セックスの体位裏48手 裏四.だるま返し

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位裏48手 裏四.だるま返し

裏四.だるま返し

だるま返しは、唐草居茶臼や、忍び居茶臼の体勢から、足を男性の肩にあげた体位です。


女性はしっかりと後ろへ手をつき、身体をそらし気味にすると良いでしょう。

居茶臼の形の変わつたもので、女房はうしろについた兩手と亭主の肩にかけた兩足で調子をとつて腰を浮かす様にし、マラがオマンコの中の気持のよい所へ当る様にします。


そしていよいよ、キをやる時は、兩足をはずして、お互いの肌と肌を合せる事の出来る普通の居茶臼になつた方が自然です。

だるま返しの男性のメリット


だるま返しは、パートナーの感じている姿をまじまじと見ることも・挿入箇所を眺めることもでき、大変興奮する体位です。

乳首やクリを、優しくいじめてあげるのも良いですね。

女性が刺激を求めて食いつくように腰を動かして、どんどん淫れていきます。

太ももをきつく引き寄せながら、突いてあげると、より喜びます。

だるま返しの男性のデメリット


男性は座っているため、少し腰が動かしにくいかも知れません。

できない方は、腰から下だけを丸め上へ向かって突き出すイメージで行って下さい。

またそれでも、どうしても動けない場合は、女性と同じように後ろへ手をつけば動きやすくなります。

だるま返しの女性のメリット


腰が比較的自由に動かせますので、ペニスを気持ちいい場所に当てることができます。

Gスポットがかなり当たりやすいので、とてつもなく快感を感じます。

腰を前後に動かしたり、回したりといろんな動きをしてみましょう。

だるま返しの女性のデメリット


だるま返しの体位は、手が塞がっているので、顔を覆うことができず、背けても表情が真ん前から見られてしまうので、少し恥ずかしく感じるかも知れません。

女性の腰を激しく動かすと、つい男性に預けた足で肩を強く押さえつけてしまうようになりますが、男性はそこまで重みを感じません。


かかとでパートナーを引き寄せるようにして、腰を前後させると良いでしょう。


セックスの体位 48手 TOPに戻る