそれを理解しないとできないのがソフトSMプレイですね。
      支配している快感・支配されている快感やスリルを互いに味合う事により、肉体的な快感を得る事ができるんですね。


      ソフトSMのプレイの中で、拘束する事と同じくらい影響を与えるのが、言葉責めです。
      吐息交じりの甘い声で、そっと囁いてあげて下さい。
      「声」は「音」ですよね。
      そして「音」は「振動」です。
      低い音の振動は、直接身体に響きやすいので、彼の感覚に影響を与えます。
      ですから、できるだけ低めのセクシーな声で囁く事をおすすめしますよ。

      • 「どうしてこんなになってるの?」
      • 「ねぇどうされたい?」
      • 「こんなことされて気持ちいいの?」

      こんな感じの甘くやわらかくゆっくりとした囁きで、彼をもっと感じさせてみましょう♪

      よっぽどのM【マゾっ毛】がない限り、上記以上のキツい言葉はNGですよ。
      「こんなに立てて、誰がいいって言った?」
      「こんなみっともない格好させられて、恥ずかしいと思わないの?」なんて言った日には、彼との楽しいソフトSMライフは、もうその時点で終わりになってしまいます。
      男性のプライドを傷つけるような言葉は絶対言ってはダメです。

      ソフトSMプレイ 【その5 プレイのための大人のおもちゃ】

      男性が、おもちゃを好むか好まないかは、かなりの差があると言えます。


      嫌いな人は、本当にそんな事されても・・・という状態になるので、初めにお互いで話し合う必要がありますね。

      でも、自分用のローターくらいなら、軽めに責めることができるので、あなたを責めてもらっている時に、彼に少し試して見るのもいいかも知れません。

      女性と同じく男性もデリケートなので、プレイ中 ローターをグリグリ押し付ける事は絶対にNGです!

      あなたがローターを使って、きつく押し当てられても気持ちよくないように、そっと肌にあてるだけでいいんです。

      最初は弱からはじめて、触れるか触れないか程度で、乳首や股の周辺・アナルなどを刺激してあげましょう。
      間違っても、振動しているローターを激しく揺らすような意味のない事はしないで下さいね。
      勘違いしている男と同じになってしまいます。

      目隠し以降、男性への責め方になってしまいましたが、逆も全く同じです。
      彼にソフトSMで責めて欲しくなったら、この記事を見せてあげて下さいね。とは言え、なかなかそれもできないと思いますので、あなたが先に彼を責めて、同じように責めて欲しいとお願いしてみて下さい。



      エッチ可愛い大人のおもちゃ館TOP

      下記もご覧下さい。

      クンニしたがる男は【サド】なのか?