男の潮吹きに必ず必要な水分補給

男が感じている姿で感じるオンナ

男の潮吹きに必ず必要な水分補給
自分の好きなパートナーを感じさせ悶えさせるのは、オンナなら誰もが願う事です。

  • 乳首の感じる人ならコリコリしたり、軽く吸い付き唇で震わせながら舌でねっとりと愛撫をし
  • フェラの好きな人なら、唾でベトベトにした口内でペニスを弄ぶように丹念に舐めまわしてあげます。
  • 睾丸やアナルを軽く愛撫されるのが好きな人には、舌や濡らした指で軽くマッサージするように優しく愛撫。
自分自身の手によって、甘い声を発し身をよじる姿を見るのは自分が愛撫されているよりも満足感が得られ、見ているだけでもイキそうになるひと時です。

そんな感覚は、どちらかというと男性の方が多いかも知れませんが、「オンナを潮吹きさせたい」という男性よりも圧倒的に数少ない「男に潮吹きさせてその姿を見たい」という方には、その前にするべき最低限の絶対条件があります。

潮吹きに必ず必要な水分補給

管理人紗江が、過去に1時間も潮を吹かされっぱなしだった辛い経験をした際、相手は「きっちりと水分を補給しなよ。ないと脱水症状を起こしてしまうから。」とお水を手渡されました。

その時の辛い潮吹き体験は下記からご覧下さい。

潮吹きで有名な紅音ほたるが潮吹きは撮影時には12リットルのポカリスエットを消費していたという事を明かしていますが、紗江が潮吹きする際には水分を摂ることもありませんし、直前におしっこを全て出した状態で、潮吹きには特に水分は必要はありません。

ですが、潮吹きしやすい体質・潮吹きしにくい体質があり、潮吹きしにい人は特に多くの水分を摂っておくと潮吹きしやすくなると言えます。

AV女優の大島薫さんは言っています。

「潮吹きするためには、水分をしっかり補給すること。せっかく潮が吹ける状態にあっても、ダムが枯乾していたら水は出てこない。」

男の潮吹きも、尿ではなく汗に近いものと考えられています。男の潮がどこから分泌されているのかはわかってはいませんが、身体の中から水分が噴き出ているという事に変わりはありませんよね。

オンナの潮吹きと同様、性感が与えられた時に一気に作り出されるものかも知れません。それを作り出すには、必ず水分が必要です。

そして、男の潮吹きでもおしっこを出してしまうようなつもりにならなければ、オンナと同様潮吹きをすることはできません。

人が1日に必要な水分量

人間が1日に必要とされる水分量は、約2.5ℓと言われています。

  • 尿や便で1.6ℓ
  • 呼吸や汗で0.9ℓ

たった1日で、これだけの水分が失われています。

ただし、普通に生活していると、食事中の水分で1ℓ・体内でつくられる水分0.3ℓがありますので、意識して摂取する水分は約1.2ℓとなります。

潮吹きしなくても、それだけの水分が必要なんですね。

男の潮吹きする量は、2・3ml ~400mlと言われていますが、その分の水分は摂取するに越した事はないのです。

潮吹きしたい男性は、SEX前に多めの水分を摂っておく事をおすすめします。

そして、射精後はおしっこを出すような感覚で、パートナーに刺激してもらいましょう。


合わせてご覧下さい。



男と女の潮吹きのあれこれ TOP