セックスの体位 48手 一.網代本手

セックス48手 其の一 網代本手

網代本手

網代本手(あじろほんて)の本手とは、本間(ほんま)とも真面(まとも)とも言って、一般的なの正常位のことを言います。

仰向けになった女性が股を開いて、その上に男性が乗ってオマンコに挿入します。

胸とお腹をくっつけて密着するように抱きしめ合います。


女性は図のように両足を男性の脚に絡めます。そうすることで男性の腰を引き寄せられるので、根元までしっかりとオチンチンを飲み込むことができるのです。

網代本手の男性と女性のメリット


網代本手は、何を言ってもお互いに温もりを感じ合えることでしょう。

ペニスを奥まで挿入することが出来る上、キスがしたくなったら思う存分好きなだけすることもできます。

  • お互いに耳元や首筋を愛撫する。
  • 耳元で名前を呼んだり、愛を囁く。
  • きつく抱き締め合い、全身で相手を感じる。

熱烈なカップルにとっては、いう事ないというくらい最高な快感が得られる体位です。

網代本手の男性のデメリット


網代本手は長く続けられる体勢ですが、男性の腰の動きが一定されるため、ズンズンと突き立てるピストンができないことになります。

肘をつき支えている上、お互いの熱気で熱くなりますし・疲れてきて腕で支え起き上がりたくなってしまいます。

網代本手の女性のデメリット


女性も男性同様、熱気がこもり熱さに耐え切れなくなってしまう可能性があります。

そして、体重を乗しかけるようなパートナーの場合、重みが苦痛となる可能性もありますね。


とは言え、大好きなパートナーの重みなら喜んで受け入れたいと感じるものです。

とにかく、密着度が高くてキスもしやすい網代本手は、ラブラブなエッチが出来る体勢です。

脚でグイグイ引き寄せれば、カリが奥まで届いちゃうので大変気持ちいいですよ。

ちなみに、網代本手という名称は、絡ませた脚の様子が網代型に見えることからこの名前が付いたようです。

網代型とは、編み目が斜めに表された網や竹で編んだものの事を言います。



セックスの体位 48手 TOPに戻る