男の射精の感覚はクリイキと同じ?

全てのページはこちらサイトマップ

女のクリトリスは、男の亀頭と同じ器官だと言われています。ペニスもクリトリスも、海綿体という血管の集まりで構成されている器官。

男性のペニス特に亀頭は大変敏感な場所です。そして射精の感覚を聞くと、女のクリイキと同様の意見が多く見られました。

ということは、男性の射精すなわちオーガズムは、女のクリイキと同じような感覚がするのでしょうか。

射精の時の男の感覚

男の射精の感覚はクリイキと同じ?

射精と一言で言っても、感じ方は時々によって大きな差があります。クリイキにも、浅いイキ方深いイキ方があるように、男性も同じなのです。

男性に【もっとも気持ちが良い射精の感覚】がどんな感じかをアンケートで回答していただきました。

もっとも気持ちが良い射精の感覚

  • 快感‥こんなに気持ちのよい事があったのかという衝撃を受けた
  • 全身が脱力して、ふわーっとした感じ
  • 頭の中が真っ白になった感じ
  • 全身に電気が走った後、頭の中が真っ白になる感じ
  • 全身の力が抜けて感覚が射精だけに集中していた
  • 一瞬の光が見え、感無量で倒れ込むように力が抜けていった
  • 恍惚感がものすごく天国にいるよう

一番気持ちの良い射精を見てみると、このような意見があります。

これらの意見は、女性のオーガズムの表現と大変よく似ていますね。亀頭と同じ器官であるクリイキをした際、頭が真っ白になった・体が宙に浮かぶ感じという事はよく言われています。

ある意味、射精の感覚とクリイキは同じような快感だという考え方もできます。

射精の感覚を知りたい

亀頭とクリイキが同じ器官で、イク感覚が似ているのなら似たような快感なのか?男性が、そこまで気持ちが良いと思う快感を知ってみたいと誰もが考えるでしょう。

基本的に男は相手が誰でも構わないから射精したい、お金を払ってでも射精したいと、いつもSEXのことばかり考えています。その点、女は基本的に相手が誰でもいいとは考えません。

『好きな人に抱かれるからこそ、気持ちがいいもの』好きではない男に抱かれるなど考えただけでも、ゾッとしますね。

もちろん男性でも、好きな異性とのSEXとどうでもいい女とのSEXでは感じ方も異なりますし、許容範囲がそれぞれあるでしょう。女でも誰でもいいからSEXすれば気持ちがいいと思っている方も存在しますが、少し例外とします。畑になるか種をまくだけかの違いやその他多くの理由で、基本的に多数派少数派と言えばこうなります。

もし射精がクリイキと同じならば、男の快感を知る事ができるかも知れませんね。

しかし、射精とクリイキには当然大きな差があります。

射精とクリイキの違い

クリの神経は、およそ亀頭の2倍である8000本の快感を得る神経が通っていると言われています。クリの方が敏感であると言えます。

しかし射精の際には、精液が尿道から飛び出します。クリイキをしても、何かが出るわけではありません。射精は放出する行為が気持ちいいのであって、勢いよく出なければ気持ち良さも半減すると言います。

ドロッとしたイキ方です。

結論を言えば、射精の感覚を女が知るなんて不可能ですし、クリイキでさえ個人差があるの同性であってもその快感はその人にしかわかりません。誰もが同じ感覚を感じているわけではありませんね。

射精の快感はどこで感じているの?

射精は尿道を精液が通りますが、その前の段階で精管膨大部に蓄えられていた精子が射精管より尿道へ送られます。精子が前立腺液などと混ざり、尿道から放出されます。

一説によると射精の快感は、尿道を通る快感ではなく、射精管を精子が通る快感だと言われています。

男の射精の感覚はクリイキと同じ?

上の画像の、赤で示した部分が射精の快感を感じているのだとか。

射精菅の内部に快感を司る神経が密集されているとかいないとか。真実は定かではありませんが、おしっこをする際に快感を感じないところを考えるとかなり信憑性が増すような気がします。

上のページで解説しているように、射精は精管膨大部に精子が待機する前から始まっています。

性的な快感を感じ「イキそう。」となった時、おそらく射精管から尿道に運ぶのか留めるのか我慢している状態が、もっとも気持ちいいと感じるのでしょう。尿道まで通ってしまえば、後は排泄の快感なのだと思われます。

管理人紗江は彼がイキそうな気配を感じた時、もう少し頑張って欲しいなと思うと「まだだめ」と言いますが、「もうイきたい。」と我慢できないような表情をします。

その時には、射精管の中で精子がいつ出ようかとウロウロしている状態なのでしょう。だからイキそうになると、我慢するのが難しいのでしょうね。

パートナーがイキそうになっていると、射精菅で精子が今か今かと出ようとしていると考えても良いかも知れません。

クリイキはどこで感じているの?

クリトリスは陰核脚や前庭球など含めた大変大きな器官ですが、クリの先端が亀頭にあたる部分で、神経が密集しています。

クリイキは何かがどこかを通る快感でありませんし、先端の陰核部分含めクリトリスの全体の器官で感じるオーガズムです。Gスポットイキもクリイキであるとも考えられます。

と考えれば、射精の快感とクリイキは全く違う種類の快感です。やはり女が、何かが通った時に感じる快感を知ることはできないのですね。

射精とクリイキの快感

男性が亀頭で快感を感じているのなら、亀頭の倍以上の神経が通っているクリイキの方が気持ちがいいと言えるでしょう。

しかし射精菅の快感であると過程し、射精の快感の男性のコメントと照らしあわせれば、射精とクリイキは同じくらいのオーガズムの快感があるのではないかとも考えられます。

  • 射精菅の神経の未知数の快感
  • 8000もの神経の集まるクリイキの快感
比べることはできませんが、射精もクリイキも「頭の中が真っ白になって、宙を浮かぶ・電気が走る」同じ感覚で表現しているので、そのように考えてもよいのではないでしょうか。

そう考えると、男は連続ではイケません。女は連続で何度でもクリイキできます。出るものがない女に生まれて良かったと思うと同時に、別に中イキなんてしなくても十分男よりも特なんだなと感じました。