【カップルの最高のラブグッズ】ローションの選び方

カップル間のラブグッズと言えば、ラブローション。通常のセックスでローションを使用するかどうかは、大きく分かれるでしょう。

AVの世界や風俗店での使用など、特別なものであるという意識の方もいます。

しかし、いかがわしいものという認識は間違っています。 『気持ちいいこと』を求めるのはごく普通。

気持ちいい肌の触れ合いを含め、性交痛も軽減。ローションは、カップル間・またオナニーには最高のラブグッズです。

ローションの種類

どんなローションの種類を選べばいいのか考えている女性

潤滑剤の用途としてラブローションが生まれたのは、安土桃山時代。寒天や葛をお湯に溶かしたものが、男同士のアナルセックスで使われていたと言われています。

日本で初めて現代のような本格的にぬめりのあるローションが生まれたのは、昭和35年(1960年)に登場した『Zローション』。

そして、昭和48年に生まれたのが『ペペローション』です。ローションと言えば、『ぺぺ』というほど。現在でも変わらぬ人気ローションです。

ローションの成分には、さまざまな種類があります。ここでは、使用用途によっての種類で解説いたします。

イチャイチャプレイ用のローション

イチャイチャ用のためのローションは、『ポリアクリル酸ナトリウム』ローションが主流です。ドラッグストアで販売されているローションの多くは『ポリアクリル酸ナトリウム』ローションです。

海藻をベースとしたローションは、当然腐ります。そのため入れる防腐剤が人の体に害があるとされ、生まれたのが『ポリアクリル酸ナトリウム』ローションでした。

『ポリアクリル酸ナトリウム』は、生理用品や紙おむつなどに使われている材料で、水分を吸収して粘りを出す特性を持っています。

また食品添加物に使われる成分で、無害とされています。

しかし膣内に入ると、洗い残してしまう可能性もあります。水分を吸収する作用が、膣内の乾燥を招く場合も。

かといって膣内を洗いすぎてしまうと、常在菌まで洗ってしまい余計に雑菌が繁殖してしまいます。

管理人紗江の友人は風俗で働いていた際、毎回過剰に膣内を洗いすぎたのか、性器ヘルペスに感染してしまいました。

必ずしも洗いすぎだけが原因とは言えませんが、免疫力が低下するのは間違いありません。あくまでもイチャイチャ用として選びましょう。

イチャイチャ用で選ぶ最適ローション

 

販売元NSLのオリジナルローションです。とってもリーズナブルな価格。
製造年月日が記載されているので、安心できますね。当サイトでももっとも売れているローションです。
抗菌・消臭の役割を果たすナノサイズの純銀超微粒子配合。硬すぎず緩過ぎず、滑らかなねばり。よい口コミも多く、選んで間違いなしのローションでしょう。

膣内に挿入するためのローション

膣内に挿入するためのローションは、潤滑剤です。

さまざまな種類のローションがある中、潤滑剤は膣内に入れても問題のないローションです。グリセリンが主成分で、一部ポリクオタニウムという成分が扱われているものもあります。

ローションプレイではなく、あくまでもスムーズなセックスができるための愛液代替えです。

性交痛を感じている女性は、年齢関係なく多く存在します。痛みを感じているのに無理すれば、せっかくの愛の行為がだいなしですね。

バイブやディルドでオナニーする場合も、潤滑剤を選ぶべきです。

とはいえ、イチャイチャ用のローションは絶対に膣内に入れるとダメかと言えばそうとは言い切れません。

管理人紗江は、潮吹きさせてもらうときイチャイチャ用のポリアク系ローションを使用する場合も多々あります。その後は、少し指を出し入れしてシャワーで洗う程度。

過去頻繁に膀胱炎になっていた時、恥を忍んで婦人科の医師に聞きました。すると膣内に入ったローションは、自然と排出されていくとのこと。

生理もありますし、「絶対に悪影響を与えるわけではない」と教えてもらいました。逆に洗いすぎる方がいけないのだとか。

しかし念のため、セックスでする指入れや性交痛の場合・オナニーでは、膣内専用のローションを選んだ方がよいですね。

選んで安心膣内に最適ローション

 

ジェクスのコンドーム『グラマラスバタフライ』に使われているゼリーを集めた、愛液代替タイプの潤滑ジェル。コンドームメーカーの潤滑剤だから安心
コンドームブランド『オカモト』かの高品質な愛液代替えジェル。うるおい不足で悩む女性のために生まれた安心安全のローションです。

アナルセックス用のローション

アナルセックスには、シリコン系のローションがよいと言われています。

本来アナルは膣のように、ペニスを入れる場所ではありません。無理な刺激により、入り口はもちろん直腸を傷つけてしまうおそれがあります。

そのためシリコンの滑る効果の利用したローションが適しています。シリコン系のローションは、粘度が高く乾きにくいものが多いので無理なくプレイができます。

シリコンは、サラサラ感をアップするシャンプーやトリートメントでもよく使われていますね。ノンシリコンがよいと言われているように、体内に入ると良いわけではありません。

となると、本当は潤滑剤を利用した方がよいと考えられます。しかし『ポリアク系ローションが自然に排出される』のと同様、アナルに入ったローションも排出されていくのでしょう。

またシリコン製のおもちゃとの相性は悪く、化学反応で溶ける可能性があるので、グリセリン系の『膣内に挿入するためのローション』を選びましょう。

中には、アナルプレイに特化している水溶性のものもあります。

ローション購入する際に『アナルセックス使用』として、おすすめされているものなら問題ないでしょう。

アナルセックス用に選ぶ最適ローション

 

粘膜保護、滑りの持続の高さなどが人気の商品。若干高めな印象がありますが、数滴垂らしただけでも十分に滑りが良く長持ちすると評判です。
ウォーターベースのローションにシリコンが加えられた、水溶性の使いやすさとシリコン系の潤滑力を兼ね備えた、これまでにない“半水溶性のシリコンinローション”。シリコン系ローションは拭き取りにくさが難点ですが、他のシリコン系と違って拭き取りやすさが◎


ブラン・シークレット(スタンダード) お試しパックもあります。

拭き取り簡単のオナニー用ローション

イチャイチャはもちろん男性のオナニー用や女性のクリオナ・チクニー などには、簡易的なローションが便利です。

『カルボキシビニルポリマー』という成分が使われており、化粧水や基礎化粧品にも使われています。

洗い落としづらいローションを簡単に落とせる利点・すぐにシャワーできない場合のオナニーなどに大変便利。

さらっとした使い心地で、拭き取るだけの簡単な後処理ができる分、長時間の使用や多くの粘りは期待できません。

女性の軽い1人エッチで、Gスポットの刺激にまで発展してしまうかもしれない場合は、潤滑剤を選んだ方がよいですね。

拭き取り簡単にしたい方が選んで納得ローション

 

ティッシュで簡単に拭き取れるから、オナニー後でもベタベタ感なく快適に眠れます。とろみのあるオイリーな感触で糸を引くネバネバはありませんが、かなりの高レビューです。

洗い不要ローション 詰め替え用パックもあります。



ヒヤッとしない快適プレイ。潤滑性や安全性、洗いやすさなど、ローションとしての優れた基本性能を備えつつも、弱点である冬場の“ヒヤッ”をなくすこと…そんな難しい課題に挑戦して生まれたのが、この温感ローション。販売元のオリジナルで大人気商品です。
その他、おすすめアダルトグッズはこちらから
大人のおもちゃみんなは使ってる?

男性を元気にサポートするマカや愛情ホルモンオキシトシンの効果絶大! 2人の時間を最高に導く[LUVLYQUID]リキッド・デラックス
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ