Gスポットが感じない!不感症を改善するためのとっておきの治療法って?

全てのページはこちらサイトマップ

中イキでスタンダードなオーガズム『Gスポットイキ』。

Gスポットはポルチオの快感を知らない女性でも比較的感じやすいと言われていますが、世の中にはGスポットが感じない女性がいます。

Gスポットが感じないからといって、不感症であるとは断言できません。

ですがそれを不感症と言うとすれば、とっておきの治療法があります。その治療法は、Gスポットを隆起させる女性器整形です。

Gスポットが感じない!不感症を改善するためのとっておきの治療法

Gスポットが感じない不感症が改善した女性

Gスポットを隆起させる女性器整形を行う『本田ヒルズタワークリニック』。

女性器整形専門『本田ヒルズタワークリニック』の本田総院長が、Gスポットをはじめ女性器の悩みを解決へ導いてくれます。

本田総院長にインタビューを行なった内容含め、Gスポットの不感症治療できる女性器整形について詳しくお話したいと思います。

Gスポットの不感症治療【Gショット】

女性器整形と言えば、かなり怖い印象を持つかもしれません。しかし大きな整形を行うのではなく、簡単に言えば『プチ整形』です。

不感症治療【Gショット】は、Gスポットにヒアルロン酸を注入しGスポットを隆起させる治療法。

【G-Shot®】は、『本田ヒルズタワークリニック』の登録商標です。

ヒアルロン酸注射は、多くの方がご存知の通り『切らない整形』ですね。

元々はヒアルロン酸は体内にあるもので、美肌に敏感な女性はすでにご存知でしょう。お肌のハリや弾力・保湿性を保たせているヒアルロン酸は、加齢によって自然と減少するものです。

加齢によって出てきたほうれい線や目尻のシワをふっくらとさせる目的で、多くの人気を集めていますね。

女性の美に必要で安心な成分をGスポットに注入し、Gスポットをふっくらとさせます。

なぜならGスポットの位置はかなりの個人差があり、絶対にペニスとあたるとは限らないからです。

Gスポットの不感症になる?考えられる理由
Gスポットが感じないのは不感症?本当は●●だった!衝撃の理由

挿入で感じない不感症はGスポットがあたらない原因

ペニスがあたらない場所にある可能性のあるGスポットが感じない女性器

本田先生は、こうおっしゃられています。

通常よりも恥骨が立っている女性は、Gスポットの位置が違う可能性があり、第二関節を75度折り曲げないとあたらない場合があります。

盛りマンと言われる女性です。盛りマンでお悩みの女性も多くいらっしゃいます。

盛りマンの見た目を好む男性もいますが、不感症となれば大きな問題です。

大きく指を曲げなければいけない状態でも、指での刺激ではなんとかすればあたるかもしれません。

しかし普通にペニスを挿入するだけでは、当然Gスポットにはあたりませんね。

スウィング機能のある大人のおもちゃで刺激して感じるのにセックスでは感じない女性は、この可能性が考えられます。

  • 肩が凝っているのに、ツボではない部分を一生懸命指圧治療している
  • 痒い場所とは的が外れた場所を掻いている
  • 唇でキスしたいのに、ずっと頬に口づけしている
  • 乳首を舐めて欲しいのに、乳房や乳輪を舐めている

Gスポットにあたらないのは、これらと同じ状態です。こんな状態では、当然イライラします。もっと不感症が悪化してもおかしくないでしょう。

Gスポットが感じない不感症治療を行う本田クリニック本田医師

また本田先生独自の治療経験により、女性の膣は大まかに4種類に分類されるのだとか。詳しく解説していただきました。

そうなると、イキやすいイキにくいの体質があると言えるのかもしれませんね。

実はオナニーではGスポットもしっかり感じ中イキできるのに、セックスでは中イキできない女性もいます。

不感症でのセックスは、苦痛を感じるだけという女性も多い現実。セックスはパートナーとの大切なコミュニケーションです。苦痛を伴えば、2人の間に溝をあけてしまいかねません。

本田クリニックの【Gショット】でGスポットにヒアルロン酸でふっくたさせ『Gスポットの感じる範囲を広くする』という効果があるのです。

Gスポットが感じない不感症は密着不足の原因

セックスの快感は、ペニスと膣内の摩擦です。

摩擦の少ない状態は、不感症を引き起こす可能性があります。考えられるの原因は2つ。

  • パートナーのペニスの大きさ
  • 膣の締まりの悪さ

この原因2つが同時に起これば、当然密着度も薄れますね。いわゆる『緩い・締まりが悪い』という状態です。

本田クリニックの【Gショット】は、Gスポットだけではなく膣をふっくらさせてペニスとの密着度を高めます。

Gスポットの不感症だけではなく、膣の入り口をふっくらさせると挿入する時から締め付けが高まり、快感を得られるのです。

【Gショット】のGスポット不感症治療施術の例

本田先生が【Gショット】を施術されたのは、4000人以上。日々、不感症の女性の治療にあたっていらっしゃいます。

本田先生の元に来られる女性は、さまざまな悩みを抱えていらっしゃいます。

  • セックスで感じたことがない不感症に悩んでいる。
  • 中イキをしたことがない/してみたい
  • まるでAVのように演技をしてしまっている
  • 演技をしているのがパートナーに申し訳ない

このような動機で、日々ご相談者が絶えないのだとか。

年代はさまざまですが、出産後の女性やアラサーアラフォーアラフィフの女性も多いようです。

出産後のマタニティブルーが長い期間続く女性もいますね。産後クライシスにまで発展してしまいかねません。

それだけではなく、閉経近い女性のホルモンバランスの乱れによる性交痛や、カップルや夫婦のマンネリ・倦怠期。多くがセックスレスを引き起こす原因にもなります。

円満夫婦は、多くの場合お互いに努力を行なって定期的なセックスを継続しています。

また本田先生は、不感症治療だけではなく以下のような女性も来院されるとおっしゃられています。

不感症改善の声

本田先生は【Gショット】施術によって、不感症だけではなくさまざまな効果の声があがっているといいます。

  • 不感症が改善し、Gスポットでのオーガニズムが増した
  • セックスへの嫌悪感がなくなり、セックスレスが解消した
  • セックスが快感になり、セックスに積極的になった
  • 不感症改善だけでなく、潮吹きできるようになった

もちろん個人差がありますが、さまざまな不感症治療の効果を多くの女性が実感しています。

また本田先生はこうおっしゃられています。

膣壁前方上部にあるスキーン腺と呼ばれる器官が性的興奮を感じた時に、挿入をなめらかにする分泌液を出しますので、施術によって濡れやすくなる効果もあります。

濡れにくかった女性でも、Gスポットでの感度上昇により濡れやすくなったという例もあるのですね。

Gスポットの感度を上げると、愛液不足の女性にとってもいい効果が得られるかもしれません。

Gスポットの不感症治療【Gショット】施術について

Gスポットの不感症治療【Gショット】は、簡単に行えます。

  • Gスポットの位置を探す
  • 施術の麻酔の痛みを回避する麻酔
  • 局部麻酔をして、ヒアルロン酸を注入する

施術の痛みは、2段階の麻酔を行うのでほとんどありません。施術時間は、たったの5分。

たったこれだけの簡単整形。施術後のダウンタイムは、たった1日。翌日にはセックスが可能です。

鎮痛剤や化膿止めの薬も処方してくださいます。検診のために再来院する必要はありません。

ただしGスポットへ注入したヒアルロン酸は、体内に吸収され時間が経過すれば元に戻るのだそうです。顔へのヒアルロン酸注入と同じですね。

ですから、予算に応じてショートバーション・ロングバージョンを選択できます。

『本田クリニック』では、Gスポットの不感症治療【Gショット】だけではなく、名器を作り出す【Mショット】という施術も行なっています。

そしてなんと不感症治療【Gショット】を受けた女性の9割が、再施術に来院されると言います。

不感症治療【Gショット】はまず相談の上で

本田先生は、元々男性器の整形に携わっていらっしゃったそうです。その数は数万人。

そんな中、不感症をはじめその他多くの女性器の悩みの問い合わせも入ることもあったのだとか。

しかし、女性器整形専門の医師もクリニックも日本には1人もいない状態。そこで23年間女性器整形を行なっているアメリカのDr.マトロックの技術を学び習得。

Dr.マトロック公認の日本初女性器専門『本田ヒルズタワークリニック』を開院なさいました。

本田先生はおっしゃいます。

日本人女性がいかに、自分のためではなく、常に相手のために、相手を意識してセックスをしているか、とういうことを知りました。私はそのことの是非を問う立場にありませんが……

“相手ありき”のセックスをする日本人女性のニーズに合うようにと、試行錯誤の結果、Mshotを独自開発。

Gshotと同様に女性器にヒアルロン酸等を注入するものですが、名器と呼ばれる形に仕上げます。

種類は6つあり、組み合わせることが可能です。

カウンセリングから、これらGshotやMshotを予算に応じていかに組み合わせて施術するかを導き出すのです。

【Gショット】の再施術はもちろん、【Mショット】で快感が高まると、パートナーとのよい関係を築けます。

また締まりがよくなるため、男性側も締め付けを強く感じるのは当然ですね。

不感症治療【Gショット】を施術してもらえる『本田ヒルズタワークリニック』は、全国に10箇所あります。

  • 札幌
  • 青森
  • 東京
  • 名古屋
  • 金沢
  • 京都
  • 神戸
  • 岡山
  • 福岡
  • 那覇

不感症治療のため診察へ行って、すぐに施術となるわけではありません。

まずは、予約の上で無料のカウンセリングを行います。カウンセリングは、全て本田総院長直々に行なっています。

女性器専門の美容外科医にしかわからない知識はもちろん、今までのさまざまな施術の経験を通して、女性の体を熟知している本田先生だからこそカウンセリングができます。

悩みや予算に応じた提案をしてくださいます。

そして【Gショット】も【Mショット】施術も、全て本田総院長が行います。

カウンセリングとは違う人物が行なって失敗する例は、美容院などごく通常に日常生活に溢れていますね。

『本田クリニック』がどれだけ信頼性ある美容整形専門なのかが、わかるでしょう。

最後に、本田先生に一言いただきました。

Gスポットが感じない不感症治療を行う本田クリニック本田医師

男は本当に単純なんです。

たかがセックスと思うでしょうが、名器に出会ってしまったら、自慰を覚えたての少年のように求めてしまう。

GshotやMshotを求める女性たちは、男のそれがわかっているのでしょう。

だから、『自分が今の快楽を得るため』ではなく、相手を惹き寄せて離さない女性器を作ることが先決なのだ、と。

うちに来る女性たちの多くは、共通の目的を持っています。

お金持ち男性をお持ち帰りして虜にし、玉の輿に乗りたい人。セックスレスから脱して、夫の浮気を疑うストレスから解放されたい人。

結婚に踏み切れない彼氏の背中を押したい人など事情は様々ですが、彼女たちに共通するのは、”相手が100%自分だけを向いていることが幸せ”という事。

それが叶えば、相手との関係は円満になり、自分自身の幸せにつながるのですから

セックスレスに悩むママ友の口コミで来院するアラサー・アラフォー女性もちろん、独身のOL女性の施術者が増加しているのだとか。

施術を行なっても、男性に対して『膣トレ』していると言えばそれで問題ないという女性が多いと言います。

不感症改善に導く【Gshot】や【Mshot】のプチ整形。

相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

不感症改善に導く女性器整形 本田先生への無料相談はこちら


女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
もっと濡れるための女性用サプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
活力ある男性に強力サポート! 1日中元気でいたい男性用サプリメント
誰も知らない女の快感スポット ザ・シークレット・ゾーン (北条麻妃)