セックスの48手【2】恋のむつごと四十八手:其の3.明別(あけのわかれ)

全てのページはこちらサイトマップ

四十八手:其の3.明別(あけのわかれ)

セックスの体位48手【3】其の3.明別(あけのわかれ)

たま〈忍びきて語り合ふに はや 明方(あけがた)に近づけば こヽろならずもしとねをいで なごりをおしむもことわりにこそ

(たまに忍んできて語り合っていると、早くも明け方に近づいたので、心ならずも布団から出て、名残を惜しむのも、もっともなことである)

若衆と女性とが一夜を過ごした後、別れが名残惜しくて、接吻をかわしています。キスは決して外国の風習ではなく、日本でも昔からあったことがわかります。

このような一夜明けて別れる場面のことを「後朝(きぬぎぬ)」と呼びます。

なぜ朝になると別れるのでしょうか。

平安時代では、通い婚が一般的でした。男は女の家に通い、朝になれば自分の家に帰るのです。その場面を人に見られるのは恥とされていました。それで、まだ人通りのない暗いうちに男は出て行かねばなりません。

そして、互いに名残惜しいという気持ちを「後朝の歌」に込めてやりとりをするのです。

江戸時代は通い婚ではありませんが、人目を忍ぶ恋では、同じようなシチュエーションとなります。

浮気や不倫などの禁断の恋ですね。

ただし恋とは言っても、セックスをしたいだけの男性が多い現実。冷静になれば、相手がどんな想いでいるのかわかるはず…。

そしてそんな禁断の恋に溺れている状態は、脳の麻薬に侵されているだけなのかもしれません。

とはいえ禁断の恋ではなくとも、パートナーと離れる朝は寂しいもの。朝のセックスの余韻を残したまま、後ろ髪引かれる想いを感じます。

朝行うセックスは、男女にとって大変よい状況を作ります。夜のセックスの後のおかわりですね。

 

 

 

セックスの体位48手【2】恋のむつごと四十八手TOPにもどる

 

セックスの体位48手【1】を見る

 

リュイールホット

女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ