セックスの体位48手【1】裏六.鳴門うしろ取り(なるとうしろどり)

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位48手【1】裏六.鳴門うしろ取り(なるとうしろどり)

裏6鳴門うしろ取り

鳴門うしろ取りは、座った男性の上に、女性が背中を向けて座り挿入した体位です。

似た体位に亂れぼたんがあります。

イラストでは、乱れぼたんとほぼ同じですが、『夢枕艶房秘書』ではこういうイラストが掲載されています。

セックスの体位裏48手 裏六.鳴門うしろ取り

言えば、本駒掛け(ほんこまかけ)〆込み錦(しめこみにしき)の変形バージョンです。


アナルセックスでも使える体位ですね。

鳴門の渦卷を思はせる様な惱ましくもヤヽコシイ形で、坐つた形で両足を前へのばした亭主上へ、亭主と同じ向きに股をひろげて乗りかゝり、都合よくオマンコへマラをおさめます。

そして亭主はうしろから女房のお乳の辺りを両手で抱いて力をそえます。


鳴門うしろ取りの男性のメリット


坐位は男性が楽な体位です。

両手が使える鳴門うしろ取りは同時に胸やクリトリスに愛撫することができます。

女性を前のめりにならせ、美しい身体のラインや、いやらしい腰使いに集中することで、また違った興奮を得られます。

鳴門うしろ取りの男性のデメリット


男性は自由度が低く、女性の動きに合わせることになります。

女性の喘ぐ表情を見ることが出来ません

鳴門うしろ取りの女性のメリット


後ろ向きの挿入が感じる女性にとっては、とても魅力的な体位です。

比較的自由に動くことが出来ますので一番感じる角度でペニスを受け入れることができます。

このイラストにあるように自分でクリトリスを触ることもできます。

鳴門うしろ取りの女性のデメリット


腰を上下、前後にふることになります。挿入は浅くはないのですが、どうしても女性の動きがダイナミックになりやすく、あまり大きく動かすと抜けてしまします。

鳴門うしろ取りの注意点


激しいピストンをすると、ペニスが抜けてしまいますので気をつけましょう。

無暗に腰を使うと、マラがはずれますから、入れたまゝ、やわ〈、そろり〈 静かにやつて下さい。

この体位で女性がいくことも可能ですが、いく瞬間女性の体が伸びることがありますので男性は後ろに倒れて頭を打たないようにしてください。

この鳴門うしろ取りから楽に移行できる体位は、〆込み錦本駒掛け〆込み千鳥があります。

 

セックスの体位48手【1】TOPに戻る

 

セックスの体位48手【2】恋のむつごと四十八手を見る

 



女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ