チクニーのやりすぎに潜むリスクとは!?

自分で乳首を弄ぶチクニー。

乳首イキは、一度知ったら病みつきになるほどの気持ちよさ。セックスでの中イキと同じくらい、乳首イキが欲しくなります。どちらの快感がいいか、甲乙つけがたいもの。

そんなチクニーも、やりすぎは禁物。チクニーにもリスクがあります。

チクニーのやりすぎによるリスクとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

【男女共通】チクニーのやりすぎはリスクがある?

チクニーのリスクを心配している男女

チクニーのやりすぎによる乳首が長くなるリスク

チクニーにハマりあまりにもやりすぎてしまうと、乳首が長くなってしまうリスクがあります。

乳首が長くなってしまうリスクがあるのは、過剰な吸引のチクニーです。

乳首の先が陥没している『陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)』や、乳房との差がなく平べったい『扁平乳頭(へんぺいにゅうとう)』。

男性の場合は、陥没乳頭はであっても問題ないでしょう。

しかし女性は赤ちゃんができた際、赤ちゃんが乳首に吸つけない支障が生じます。

乳首を長くするための方法はさまざまですが、乳首吸引が効果的だと言われています。

実際に陥没乳首の改善のための乳頭吸引器も販売されていますし、乳首の出っ張りが少ないママにとって万能グッズです。

『乳頭矯正』と言われ、切らずに行える対処法です。

吸引するチクニーを継続していれば、必ず乳首は長くなるでしょう。改善したい方にとってはメリットですが、元々問題のない乳首の男女が行うとリスクとなります。

女性はブラをつけますのでまだましですね。一方男性の場合、チクニーのリスクにより長くなった乳首がくっきり。Tシャツ1枚で外を歩けなくなってしまいます。

どんなものでも、やりすぎはよくありません。

チクニーのやりすぎによる乳首が大きくなるリスク

チクニーのやりすぎは、乳首が大きくなりすぎるリスクもあります。

こちらも長くなってしまうリスクと同じ、吸引チクニーによるもの。

大きな乳首が好きなため、乳首肥大化をさせたいと思う方も存在します。

乳首を長く大きくさせるための吸引グッズ。乳首を正常にするための『乳頭矯正』と同じ原理ですね。

吸引グッズの中にはバストごと吸引するものもあり、ずっと吸い続けていると長くなるだけではなく、乳首が大きくなります。

簡単に言えば超肥満体の方が急に痩せれば、皮があまってしまいますね。乳首が大きくなるリスクも、そのようなイメージです。

なぜリスクとも言える状態の大きな乳首がいいのか…乳首の存在感に興奮するからでしょう。

また長く大きくなれば、なぜか乳首の感度が上がると考えているようです。仮に感度が上がったとしても、大きくなったからではなく乳首が開発されたからと言えるでしょう。

チクニーのやりすぎで黒くなるリスク

チクニーのやりすぎは、乳首が黒くなるリスクもあります。

通常チクニーの摩擦や刺激をどれだけやりすぎたとしても、そう簡単に乳首の色は変わってしまいません。しかし、チクニーの頻度にもよるでしょう。

乳首をはじめ肌の黒ずみは、摩擦や刺激が原因でもあります。

女性のデリケートゾーンの黒ずみは、下着の擦れも大きな原因。また太っている方が股ずれを起こして黒ずむのも、脂肪の摩擦によるものです。

チクニーで過剰な摩擦を継続すれば、色が変わってしまう可能性も無きにしも非ずです。

元々肌の色が濃いめの方は、気をつけた方がいいかもしれません。

過激なチクニーのリスク

性器でのオナニーと同様、過激なチクニーのやりすぎは通常の刺激では満足できなくなるリスクがあります。

セックスでパートナーが愛撫をしてくれても、過激なチクニーの刺激に慣れすぎていると弱すぎて感じない自体に…。

パートナーに話せる場合は問題ありません。自分が思うくらいキツく愛撫をしてもらえばいいですね。

しかし吸引グッズは普通に口で吸うのとは違い、圧力によってずっと吸い続けています。チュウチュウというわけではありません。

強い圧力をかけ続けると、普通は痛みを感じます。その痛みがほしいとなると、普通のセックスやオナニーでは得られません。

敏感にするためのチクニーが、逆に鈍感にしてしまうのですね。

永遠と希望を伝えられるパートナーと添い遂げる場合はいいかもしれませんが、世の中何が起きるかわかりませんね。万が一彼氏や彼女が変わった場合、その事実を話せるでしょうか。

話せない場合、女性は演技をしなければならなくなります。

【男性】チクニーやりすぎのリスク

ここからは男性のチクニーによるリスクです。

男性が過激なチクニーのやりすぎの快感にハマってしまうと、最悪勃起不全や射精障害になるリスクも考えられます。

女性は感じなくても・濡れなくてもセックスできますが、男性の場合そうはいきません。セックスするには、勃起が必要です。

男性のEDの原因の一つに、過激すぎるオナニーがあります。

自分が望む刺激がないと興奮できないため、血流がペニスへ行き届かなくなるのです。

EDだけではなく射精できなくなる万が一のリスクを考えて、あまりにも過激なチクニーは控えた方がいいでしょう。

ただし通常範囲内のチクニーをやりすぎたからといって、乳首肥大や黒くなる・EDなどのリスクはありません。


男性を元気にサポートするマカや愛情ホルモンオキシトシンの効果絶大! 2人の時間を最高に導く[LUVLYQUID]リキッド・デラックス
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ