セックスの体位48手【1】裏四.だるま返し

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位48手【1】裏四.だるま返し

セックスの体位裏20手 裏四.だるま返し

だるま返しは、唐草居茶臼や、忍び居茶臼の体勢から、足を男性の肩にあげた体位です。

居茶臼の形の変わつたもので、女房はうしろについた兩手と亭主の肩にかけた兩足で調子をとつて腰を浮かす様にし、マラがオマンコの中の気持のよい所へ当る様にします。

そしていよいよ、キをやる時は、兩足をはずして、お互いの肌と肌を合せる事の出来る普通の居茶臼になつた方が自然です。

女性の体勢が、だるまをひっくり返したような形になるので、この名前が付いたのではないかと言われています。

だるま返しは『獅子舞』とも言われています。

江戸時代の絵師が描いた春画が由来で、2人以上で1つの獅子舞に見せる事から名付けられたのではないかと言われています。

だるま返しは見ての通り複雑な形なので、難易度が高く、どちらかと言うと上級者向けの体位です。

  1. 男性が胡座をかいて座る
  2. 女性は両手を後ろに突き、男性の肩にかかとを乗せて挿入する

男性が女性の腰を両手で支えると、女性がバランスを取りやすくなります。

女性はしっかりと後ろへ手をつき、身体をそらし気味にすると良いでしょう。

だるま返しの男性のメリット

だるま返しは、女性の太股の締め付けに合わせ膣も締まるので、大変な快感を感じます。

またパートナーの感じている姿をまじまじと見ることも・挿入箇所を眺めることもでき、視覚的にも変興奮する体位です。

乳首やクリを、優しくいじめてあげるのも良いですね。

女性が動けないもどかしさで、腰をくねくねしている様子を楽しめるかもしれません。

リュイールホット

太ももをきつく引き寄せながら、しゃくりあげるように突いてあげるとより喜びます。

だるま返しの女性のメリット

Gスポットが性感帯の女性は、突き上げられる快感が得られます。

腰を前後に動かしたり、回したりといろんな動きをしてみましょう。手と男性の肩に上げた脚で支えると、腰が動かせます。

男性に預けた足で肩を強く押さえつけてしまうようになりますが、男性はそこまで重みを感じません。

かかとでパートナーを引き寄せるようにして、腰を前後させると良いでしょう。

だるま返しの男性のデメリット

男女とも座っているため、少し腰が動かしにくいかも知れません。

脚や体のバランスを取り続けないといけない女性にも負担の大きい体位となります。体が固い女性には辛くて難しいかもしれないですね。

体を後ろに反らしながら、腰も前後に動かさなければいけないので、体力の消耗も激しくなります。

また、あまり速いリズムで動かすのも難しいです。負担が少ない男性としては、少し物足りなく感じるかもしれません。

できない方は、腰から下だけを丸め上へ向かって突き出すイメージで行って下さい。

またどうしても動けない場合は、女性と同じように後ろへ手をつけば動きやすくなります。

だるま返しの体位は、女性にとっては顔を覆うこともできない上、全てを見られている恥ずかしさを感じます。

だるま返しから狂ひ獅子になって、女性を焦らすのもありです。

 

セックスの体位48手【1】TOPに戻る

 

セックスの体位48手【2】恋のむつごと四十八手を見る

 



女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ