【衝撃!】クリイキとGスポットでの中イキは実は同じ!?

クリトリスではイケるけどGスポットではイケない

【衝撃!】クリイキとGスポットでの中イキは実は同じ!?

クリトリスではイケるけど、中イキできないという女性の割合は高く、多くの方がそれで悩んでいます。

一人エッチでも、クリトリスへの刺激は自分で簡単に行えますが、Gスポットへの刺激はそう簡単に得られませんね。

膣の内部を自分で刺激するのはなかなか難しいものです。

多くの方がGスポットで感じたいがために、Gスポットを刺激できる大人のおもちゃを探し購入しますね。

当サイトでは、Gスポットで中イキするためのアダルトグッズを2つおススメしています。

こちら2つのバイブには、クリバイブが装着されているので、Gスポットを刺激しながらクリトリスも刺激できます。

クリトリスでイクにもGスポットでイクにもかなり有効な大人の玩具となっています。

Gスポットは実はクリトリスへの快感だった!?

クリトリスの全貌はこちらで解説しています。

目に見えるクリトリスはただの一部分であり、クリトリスは本来もっと大きな器官です。

ペニスの亀頭にあたる先端の突起だけではなく、小陰唇から膣壁まで2本の足のように伸びている神経の集合体が、クリトリスだということがわかっています。

クリトリスは、8000本の快感を得る神経が集まっているとも言われています。その神経の数はオトコのペニスの約2倍なのだとか。

そして、Gスポットでの快感は、実はクリトリスの快感かも知れないのです。

ペニスの亀頭と同じ器官と言われるクリトリスは、膣内のGスポットの裏部分にあり、【Gスポットでイク】というのは、中イキではなく【クリトリスでイク】と同じであるとも言われています。


Gスポットは膣内ではなく、実は膣壁の外にあります。


Gスポットでイクというのは、男性で言えば亀頭ではなくサオの部分だけを刺激してイクという事を意味しているのです。


男性が、亀頭やカリ部分を刺激せずサオだけの刺激でイクのは、きっと容易にできることではないでしょう。

サオだけをいくらシコシコしたとしても、イクことはできません。


よって、オンナがGスポットではなかなかイケないというのは、仕方のない事なのですね。


亀頭にあたる先端部分を刺激してあげないと、オーガズムを得ることは難しいのです。

だから言い換えれば、クリイキできる人は【Gスポットでイッている】=【中イキしている】のと同じ状況なのです。

自分が中イキできずとも、そこまで悩む必要はありません。

Gスポットイキは中イキではない

よってこのことから、実は『Gスポットでイクのは、中イキではない』という可能性が高まります。

Gスポットでイッていたとしても、本当はただのクリイキだということなのかも知れません。


最高のオーガズム・ポルチオイキは、脳の神経に到達する迷走神経へ影響を与えると言われています。


ただポルチオでイクという事は、容易くできるものではなく、無理な刺激を加えると痛みの元にもなります。

出血してしまう原因にもなってしまいますので、むやみに刺激しないようにしましょう。

管理人紗江がポルチオイキできたのも、経験を重ね・出産し子宮が柔らかくなったからという可能性も充分にあります。

クリトリスでもポルチオであっても、イクという事に拘らず、愛している人に抱かれる喜びに集中することが、最高のSEXになるでしょう。

合わせて読まれています。