思いやりが必要?【インタラクティブセックス】のススメ Vo.Ⅰ

【インタラクティブ】とは??

思いやりが必要?【インタラクティブセックス】のススメ Vo.Ⅰ
パートナーとSEXする際に、きちんとコミュニケーションは取れていますか?

SEXだけでなく、相手の気持ちになって考える事は、カップル間でのコミュニケーションでは必ず必要な事です。


「インタラクティブ」


インタラクティブとは、簡単に言うと単なる情報発信ではなく、情報の送り手と受け手が相互に情報をやりとりできる状態の事を言います。

送り手と受け手が双方向に作用し合う様子・「相互に作用する」という意味を持っています。


当サイトでは様々な情報発信していますが、サイトを見て下さっている方が紗江に対して意見やメッセージを送れる状態にあり、それによってサイト内で紗江の意見が変わったり・何らかの影響を受けている事が「インタラクティブの開始」にあたります。

言葉としてはうまく理解できないかも知れませんが、コミュニケーションを行うことが「インタラクティブ」と思って下さっても良いと思います。

セックスには思いやりが必要

人間は必ず誰かの影響を受け続けています。誰の影響も受けないという人はどこにもいないでしょう。

セックスで、気持ちよくもないのに演技をしてしまうと【インタラクティブ】を開始するどころか、ただ一方的に嘘の情報を発信し相手も一方的な判断しかする事ができません。

一方的なセックス行為が多い中、相互に作用するインタラクティブセックスをできているカップルはどれだけいるのでしょうか?

セックスに、絶対不可欠なのは一番に「思いやり」です。

インタラクティブセックスをするためには、相手を思いやる気持ちが必ず必要なんです。

【インタラクティブセックス】のススメ

夫婦やカップル間では、セックスだけに限らず必ずコミュニケーションが必要ですよね。

コミュニケーションが取れていないと、パートナーの気持ちを知る由もありません。

コミュニケーションが取れないと、セックスレスになってしまったり、一方的な快楽を感じるだけの独りよがりな性行為で満足してしまうという結果になってしまいます。


【インタラクティブセックス】のススメその1・・・演技はしない

  • 相手のプライドを傷つけたくない。
  • 感じないオンナだと思われたくない。
  • 気持ちいい=本当に愛している という気持ちを伝えたい。

などの理由によって、オンナはつい感じているフリ・イッたフリをしてしまいます。

ダメだと思ってはいても、そうしてしまう気持ちは凄くよくわかりますが、セックスで演技をしても、二人の間には何のメリットもない事を知って下さい。

その愛撫の仕方が気持ちいいと思い込み、二人のセックスはそれ以上通じ合う事はできないという結果になってしまいます。

【インタラクティブセックス】のススメその2・・・本音を伝え合う


セックスでは、お互いがいいように思われようとする一心で無理をする場合があります。

楽しくもないのに、無理に笑顔を作るなど、通常の「本音と建前」での付き合いは多少必要であるかも知れません。ですが建前の付き合いでは、それ以上関係性が深くなることはありませんよね。

セックスではして欲しい事をちゃんと伝え合わないと、お互いに本当に気持ちよくはなれません。

  • 嫌な時
  • されて気持ちいい時

はっきりと明確に伝え合うコミュニケーションが必要です。

気持ちいいやり方だったときは、「今のがすごく気持ちいい」と本音で伝えて下さい。


【インタラクティブセックス】のススメその3・・・嫌な事ははっきり言葉にする


セックス中「イヤ・・・」と言うと、オトコは必ず「いやよいやよもしてのうち」なんて勘違いをします。

気持ち良すぎたり、自分のテクニックに溺れているんだな なんて考えはオトコなら誰でも持ちます。

どれだけ思いやりがある優しい人であっても、全く思いやりのないいい加減な人であってもそれは仕方のない事なのです。

あなた自身が心底「痛っ!」と感じて身をよじらせる様子を見ても、「気持ちよくて体が反応しているんだ。」と勘違いするのは100%と言い切れます。

  • 「それ本当に痛い。」
  • 「ほんとに嫌だからやめて欲しいの。」

と真剣な気持ちを言葉で伝えて下さい。

オトコはその言葉だけで、萎えてしまうかも知れませんが、あなたを本当に思いやっている相手なら、それでもきちんと受け入れてくれるので心配は要りません。

もし、それで不機嫌になったり、無理矢理続行しようとした場合、思いやりどころか愛の欠片もありません。見切りをつけさっさと別れる方が身のためです。



続き ⇒ 思いやりが必要?【インタラクティブセックス】のススメ Vo.Ⅱ

合わせて読まれています。