セックスの体位裏48手 裏十六.丁字引き

セックスの体位裏48手 裏十六.丁字引き

裏十六.丁字引き
仰向けになった女性の片足を抱え上げ、男性が座った姿勢で交差して挿入するのが、丁字引きです。

女房を右下にして横向きに寝かし、股をひろげてから、亭主が女房の右太モヽへまたがり、女房の左足をまつすぐに伸ばしたまゝ亭主の右側へ抱きかゝえ、堅くおえ切つたマラをオマンコへ臨ませておもむろに入れて行きます。

少し横向きになった膣へ、正面からペニスを挿入することで、いつもの本手(正常位)の感覚とは違う感触が味わえるでしょう。

微妙な違いですので、興奮していると感じにくいかも知れませんので、性器へ神経を集中してみて下さい。

丁字引きの男性のメリット


少し角度がちがうだけで、女性の片側の足が邪魔にならない分、ペニスを深く挿入できポルチオを感じることができます。

またこの丁字引きは、男性が腰を自在に使えるので女性をいかせやすい体位とも言えます。


女性がいく瞬間を上から眺められるのも、男性にとっては魅力かも知れません。

丁字引きの男性のデメリット

丁字引きは、本手(正常位)とあまり変わりない体位ですから、デメリットと言えるものはありません。

敷いて言うなら、抱き締める体位に移行したり、密着感が少ないという部分でしょうか。

丁字引きの女性のメリット

男性の腰使いがそのまま伝わる体位です。

あそこの中でペニスが暴れているような感じになるでしょう。

擦り上げながら突き上げられると、クリトリスも同時に刺激されるのでの気持ち良さに我を忘れそうになるでしょう。

丁字引きの女性のデメリット

こちらも男性同様、キスしたくてもできないもどかしさ・肌と肌を触れ合いたくても密着できないという部分です。

また片足が男性の足の下にあるので、相手によっては痛みや違和感を感じてしまうかも知れません。

正常位からの移行は、少し骨が折れます。


男性が、足を下に降ろす時、ペニスが短い男性は抜けてしまう可能性がありますし、少し不格好にもなる上、身体の硬い女性の場合はうまく足を下に降ろせないでしょう。

丁字引きになる場合、潔くいったん抜いてから行った方が良いですね。




セックスの体位 48手 TOPに戻る