●●しない相手を選ぼう!ロストバージン

ロストバージンの時の相手は慎重に

●●しない相手を選ぼう!ロストバージン
ロストバージン・・・処女喪失の時、相手は誰がいいですか?
また、ロストバージンの時の相手は誰でしたか?
今思い出して不服はないでしょうか?


もしも、今処女のヒトが当サイトを見て下さっているとすれば、ロストバージンの時の相手をどう選べばいいか、考えてもらう機会になれば幸いです。

ロストバージンの時選んではいけない相手?

「処女」って自分自身からすればとても大切なものですよね。
「処女」を捧げそのまま「純潔」でいられたら、どれだけ幸せだろう・・・と昔考えていた頃があります。


純潔とは、精神的な節制を保つこと。
とりわけ男女関係において結婚によって配偶者になった者以外との性的関係が無い状態を指す。
純潔の状態を道徳的見地から維持することを貞操(ていそう)と呼ぶ。出典:wiki



とはいえ、複数の経験がないと、気持ち良さの比較もできないという事になります。


母が言っていました。
「お母さんはお父さんしか知らないから・・・」
一生のうちにただ一人だけしか経験がないんて凄いなーと思いますが、一昔前には当たり前に一般的な事だったんです。

純潔ではなくとも、「処女」という女にとって、誰にも触られた事のないカラダを抱かれるというのは、とても特別ですよね。


昔と違って、貞操観念も減り、どんどん「ロストバージン」に対しての考え方も変わりつつあるかも知れませんが、ロストバージンはとりあえずは1回きりしかありません。


その時のロストバージンの相手は一生忘れる事のない大切な思い出となります。

その1回きりしかない一生モノの思い出を誰と作り上げるか?
自分の純潔を誰に捧げるか?
これは大袈裟でもなんでもありませんよ。
本当に大切な事です。



現在、大好きで付き合っている男性がいれば、ロストバージンの相手はこの人でいいのだろうか?なんて事はわざわざ考えないと思います。
でも、ちょっと待って。
本当にその相手でもいいでしょうか?

  • あなたの事をただの遊びだと思っている。
  • あなたとのセックスを人に事細かく話してしまう可能性がある。
  • 風俗などで遊んで病気にかかっている可能性がある。
  • 俺はセックスがうまいと自慢気に話している。
こういう男性は明らかに処女を捧げるに値しない男です。
そんな相手とロストバージンをしてしまう前に、もう一度よく考えてみて欲しいと思います。

●●しない相手を選ぼう!ロストバージン

「よく考えてみて」
と言いましたが、本当にその相手でいいのかを考えてという意味ではありません。

紗江がただ一つ再確認して欲しいなと思う事は、ただひとつ
ロストバージンの相手は、自分が後悔しない相手を選ぶ事、それだけです。


ロストバージン直後は、後悔する事はなくても、10年後20年後・・・

  • バージンをあのヒトに捧げて良かった。
  • ロストバージンの相手があの男性で良かった。


ロストバージンがいい思い出として残り、一生涯後悔しない相手である事が一番重要だと考えます。

例え、それがろくでもない男でもいいんです。
見極めるのは自分です。
” ろくでもない男 ” という部分を自分自身が承知の上であれば、後悔しないと言い切れる場合に限り、どんな相手を選択してもいいのではないでしょうか。



仮に、「遊び人だったけれど」
「二人のSEXの話を他人に面白おかしく話されてしまったようだったけれど」
「私はあの人の遊び相手のうちの一人にしか過ぎなかったけれど」

  • 自分にとって最愛
  • 他の誰でもなくあの人に捧げて良かった
どんな事があっても、その気持ちだけは変わらない。
そんなロストバージンの思い出を作って欲しいと思います。

そして、ロストバージン=処女喪失というのは、セックスに関する思い方や感じ方に影響してくるんです。



処女のハウツーTOPへ戻る