セックスの体位裏48手 裏二.浮島本手

セックスの体位裏48手 裏二.浮島本手

裏二.浮島本手

浮島本手は通常の本手から、男性が女性をしっかりと支え、起こし上げた状態の体位です。

  • 男性は、片手でパートナーを引き寄せ・片手は床に手をつき、バランスを取ります。
  • 女性は、しっかりとパートナーの首にしがみつきます。

この体位への移行の仕方は、正常位で女性が足を開き男性に首に腕を回し、男性は片腕で女性の背中を支えながら、もう片方の腕で上体を起こします。

もしくは、坐位から男性が上体をゆっくり前に倒すようにする方法でもこの体位に移行できます。

女性は、落ちないようにしっかりと体を密着させて下さい。

そして、おたがいに一寸手をゆるめると好い具合に口を吸い合うことが出来ますから・・・


双方が抱き合う必要がありますので、肌と肌とがくつ着く樣全裸の方がよろしいのです。


浮島本手の男性のメリット


男性の浮島本手のメリットは、あまりないかも知れません。

正常位から女性上位・正常位から座位・またはその逆の場合へ導く体位変換の際に、少し楽しむ程度にすると良いですね。

浮島本手の男性のデメリット


男性にとっては、少々骨が折れる動作となります。

密着感はバッチリですが、このまま正常位か・座位である唐草居茶臼忍び居茶臼になった方が楽だと感じるでしょう。

本手はこちらから順にご覧下さい⇒セックスの体位 48手 一.網代本手

そして、男性はあまり腰を使うことができませんが、腰をしゃくりあげるように動かすと良い気持ちになれます。

浮島本手の女性のメリット


浮島本手は、女性にとっても疲れる体位ですので、メリットと言ってもそこまでいいものではありません。

ですが、男性としっかり密着できるので、腰を回転させるように擦りつけるとクリトリスを刺激することができます。

また腰を回すと体全体がくねりますので男性に押し当てた乳首も程よい刺激を感じることができます。

浮島本手の女性のデメリット


しがみついている腕が疲れる上、男性もつらいのではないかと気になる上、後ろへ落ちてしまう心配があります。

性行為に慣れていない女性の場合は、思うように腰を動かすことができないので、2人同時に戸惑ってしまう場合もあります。

少し疲れてきたら、女性が後ろへ両手をつき、つま先立ちとで支え、男性にあそこを押し付けながら腰を前後させれば、良いでしょう。

女性の体勢だけで言えば、だるま返しの体位に近くなります。


そして、そのままいすか取りや裾野の体勢へ移行しても良いですね。

男性は、そういった体位になった後、この浮島本手でじれったくなった女性を、激しく突き上げてあげると良いでしょう。


セックスの体位 48手 TOPに戻る