バック体位で奥が痛い時の対処法

全てのページはこちらサイトマップ

SEX中、多くの男性がバック体位を取り入れ体位変換させます。

しかし「バックで突かれると、痛い。」という女性は意外と多いもの。

バック体位のとき、奥に感じる痛さを回避するためにはどうすればいいのでしょうか。

バック体位で奥が痛いのはなぜ?

バック体位で奥が痛い時の対処法

女性の膣の奥には、ポルチオ(子宮口)があります。

ポルチオは、大変敏感な女性の急所です。そしてまだ若い女性の場合、ポルチオは硬く未熟な状態。

それでなくても敏感なポルチオを、激しく突き立てるように打ち付けられると痛みを感じて当然です。

四つん這いになったバック体位は、ペニスがダイレクトにポルチオに突き刺さります。

開発された状態だと、バック体位でポルチオへの刺激は、大変イキやすい体位です。

でも基本的にポルチオオーガズムは激しい突きではなく、じんわりとした圧力や振動でえられるもの。それを知らない男性が多すぎるのですね。

たとえ開発されていても、バックが痛い女性もいるのです。

バック体位で奥が痛い時の対処法

一番の対処法「痛い。」と伝える

バック体位で奥が痛いときの一番の対処法は「痛い。」と伝えることです。

でも、それが言えれば苦労はしませんね。

  • 気持ちいい場所からハズれて愛撫されても、よがる演技をしてしまう
  • 感じてもいないのに、喘ぎ声を出してしまう
  • イッてもいないのに、イクフリをしてしまう

ダメだとわかっていても、こればっかりはなかなかやめることはできません。

男は女性が激しく喘げばあえぐほど、気持ちいいと感じます。まさか痛さのあまりに声をあげているとは考えもしません。

まず演技はやめる。それが先決です。

痛みから少し回避する方法

痛いと言えなくても、なんとか痛みを少しでも楽にしたいもの。

バック体位だけをずっと継続するわけではないでしょうが、痛さを我慢していても自分の身体に負担がかかるだけです。

  • 背中(腰)を丸める
  • 思いっきり腰を反らす

このどちらかで膣の角度を変えペニスが当たる場所を変えると、痛みを回避できるかも知れません。

膣にも上付き・下付きがありますし、男性のペニスの角度によっても違いますので、どちらとは言えません。

どちらも試してみて、自分が痛みを感じない方にしてみて下さい。

管理人紗江の場合は、腰を丸めると奥のポルチオではなくGスポットにあたりやすくなります。

ただし背中を丸めると、男性はお尻を突き出すように要求してくる場合もあるでしょう。腰のくびれのラインが崩れてしまうからですね。

男性は、腰を反らしヒップを高々と持ち上げている姿が好きなのです。

寝バックに持ち込んで痛みを回避する

四つん這いの状態から、前へ倒れ込んで寝バックの体位に持ち込んでみましょう。

寝バックは、膣が締まるので男性にとっても大変気持ちいい体位です。

ただし寝バックであっても、奥にあるポルチオが痛い可能性もあります。

紗江は寝バックでも、膣の入り口を内側に向けるようにすると奥ではなくGスポットに当たりやすくなります。腰を丸めるイメージです。

初めて挿入での潮吹きをしたのは寝バックで、腰を前後に動かした時でした。

さきほど申しましたように、膣もペニスも個人差がありますので、こうすれば絶対こうなるという体位は存在しません。あくまでも『なりやすい』というだけです。

膣内は大変狭い場所ですから、微妙な違いでどちらに当たってもおかしくありません。

痛いなら痛いと伝える重要性

やはり、痛いのなら正直に「痛い。」と伝えるのが一番いいでしょう。

バックで奥が「痛い。」と言っても、相手のテクニックを指摘しているようには感じさせません。

SEX中に言うのは難しい場合、終わった後や日常会話の時に言うようにしましょう。

  • 「なんかね。実はバックで突かれるとすっごく痛いの。」
  • 「バックの時は浅くするとか、奥に当たらないようにして欲しい。」

ごく一部の性癖は別問題として、男性は痛い思いをさせたいわけではありません。感じさせて興奮するために奥を激しく突くのです。

わかってくれなくて、再度バックで思いっきり突かれて痛みを感じたら、大きな声で「いたっ!!」と叫んで下さい。

痛いと伝えてムードが壊れてしまうからと不服を感じるとすれば、その男性は『自分のためだけにセックスしている』と考えてもいいでしょう。

付き合いを考え直すいいきっかけになります。

痛いのを我慢してポルチオを刺激しすぎると、出血の原因にもなりますし、傷を負い細菌に侵されてしまう危険性もあります。

ですから、絶対に痛みを我慢し続けるのはよくありません。

バック体位が痛いとは気づかない男

男はバックで激しく奥を突いている時、痛みを感じているとは全く考えていません。

痛くて声が上がったとしても、気持ちがいいと勘違いするのが男。

バックで勢いをつけてピストンをする多くの男性が、女が痛みを我慢していることには気がついていないのが現実なのです。

  • 本当は痛いと感じているのに、つい声を出して感じている演技をしてしまう
  • 思いっきり突かれた痛みで、大きな声が出てしまっても演技を続ける

痛いと伝えなければ、ずっと勘違いさせたままです。

お互いにとって気持ちいいセックスができないまま、痛みを我慢しなければならなくなります。

男は、バックでピストンすると征服しているような喜びを感じより興奮します。

また、四つん這いになった女性のカラダのラインは大変色っぽく、挿入している部分もはっきり見ることもできます。

バック体位は、精神的・視覚的に、男が興奮する体位。お尻フェチの男性ならなおさらですね。

『犯されてみたい。』と感じている女性は、バックスタイルで突かれると、そんな欲求が満たされる感覚もあるでしょう。

とはいえ、いくら荒っぽくされたいとは言っても、痛いものは痛い。

たとえば、バックできつくスパンキングされる『痛気持ちよさ』…とは違い、たまらない痛みを感じるのとはわけが違います。

男性は痛いと気づいていないのですから、言葉で言わなければ伝わりません。

はっきりと痛いなら痛い・気持ちいいのなら気持ちいいと伝え、お互いにとっていいセックスができればよいですね。


女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
もっと濡れるための女性用サプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
活力ある男性に強力サポート! 1日中元気でいたい男性用サプリメント
誰も知らない女の快感スポット ザ・シークレット・ゾーン (北条麻妃)