セックスの体位裏48手 裏九.座禪ころがし

セックスの体位裏48手 裏九.座禪ころがし

裏九.座禪ころがし

座禪ころがしは、『達磨ころがし』という言い方もある、縛りプレイのひとつです。

座禅を組んだ女性を後ろ手に縛り、そのまま前に倒し、後ろから挿入します。

これを見た眼に、少し残酷の様なやり方で、大変に変わつた形です。

先ず女房に坐禅を組ませ(あぐらではありません)しばらなくてもただ両手両腕をうしろへまわすだけでもよいでせう。しかし後ろでにしばつた方が本当の感じが出ます。

そうしてそのまゝうつぶせになるのですが、疊の上では膝や顔をジカにすりつけて痛いせすから必ず蒲団か毛布等の上でやつて下さい。
  • 坐禅(座禅):足がもう一方の腿の上に乗っており、両足の裏が上を向いている。
  • あぐら:足が、もう片方の足の下に入っている。

座禪ころがしの男性のメリット


完全に趣味の領域です。

動けなくなったオンナを好きにする。という征服感が大いに満たされます。

抵抗のできない女性を後ろから突き上げる・・こういうプレーが好きな方には、たまらない体位でしょう。

座禪ころがしの男性のデメリット


全て男性のテクニックにかかってきます。女性が腰をつかえない分、男性が気持ち良くさせてあげる必要があります。
パートナーを荒く扱うことによって、二度とベッドでの時間を共に過ごしてくれないということにも成り兼ねません。

下手な男性は、まずやめておいた方が良いです。

座禪ころがしの女性のメリット


M気質の女性はこのイラストを見ただけで濡れているかもしれません。

犯されたいというレイプ願望を満たすには最適な体位です。

座禪ころがしの女性のデメリット


坐禅を組んだ足やひざ・その他色々と痛いし窮屈ですし、何より伏せた顔が枕などに押し付けられ嫌な気持ちになります。

もちろん例外はありますが、一度されたらもうされたくないと感じる場合が多いでしょう。


縛った跡が残る可能性がありますので、不倫カップル等、支障がある方はやめた方がいいですね。

変わったプレーを楽しみたい上級者カップルの体位です。

拘束はかなりのテクニックを要する上級者向けのプレーです。
縛り方を間違えたらうっ血を起こし大変なことになります。きちんと縛り方を勉強してから挑戦してください。



セックスの体位 48手 TOPに戻る



Posted in 未分類