セックスの体位裏48手 裏五.地藏抱き(居茶白)

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位裏48手 裏五.地藏抱き

裏五.地藏抱き

この地藏抱きは、一般的に『抱き地蔵』と言われていますが、参考にした『夢枕艶房秘書』では『地藏抱き』と記されています。


お地蔵様を抱いている時になぞらえて付けられた名前です。

先ず亭主が何か物に腰をかけ、現今なら椅子というところですが、踏み台でも蒲団をたゝんだのでも結構、その両股の上え女房が股をひろげてまたがり、おえ切つたマラをすつぽりちオマンコへはめこみながら静かに腰をおとします。

つまり本篇の居茶白が腰かけた形になればよいのです。

地蔵抱きの男性のメリット


地蔵抱きは男性にとって、椅子に座るのでとても楽な姿勢です。

性器どうしがぴったりと重なり、深い挿入感を得ることができます。

女性の胸を楽しむこともできますし、恥ずかしそうな表情もばっちり見ることができ、視覚的にも満足のいく体位でしょう。

地蔵抱きの男性のデメリット


地蔵抱きはどんな動きでもできますが、腰使いの慣れていない男性の場合は、うまく動けないかもしれません。

女性が動いている時は、主導権を女性に渡し、サポート的にタイミングを合わせ軽い動きにしましょう。

地蔵抱きの女性のメリット


地蔵抱きは、膣の良い場所にあたるよう自分で調節できます。

パートナーの肩を持って身体を支え、跳ねるようにピストンをすることもできますし、後ろへ身体を反らし腰を前後に動かしてクリを擦りつけることもできます。

地蔵抱きの名前のごとく、パートナーに抱き着き身体を密着させると、大変幸せを感じます。

また騎乗位同様、男性を犯しているような感覚をたのしめるのこの体位の魅力です。
プレイとして男性を椅子に後ろ手に縛ったり、男性に目隠しをしたり、SMプレーもいいかもしれませんね。


地蔵抱きの女性のデメリット


ポルチオに当たるのが苦手な女性は、痛みを伴うかも知れません。

また、パートナーに重みがかかっているんじゃないかと気にしてしまうかも知れませんが、気にせずとも大丈夫です。

  • 女性が足を大きく広げ、椅子やソファーに両足をのせると、激しいピストンをする。
  • 女性は男性の首にしっかりとしがみつき、男性が女性の足を抱えて腰を動かす。

こういった激しい動きにすることもできますが、後ろへ倒れないように気をつけて下さいね。

この体位から、男性が女性を持ち上げやぐら立ちになり、本手の体位へ変換すると良いでしょう。
本手の体位はこちらから順にご覧下さい⇒セックスの体位 48手 一.網代本手



セックスの体位 48手 TOPに戻る