セックスの48手【2】恋のむつごと四十八手:其の27.だき合(だきあい)

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの48手【2】恋のむつごと四十八手:其の27.だき合(だきあい)

セックスの48手【2】恋のむつごと四十八手:其の27.だき合(だきあい)

もの心なきちご若衆は 女といらへするのもいやがるもの也 さなる人には大かた口などすふことおほし

まだ恋を知らない稚児や若衆は女に返事をするのさえいやがるものなのだ。そんな人にはたいてい口などを吸うことが多い。

この四十八手は、少年と少女がキスをしている春画です。

『もの心』といえば、赤ん坊から幼児になる頃、なんとなく世の中のことがわかるようになることを『もの心が付く』といいます。

ここでは、恋心という意味です。

まだ恋を知らない若者は女に返事をするのもいやがるとありますが、とってもウブなのか、それともあまりに幼いのか。

キスは、江戸時代『口吸い』『くちくち』『おさしみ』などと言われていました。遊女が客に対してするキスは『手付け』や『きまり』と言っていたようです。

明治以降に言われた『接吻』は幕末にでき、その後『口づけ』という言葉ができています。

江戸時代の恋愛・性技ハウツー本『好色旅枕』には、キスについてこう書かれています。

男の舌を女に吸はすこと勿れ、女に舌を出させ男の口へととり込みて、歯のさゝらぬやうに唇にて女の舌をしごきねぶるべし

『舌を入れて女性が興奮すると危険だから、舌を出させて歯が当たらないように吸引しなさい』というハウツーです。

また菱川師宣の春画で、以下のような絵もあります。

若い男をキスでたぶらかす年増女の春画

娘、若衆、いまだ若年にて、まゝ事の手習をしらるゝに、まづ約束のためにとて、口を吸ひ給ふ。これを鳩子飼といふ。

浮き沈みこん夜はさてもいかにせん もだえかねたるむすめわかしゅう

『たぶらかして世渡りする人』=『鳩子飼』

どちらかがたぶらかそうとしているが、まだどちらも若すぎるので進展がない様子を表しています。

人目を忍ぶ恋、明け方の別れを惜しむ切ない口吸いとは全く違うキスですね。

しかし相手が年増女なら、若い男性はテクニックの虜になってしまうかもしれません。

年老ひたる女、若衆におもふ心ありて、常にいとをしがりてのあまりに、物陰成し所にて、抱きつき口を吸う。若衆も余念なく、今は人目も恥る心もなくうちとけぬ。

若い男に惹かれた中年女性が、キスで魅了しモノにする…現代でも、時々聞く話です。

どうやらショタ趣味の女は江戸時代にもたくさんいて、何も知らない少年にイケナイことを教えたがるようです。

そんなウブな若者に色恋のなんたるかを教えようとするならまずはキスから。

かつて、恋の段階をABCで表現することがありました。Aはキス、Bはペッティング、Cがセックスです。現代の若い方には通じないようですね。

 

前の四十八手『後懸(うしろがかり)』

 

 

セックスの体位48手【2】恋のむつごと四十八手TOPにもどる

 

セックスの体位48手【1】を見る

 


女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ