セックスの体位48手【1】裏十五.八つ橋(やつはし)

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位48手【1】裏十五.八つ橋(やつはし)

ポリネシアンセックスの体位 八つ橋

八つ橋は、仰向けに寝た女性の片足を抱え上げ、足を上げた側から寄り添うように横から挿入します。

グツと深く入れて女房の肩先を抱きかゝえ、口を吸つたり、オッパイをなめたり、耳たぼを軽く嚙んだり、首根つこをなめたり吸つたり、又は右手でオマンコのドテをさすり、サネ頭をいぢりまわしなど、種々と女の攻め手を使いこなします。
  1. 女性が仰向けになり片足を上げ、その足を男性が抱き抱える
  2. 男性が上げられた足の方から寄り添う
  3. 男性がもう片方の女性の足を挟むよう、両脚を絡ませて挿入する

女性が右足上げたら右から、左足を上げたら左から寄り添います。

絹織物の裏地や下着に使われる織り方で、八つ橋織りというのがあります。

市松模様になる織り方ですが、2人の体勢をたとえて付けられたのではないかと言われています。

八つ橋の男女のメリット


横方向から挿入することで、いつもとは違った感覚が楽しめます。腰は自由に使えますので動きにバリエーションができ、手を使った同時攻めがしやすい体位です。


今までに知らなかった快感を、この八ツ橋で得ることができるかも知れません。

八つ橋の女にとって最高のメリット


八つ橋は、お互いの顔がすぐそばにくるので、吐息を間近で感じることができ、相手に対する愛おしさを実感できる体位です。

特に女性にとっては、大変幸せを感じることができます。

カラダが感じるためのSEXではなく、精神的な繋がりを感じるためのポリネシアンセックスの体位です。⇒愛を育むポリネシアン・セックス

挿入したまま動かず、ゆったりと互いのエネルギーを交換しあい、脳でマルチプルオーガズムを感じるとも言われています。

男性にとってはそうでもないかも知れませんが、女の憧れのSEXとも言えますね。
基本、人間は男女関わらず自分本位の行為を行ないたいものです。それが人間の根本的な心理です。

八つ橋の男女のデメリット


当サイトの見解では、八つ橋にデメリットは、ほぼないと考えています。

とはいえ、ポリネシアンセックスを試してみようと思っていない方にとっては、本て(正常位)のように長時間取る体位ではありません。

さらに、野生のようにお互いの身体を貪りたい気分の時に適している体位ではありませんね。

  • 激しく責めたいとき。
  • 犯されているかのように、むちゃむちゃにされたいとき。
  • 奥まで激しく突きたい・突き立てられたいとき。
このような気分の時には、お互いにもどかしくなってしまうかも知れませんね。

スムーズに八つ橋の体位になるには


無理なく、八つ橋の体勢になるためには、まずは浮橋や、つばめ返し・その他通常の後背位から一緒に横になると、スムーズでしょう。



 

セックスの体位48手【1】TOPに戻る

 

セックスの体位48手【2】恋のむつごと四十八手を見る

 



女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ