【膣の入り口でイク】ためのコツって?

全てのページはこちらサイトマップ

女性器の性感帯でも、さまざまな場所があります。

ペニスが挿入される入り口でありながら、なぜか見過ごされてしまいがちな【膣の入り口】。


実は膣の入り口でも、感じることもイクこともできます。そして、膣の入り口でイクためのコツがあるのです。

膣の入り口って感じるの?

【膣の入り口でイク】ためのコツって?

そもそも男性は、膣の入り口への愛撫を疎かにしている場合がほとんどです。


ただよくやりがちな愛撫は、指を入れて縦横斜めに激しく揺らすやり方でしょうか。経験された方もいるかと思います。乱雑に指を動かしたからといって、感じるわけがありません。


そんな動かし方をする男性は、『愛撫』をなぜ『愛撫』と呼ぶのかの意味さえわかっておらず、ただ欲望のまま責め立てているだけ。


そして基本的にオトコは、ピストンをする時ズンズンと奥めがけて強く突いてきます。もしくは、奥まで突かないのはいいものの、オンナを焦らしているつもりになって一人で喜んでいる場合でしょう。


よほど、女性を感じさせるという意識がなければ、膣の入り口を感じさせてくれる行動は起こしません。



膣の入り口は、クリトリスと連動されている場所です。ですから、膣の入り口は大変感じやすい場所でもあります。

ただ、クリと連動している箇所でも、直接的に過敏な感覚を感じるわけではないので、どちらかと言えばジワジワと痺れるような緩やかな何とも言えない気持ち良さを感じます。


もちろん感じ方にも個人差はありますし、感じない方もいるでしょうが、立派な性感帯なのです。

そして【膣の入り口でイク】=【クリイキしている】とも言えます。

膣の入り口で感じる愛撫

膣の入り口でイクには、圧迫しながら触ると効果があります。


とはいえ、クリやGスポット・ポルチオばかりに意識が向いているため、多くの場合男性が膣の入り口の愛撫はしません。


ゆっくりじわっと強く、膣の入り口を愛おしむようにマッサージされると、大きな喘ぎ声が出るような快感ではなく、吐息が漏れるような快感が訪れます。

ただし、膣の入り口を指で愛撫してもらってもそんな簡単にイクことはできません。

パートナーと二人のエッチについて話し合えるカップルなら、膣の入り口でイってみたいとお願いし、ゆっくり愛撫してもらう時間を作って見ましょう。


セックスは男女の大切なコミュニケーションです。お互いがより気持ちよくなるように話し合えたら、もっと快感を感じられるようになり、今以上素敵な時間となります。


普段話しにくいのなら、行為中にお願いしてみるのも良いですね。

ちなみに管理人紗江は、行為中にはそういう言葉を出すのは恥ずかしくて躊躇してしまいます。普段の会話で、「こういう風に舐めて欲しい。こうされると気持ちいいから、後でして。」とお願いできても、なぜかセックス中には言えません。


彼には、「普通逆じゃない?」と言われるのですが、紗江がおかしいのでしょうか。

ともかくどんな時でも構わないので、意思疎通を図るのはとても大切です。

男性は、パートナーを膣の入り口でオーガズムが得られるように、キスしながら、胸を愛撫しながらなど工夫していただきたいと思います。

また、膣の入り口をじんわりとマッサージしながら、クリを優しく包皮の上から刺激してあげ、クリで直接イカない程度にとどめ、興奮度をあげていくのも良いでしょう。

膣の入り口で感じる挿入

膣の入り口への刺激は、ペニスの早いピストンでもイケます。ですが、先ほども申しましたが男はピストンする際、多くが深くピストンしてきます。深く挿入されると奥への刺激が強すぎて、膣の入り口に集中できなくなってしまいます。


ですから、浅いピストンにしてもらうのです。女性の感覚的に言えば、激しいながらも優しいピストンという感じでしょうか。

浅く早いピストンをしてもらうことで、クリへ振動が伝わりじんわりとした快感がカラダを這うように訪れます。

ただ、クリでイクためには時間がかかるように、膣の入り口でイクのもそれなりの時間が必要です。

女がオーガズムを感じるまでの平均は20分と言われており、20分間も男性が浅いピストンを継続できるかと言えば、まず無理です。


延々と同じ動きを続けるのも無理がある上、そんなに長時間ピストンに集中してしまえば、よほどの遅漏でない限り男性の方が先にイってしまうでしょう。

紗江が膣の入り口でイクのは、彼が浅いピストンを繰り返す時です。


なぜ浅いピストンをするのか聞いてみたところ、奥まで挿し込むとイキそうになるから、浅いピストンで我慢しているのだそう。


お互いに見つめあい性器の感覚に集中している時、紗江はもはや喘ぎ声ではなく「はぁ〜。」という気持ちよさを堪能している息が漏れる状況です。

膣の入り口でイクコツは?

膣の入り口でイクためのコツは、やはり集中が一番大切です。

膣の入り口に与えられている刺激をきちんと感じ取らないと、イクことはできません。

膣の入り口の快感をしっかり知りカラダが開発され、その感覚に集中してはじめて膣の入り口でもオーガズムが感じられるでしょう。

でないと、感覚が分散してしまうのだろうと思われます。ブレンドオーガズムという考え方もありますが、膣の入り口は感じにくい場所なので、まずは膣の入り口の感覚をしっかりとわかっていないと、ブレンドオーガズムには至らないような気がします。

個人差はあるでしょうが、紗江は乳首でイク時クリなど他の部分を刺激されていると、乳首よりもクリや膣の感覚の方が勝ってしまいます。まだそこまで上級者ではないとうことですね。

ただ、年々感じる快感が向上しています。やはり女は、年が上がるにつれ感度が増していくのでしょう。

そして一番重要な事は、愛液や潤滑剤でヌルヌルの状態でないと、膣の入り口ではイケません。

膣の入り口を開発するオナニーのやり方
膣の入り口を感じるオナニー開発法