セックスの体位48手【1】十一.忍び居茶臼(しのびいちゃうす)

セックスの体位48手【1】十一.忍び居茶臼(しのびいちゃうす)

忍び居茶臼

忍び居茶臼は、座ってする形、茶臼(座位)の中の48手の一つです。

  1. 男性は胡座をかいて座り、後ろに両手を着く
  2. 女性が男性の上に股がって首に腕を回して、挿入する

静かに腰を下ろし、カリが奥に届くぐらいまで落ち着いたら、両手を男性の首に回してしっかりと抱きつきましょう。

腰を回したり前後へ動かせば、クリトリスへの快感も高めます。足裏を、しっかりついて腰を上下させてもいいですね。

忍び居茶臼は、一説では、『櫓がけ(やぐらがけ)』という別名もあると言われています。

忍び居茶臼の由来はわかっていませんが、爪先立ちで忍び込むような女性の姿から連想されたものではないでしょうか。

何気に座っている男性の上に、忍び込むように座り挿入する…女性がリードする体位ですね。

忍び居茶臼のメリット

男性は、あまり激しく腰を動かせません。

体力の消耗も少なく、男性にとっては楽な体位となります。その分気持ちにも余裕が持てて、じっくり女性を堪能できます。

  • 女性の感じる表情
  • 胸が揺れる様子
  • 繋がっている部分
  • 陰毛同士が重なる様子

じっくり眺められるので、視覚的な興奮も高まるでしょう。

女性が動いている間、胸をじっくり愛撫してもらうのもいいですね。

忍び居茶臼のデメリット

この忍び居茶臼の体位は、男性にはほとんど自由がないので、女性に身を委ねなければいけません。

女性が動くタイミングに合わせられないと、膣から性器が抜けたり、上手く突き上げられなくなります。

腰を突き上げ女性をバウンドさせるように動いてみましょう。

男性が動くことに慣れていない場合、女性のペースに合わせるとなると時間がかかりますし、少しもどかしい気分になるかも知れませんね。

 

男性が好きなエロいセックスの体位

彼氏が興奮する【男が好きなエロい体位】ってどんな?
男目線で興奮する好きな体位。どうすればセックスが盛り上がるのか、自分の彼女にしてほしい腰の動かし方を徹底的に解説

女性が一番中イキしやすい体位『後背位』

女が最も中イキしやすい体位 【後背位編】
500人の女性に聞いた!セックスでイキやすいバックを画像で解説。中イキしやすいコツやポイントも掲載しています。

 

セックスの体位48手【1】TOPに戻る

 

セックスの体位48手【2】恋のむつごと四十八手を見る

あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です