ソフトSMプレイを刺激的に楽しむ

ソフトSMプレイをちょっぴり楽しむ

ソフトSMとは、「痛みを伴わないSM」です。
痛みを伴ってしまうと、もうそれは「ソフトSM」ではなく、「SM」になってしまいます。

こちらでサドとマゾについて詳しく書いてありますが、サドとマゾのSEXの楽しみ方の延長上にソフトSMプレイは成り立ちます。


SEXがマンネリ化してきたカップルや、何かもっと刺激的なことがしたいなと考えている人には、ソフトSMプレイは最適な遊びです。

SMプレイなんて怖いと思う人もいるかも知れませんが、少しは興味ありますよね。

そういうソフトSMをした事がないという初心者の人に、ソフトSMプレイのやり方をご紹介したいと思いますよ。

ソフトSMプレイ 【その1 目隠し】

ソフトSMを刺激的に楽しむ

目隠しは、ソフトSMプレイの入り口にあたるプレイです。
人の感覚である五感。視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚
SEXはその五感を全て使い、伝え、感じる事のできる行為です。


そのうちのひとつ、視界を奪われると、他の感覚が一気に研ぎ澄まされる事になります。


何も見えないのは、とっても不安ですね。

でも、その不安が快感を増長させ、あなたの中にあるM【マゾ】の性質が「支配されている」事をもっと大きな快感へと導いていきます。

目隠しをされて、暗闇の中で愛撫されると思うと少しゾクゾクしませんか?

  • 彼の息遣いが聞こえる。聴覚が敏感になり、その息遣いがとってもセクシー。
  • かすかに彼の匂いがする。いつもとは違った感覚で彼を感じる事ができます。
  • いつどこを触られるのかわからない期待。触覚は一気にマックスに。
  • 彼のキスの味。彼のガマン汁の味。今までよりももっと感じます。

もちろん、あなたが目隠しをされるだけでなく、彼にも目隠しをしてみましょう。

彼への目隠し

  • 身体は、触れずにどこにいるのかわからないようにします。
  • 息を潜めて、意外な順番で唇を近づけます。耳に次は膝に、次は肩に。相手は視界を奪われているので、次はどこにくるのかわからないので、吐息が近づいた時にはビクンとなってしまう程の快感を得ます。この段階ではまだ唇も触れないで下さいね。
  • 唇や指を使って、触れるか触れないかくらいで、肌を撫でます。何かが首筋を撫でたと思ったら、息が腰に・・・腕に吐息がかかっていると思ったら、乳首に何かが触れる・・・そうしているうちに身体をよがらせながら、彼のペニスはもう大きくなっているでしょう。
  • そうしながら、不意をついて、激しいキスをしたり、乳首にいきなり吸い付いたり、ペニスを一気に咥えてみて下さい。彼の快感も一気にMAXです。もうあなたに入りたくてたまらないようになっていますよ。
  • でも、まだです。もう少しじらしましょう。身体を密着させ、全身で愛撫もして下さい。舌を使って、あちこちを舐めたり、触れたり、そしてまた身体を離してどこにいるのかわからないようにします。

そんな事を少し繰り返しながら、愛撫してあげると彼の身体はいつもとは違った感覚に大喜び。
大事な事が2点あります。

  1. 初めは触れられているのかいないのかくらいにする。
  2. そして、徐々に強弱をつけ、最後は物凄く激しく です。