二人のオトコを同時に愛した女 Vo.2

二人のオトコを同時に愛した女 Vo.2

その後、sちゃんはKさんの元に戻ろうと思い連絡を取りました。

ですが、返事は曖昧なものであり付かず離れずの関係であるような言葉しか得る事はできませんでした。

連絡をとった翌日、新しいオンナが出来ている事を知らされたのです。

それでも私は幸せ・・・彼女は言いました。


【所詮自分は自分。どこまでいっても「自分」しかない。】

そう言っていたKさんの事を愛したSちゃんは、とても納得したと言います。

自分も誰かを傷つけてでも「自分」を貫いた。好きな人が「自分」を貫くのは当たり前の事。

Kさんには、初めから告知されていました。「俺にはお前を幸せにすることはできない。」

けれど、SちゃんはHくんと別れた事を後悔する気持ちは一切なかったと言います。

Hくんにはただ幸せになってもらいたい。そんな想いだけだったそうです。

【 幸せのカタチ 】

当たり前の事ですが【 幸せのカタチ 】は個人によって大きな差があります。

  • Hくんの幸せのカタチは、Sちゃんと過ごすことだったのかも知れません。
  • またKさんの幸せのカタチは、自身で決めた最後に戻る場所があるという事かも知れません。
  • Sちゃんの幸せのカタチは、報われなくても愛し続けることなのか?

お金があって、何不自由ない暮らしをするのが【 幸せのカタチ 】であるという人もいます。

どんなに借金まみれになって苦労しようとも、愛する気持ちでいる事が【 幸せのカタチ 】という人もいます。

【 幸せのカタチ 】は同じ考えは全くなく、千差万別であり決まった形は一切ないのです。

【 幸せのカタチ 】っていったい何?

人を愛すること・愛されること

愛するから幸せ・愛されるのが幸せ、これも百人十色ですよね。

幸せのカタチは、「自分を信じる事」この一言に尽きます。

たとえ、どんなに苦しくても自身がそうしたいと考えることを貫けるのが幸せなのです。

二人のオトコを愛し、自身の幸せになれる道を閉ざしてまで、一人きりになって苦しんでも一人のオトコを愛していこうと決めたSちゃんの幸せのカタチに間違いはありません。

  • 愛する人がたとえ私のそばにいなくても、幸せでいてくれるのが自分の【 幸せのカタチ 】
  • 自分以外のオンナといる事を楽しみ、笑顔でいてくれるのも【 幸せのカタチ 】
  • あの人を想うことができるだけでも【 幸せのカタチ 】
  • 好きな人が、苦しまない・悲しんでいないのが【 幸せのカタチ 】

sちゃんは、Kさんが自分の事は全く思い出しもせず新しいオンナとSEXして快楽を感じていても、それでも笑顔でいてくれる事が自身の【 幸せのカタチ 】と言います。

ある意味、ただの都合のいいオンナだったとも言えます。

例えば、夫婦が離婚しました。

「養育費を支払わなければいけない」愛する子どものためには必ず必要な事です。それを与えないとその後の子どもの人生に大きく影響します。

自分のそばにいないからという考えを元にするオトコの方が、一般的に大半を占めるでしょう。

ですが、本当に幸せだけを願い・愛しているのなら、新しい父親がいようが養育費を支払う事を惜しむことはないのです。

惜しみもなく身を削って振り込んでいるその人は、それを【 幸せのカタチ 】と見出しているのでしょう。

結果になろうがなるまいが、自身の愛を貫いているといえます。

そばにいないから、子どもの幸せを考えず自身の幸せを基準に考え、お金が出せないというのは、真実の愛とは呼べません。

ただ、見返りを求めているだけなのです。それがその人の【 幸せのカタチ 】なのかも知れません。

上記の場合「都合のいいオトコにはならない。」それが本心なのです。


果たして、上記のように自分がお金を払うだけの存在だと思ったり、浮気をするオトコであったり、他の異性になびくような相手の事をそこまで真に愛せる人間がどれだけいるでしょうか?

人の【 幸せのカタチ 】は様々であり、sちゃんの愛したKさんの言葉「傷つくのは自身の問題である」「どこまでいっても自分は自分」という言葉が当てはまっているのかも知れません。

SちゃんはKさんを選んだ事が自身の【幸せのカタチ】であったと胸を張って言えると言います。


【幸せのカタチ】を見出したSちゃんは、一人きりになろうがKさんを選択した事に間違いはなかったでしょう。

合わせて読まれています。