アナルセックスの快感について

全てのページはこちらサイトマップ

アナルセックス をした事ありますか?
管理人紗江は、三度だけ経験があります。たった3回だけでそれを語るな!とは言わないで下さいね。

ずばり率直に言って、アナルセックスの快感 本当にあります。

本当のアナルセックス上級者には、何をしても敵いませんが、紗江もその快感を体感しました。言葉では言いようのない、アナルの快感。アナルセックスがこんなに気持ちいいものだとは考えもしていませんでした。

アナルセックス快感の歴史

アナルセックスの快感について

アナルセックスは紀元前からある行為で、アナルの入り口には、神経終末が密集し性別を問わず性感帯となる場所でもあります。

またアナル内部では、感じやすい直腸壁をお腹側に向けて刺激することで、膣の内部や子宮・ポルチオ周辺などに刺激が伝わって快感を感じるものとされています。

そして、男性も、腸壁越しに前立腺や精嚢が刺激されて快感へつながるのです。もちろん全ての男女がそういう快感を感じるというわけではありません。全く感じない人もいます。

アナルセックスの快感に至るまで

アナルセックスは、男性女性関わらず大変抵抗のある行為だと思います。なんでそんな場所に、ペニスを挿入するのかという疑問が生じるでしょう。

  • ウンチがつくかも知れないから恥ずかしい。
  • 臭い 絶対するよね?!そんな風に思われたくない!

女性が感じるのは、その2点ですね。でもなぜ、男性がアナルセックスをしたがるのでしょうか。

アナルセックスをしたいのは、パートナーを征服したいからと言えるでしょう。

アナルセックスができる間柄、それこそが、「アナルセックスの快感」を生み出すものと、紗江は感じています。知らない男性とアナルセックスをして快感を得られるか?

はっきり言って、得られません。多くの場合、よく知りもしない男とのアナルセックスで快感を得ることなどできないでしょう。

信頼関係のない男性に、アナルを舐められたいと思いますか?誰でも彼でも、男性のアナルを舐めることができますか?

できませんね。基本的に、男性も同じです。愛しているから、アナルなんかを舐めることができる。女性も男性も、愛していない相手のアナルを舐めたりできませんね。

それこそ、アナルにペニスを挿入する「アナルセックス」は抵抗ばかりでしょう。ましてや、快感を得るなんて…。

当サイトでは、本物のアナルセックスを語っているものではありません。

あくまでも愛し合っている男女を基本としていますので、誰としても気持ちがいい本当のアナルセックスの快感についてではありませんので、ご了承願います。

アナルセックスで快感を得るためには

アナルセックスで快感を得るには、信頼関係・そして本当の愛情が必要だということはわかってもらえたかと思います。でも、そんな気持ちがあっても、それだけでは、アナルセックスで快感を感じることはできません。

何故なら、アナル自体がそういう構造ではないからです。

アナルセックスで快感を得るためには、順序というものが必要です。いきなり、アナルにペニスを突っ込まれても、快感は感じられません。

アナルの中は、膣なんかとは比べ物にならないほど、大変デリケートで傷つきやすい粘膜でできています。
愛があっても、すぐさま挿入なんてできるものではありません。

快感を感じるアナルセックスをするための準備

パートナーがいきなり、アナルセックスをしようとしてきても、とりあえずはいったん止めて下さい。でないと、あなたが痛い思いをし、傷つくことになります。

そして順序を、さりげなく、こうして欲しい・準備のためにもう少しだけ刺激して欲しいな と伝えて下さい。

【1】アナルの洗浄

まずはアナル内を洗浄します。アナルセックスをする上で、一番基本的な部分となります。洗浄の仕方は、まず浣腸をします。

そして、何度かぬるま湯を、同じようにアナルに入れ、出てくる水分が透明になれば準備OKです。

浣腸のいろは特集

【2】アナルへの優しい愛撫

アナルを十分に舌で刺激します。舐めたり、舌でつついたり、膣の周辺と同じように、優しく刺激していく事で、アナルへの快感が増してきます。

アナルを舐められる事を恥じながらも、愛している彼が、愛している彼女が、自分のそんな場所を汚いとも思わずに愛撫してくれている そう感じる事で恥ずかしいけれど幸せな気持ちになれるんですね。

【3】アナルをほぐす

潤滑剤をたっぷりと付けてコンドームや指サックをはめて、指でアナルの表面を揉みほぐします。

ぐるぐると、まわしたり優しく撫でるようなイメージです。アナルセックスに抵抗がある女性もこれはある程度気持ちいいと感じるでしょう。

ただしそんな雰囲気の中、コンドームや指サックまでつけるとなると、雰囲気も壊れてしまう可能性もあります。

パートナーを余計に緊張させてしまう可能性があるので、綺麗に洗った指で、前後必ず丁寧に洗う・その指で他に何も触れないということが前提の上なら、着けなくてもいいでしょう。

【4】アナルに指の先を入れる

潤滑剤を付け足して、ほんの少しだけ、指の先をアナルの入り口に入れます。入れられた側は、何だかうんちが出そうな・出ているような不思議な感覚に襲われますが、指の先だけを出し入れする事によって、少し気持ちいいのかなという快感が、じんわりとカラダに広がります。

爪は、必ず深爪くらいに切っておかなくてはいけません。

【5】アナルに指を入れる

そして、パートナーが快感の息を漏らし始めたら、指を1本入れてしまいます。あくまでもゆっくり。急がないで下さい。

早く出し入れしても、パートナーは怖がって、アナルセックスの快感どころではありませんし、その段階で恐怖心を植えつけることになります。

パートナーが、安心できる環境を作りつつ、「気持ちいい?」と問いかけてみて下さい。そこで、気持ちよくないと言えば、アナルセックスではまだ感じないカラダなのだと、今日はその行為はやめて下さい。

たった一度でアナルセックスができるわけがありません。初めての場合は、ここまでで止めて普通のセックスをしましょう。

相手が女性なら、クリや膣を刺激してイカせてあげて下さいね。相手が男性なら、睾丸やサオを刺激し、膣に挿入、あなたの腰使いでイカせてあげて下さい。

無理強いは絶対にダメです。

アナルに指を2本入れる

指を1本入れた時点で「気持ちいい」という返事が聞けたなら、もっと潤滑剤を付けてもう1本挿入します。合計2本の指ですね。

爪でアナルを傷つけないように、”ゆっくり”とが基本です。そして、潤滑剤は出し入れしている間も、こまめに付け足して下さい。

2本の指を、優しくゆっくりと出し入れして下さい。そして、少し指を回転させて下さい。

ここで気をつけるのは、パートナーへの気遣いと超スローなスピードでするという事です。

少しずつアナルが柔らかくなってくるのがわかるでしょう。気持ち良いという相手の言葉が聞けたら、ペニスを挿入する準備は整いました。

アナルを感じさせる注意点

アナルに入れた指は、間違っても膣に入れないで下さい。アナルには、大腸菌をはじめ、雑菌がうようよしていますので、女性の膣にアメーバ性赤痢や、何らかの炎症を与えてしまう可能性が高くなります。

またその指でクリを刺激するのもダメです。尿道口に雑菌がついてしまう事によって、膀胱炎になるなどの、様々なリスクが生じます。

男性も女性も、コンドームを使った場合は、触れないようにすぐ捨てる。そして必ず爪の先まで綺麗に洗うことが大切です。

アナルセックスの快感へ向かってペニス挿入

アナルセックスの快感

ペニスを挿入する時いくら指でほぐしたからといって、その場ですんなりペニスが入るわけではありません。

指は2本入ったけど、ペニスはもっと大きいものです。入れる時も、パートナーの反応を確かめながらゆっくりです。

今日だめなら、また次もそのまた次も、同じようにアナルへの快感に慣らしていきます。

コンドームは必ず着ける。潤滑剤は常にたっぷりが基本です。

アナルセックスの体位

体位は、バックが一番いいでしょう。寝バックで、腰を高く上げた方がパートナーはリラックスできるかも知れません。

もし女性が男性に、ペニスバンドなどで挿入する時は、そのペニスは生身ではない事をきっちり理解しなくてはいけません。彼がアナルセックスを経験しているなら、まだ大丈夫ですが、所詮おもちゃはおもちゃです。

女性も、バイブをペニスと同じように入れられたら、きっと人工的な感触を感じ痛いと思います。気をつけてあげて下さいね。

アナルにペニスの先だけを挿入する

ペニスの先は、案外すんなりと入るかと思います。でも、そのまま奥まで入れてはいけません。

入ったペニスの先だけをゆっくり出し入れして下さい。

ペニスの先とカリの太さが違うのはわかりますね。そのまま入れてしまうと、ペニスのカリの部分がひっかかってしまい、とてつもない痛みが走ります。無理やり入れ込むと、アナルセックスの快感どころか、もう拷問に近い感覚です。

指でほぐされたアナルは先までならすんなり入って、それを出し入れしているうちに、気持ちいいと快感を感じてくるでしょう。

アナルから出した時に、つるっと膣へ滑り込みそうになる場合があるので気をつけて下さい。絶対にそのペニスで膣に触れてははいけません。

アナルにカリまで入れピストンする

いよいよ。カリまで挿入していきます。

少しずつ少しずつ焦らずに、大丈夫?と声をかけながら、そして 乳首を刺激したり、腰をソフトに撫でたりして、気が他の部分へいくように誘導してあげます。

女性ならクリを刺激したり、男性なら睾丸を優しく揉んだり、ペニスをそっとしごいてあげて下さい。

そしてカリまで入ったら、カリを外に出さずにゆっくりピストンをします。ピストンというよりも、あまり出し入れはせずに押し込むイメージです。

多分この時点でパートナーは、快感を得ていることでしょう。ゆっくりゆっくりカリを出さないままピストンを続け、慣れてきたら少し早くしてみましょう。

通常のピストンをゆっくり行う

これで慣れてきたら、ようやくカリをゆっくりアナルの外へ出します。そしてそっと入れます。

きっと初めカリを挿入したような入りにくかった感じはなくなっているでしょう。何度も言いますが、無理強いはダメです。

痛がったらカリを出し入れするのはやめて、先の部分で小さくピストンを続けるか、カリをアナルの中に収めたままのピストンを続けて下さい。

カリを出し入れせずともペニスが入っているだけでも、アナルを慣らしていることになります。

お互いの快感を開放して、最後は奥まで突き、きついピストンをしてフィニッシュです。アナルセックス初心者の場合は、アナルセックスをしたからといって、イクのはまず難しいでしょう。

あまり長くすると、出血してしまいますし、だんだんと痛くなってくるので、短めに済ませて下さい。

男性の場合はフィニッシュまでいかずに終了し、数日経ってからまた初めから繰り返すようにしましょう。

アナルセックスの真の快感

紗江も、まだ3回だけなので、イッた事はありません。今後彼と少しずつ開発していきたいと思います。

実は先日セックスの最中、私を後ろから責めていて、興奮した彼が紗江のアナルに前触れなく挿入しようとして、紗江も我慢しようとしたのですが、カリが入りかけたところで激痛が走り、ギャー!!とわめきちらしてしまいました。

先はまだ痛いとはいっても我慢できたのですが、全てを入れるのは死ぬ程痛くて痛くて・・・

大好きな彼がしようとしたことなので、受け入れたい一心で耐えていたたのですが、その声に彼は大笑い。

「やっぱ一気にはダメか」なんて可愛い顔で笑っちゃって。

「お前、私のこの気持ちをわかってんのかよ!同じことしてやろうか?」と言ってやりたかったけど、言葉にはせず、彼の笑顔に免じて許してあげました。

ですが、3回経験したアナルセックスによって、確かな快感は感じました。

精神的な気持ちが大きいような気もしますが、指で刺激されている時、カリが入った時の貫かれたような快感は忘れられません。

このまま何度も続ければ、イケるような気がします…またそれはいずれアップしたいと思います。

そして入れる男性側は、あまり気持ちよくはないそうです。

入り口だけが締まってる感じで中は空洞とよく聞きますが、紗江の彼の場合は、入り口も何が何だかわからないらしいです。

今のところ「ただ何となく興奮する。」という簡素な意見しか聞けていませんが、同じくもしもお互い開発できたら紹介したいと思います。

アナル開発について詳しくはこちらからどうぞ⇒アナル開発について


アナルプレイの口説きテクから必需品まで完全攻略!初めてのアナル

合わせてご覧下さい⇒セーファーセックスってなぁに?