セックスの体位裏48手 裏七.いすか取り

セックスの体位裏48手 裏七.いすか取り

裏七.いすか取り

女性が足を曲げて、横向きに寝たところに挿入するのが、いすか取りです。

上に重ねる足を下の足より一層強く上に曲げて、下の膝の前の方に位置するようにします。

その時オマンコは両股が合わされているので閉ぢて居りますが、そこえ亭主がおえ切つたマラに充分唾液(ツバ)をぬりつけ、それまでにオマンコをいじつて出ているヌラ〈 をヘラ〈 からドテの辺りにぬつてすべりよくして、それから静かにマラを入れるのです。
  • このイラストの場合だと、右足をもっと高くあげ、入れやすい体勢になる。
  • 女性のあそこは閉じている状態なので、充分に濡れていないと挿入しにくいので、膣から愛液を大陰唇やあそこ全体に塗りつけましょう。

ということです。

いすか取りの男性のメリット


男性にとって一番の魅力は視覚的なものでしょう。

女性の体の線がはっきりわかる横から見のシルエットは、大変美しいのですね。

女性のからだを上から眺めながら、犯しているような感覚にもなり、征服欲も満たされます。


そのような状態で、あそこにペニスを突き立てるのは男冥利に尽きるというものです。

いすか取りの男性のデメリット


いすか取りは、男性にとってデメリットはまずありません。

いすか取りの女性のメリット


男性が興奮して女性のおしりを抑えて激しく腰を動かしますので、膣の奥にとても強い刺激を感じることができます。

いすか取りの女性のデメリット


いすか取りは、女性にとってのデメリットもほぼありません。

ただし、ぽっちゃりさんにとっては、お腹の脂肪を見られるのは少し恥ずかしい場合もあります。

その場合は、イラストで言えば右足をもっと高く上げ、お腹を隠すようにすれば良いですね。


ちなみに、いすか取りの「イスカ」とは、スズメ目アトリ科に分類される鳥類です。以下の体位と鳥のくちばしをご覧下さい。



セックスの体位裏48手 裏七.いすか取り


上のイラストとは少し異なりますが、いすか取りの体位は以下のように『上に重ねる足を下の足より一層強く上に曲げて、下の膝の前の方に位置させる』ことから、左右の足が少しぐい違いになっている状態ですね。


鳥類のイスカのくちばしは、画像のようにぐい違いになっています。

この見た目の様子から、いすか取りというネーミングがついたと言われています。

次の裏体位「裾野」を見る⇒



セックスの体位 48手 TOPに戻る