セックスの体位 48手 二.揚羽本手

セックスの体位 48手 二.揚羽本手

揚羽本手

揚羽本手(あげはほんて)は、本手(正常位)の型の一つです。


仰向けに寝た女性が股を開いて、その上に男性が乗ってオチンチンを入れます。お互いに抱き着き、身体を密着させます。


挿入してから、胸とお腹をピッタリと重ね合わせるように、愛を込めて抱き締めます。

抱きつき方は銘々都合の好い様で結構なのですが、最も普通には、亭主が左腰で女房の首を巻き込むように抱きしめ、右の手は女房の左腰の下から背中へ廻すか、少し下がつて細腰を抱くか、更に下つて女房のお尻の下へ深く差込んで抱きかゝえるかします。

男性の手は、女性の下敷きになっちゃっても不思議と痛さはあまり感じません。


女性は男性の腰辺りに脚を絡めます。
ちなみに、揚羽本手の由来は、この形がアゲハ蝶に似ていることから付いた名前のようです。

揚羽本手の男性の男女のメリット


本手(正常位)では、大変オーソドックスな体位であり、愛を深める大変良い体位です。

お互いに愛し合うには、肌と肌の触れ合いは欠かせません。

  • お互いに、耳を愛撫し合う。
  • 耳元で愛を囁く。

一体感を感じながらも、ペニスや膣内の感触を感じることのできる体位でしょう。

揚羽本手の男性の男女のデメリット


だからと言って、デメリットは全くないわけではありません。

基本的に、SEXの体位はいくつかを変換させていかなければ、ずっと同じ体位で行うのは困難です。

時々、ずっと同じ体位を続ける男性もいますが、よほどSEXに対する経験がないのでしょう。

この揚羽本手は、お互いの首元耳元に熱い息が吹きかかり、熱がこもってしまいます。おまけに密着させた箇所は、汗でベチャベチャになってしまうでしょう。

熱い上、汗で張り付いた感触はお互いに気持ちの良いものではありませんね。
さらに、いくら女性が腰を振ってサポートしたとしても、男性がこの体勢で腰を永遠に動かすのは困難です。

熱くなり疲れてきたら、他の本手の体位に変換しましょう。

そして男性は、上半身を抱き締められているので、少し腰を動かしにくいかも知れません。

SEXに長けたテクを磨くためにも、この体位での腰使いは、よく練習するべきです。「クイックイッ」とテコの原理を使うような感じで、腰下だけを勢いよく叩くように動かしましょう。

女性が、腰に回した腕と脚で自分を持ち上げるようにしてあげれば、男性もスムーズにオマンコを擦ることが出来ます。





セックスの体位 48手 TOPに戻る