セックスの体位48手【1】廿六.亂れ(乱れ)ぼたん(みだれぼたん)

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位48手【1】廿六.亂れぼたん

亂れぼたん

『亂れ(乱れ)ぼたん(みだれぼたん)』は女性が男性の上に座る背面座位の体位です。

  • 男性が胡座をかいて座る
  • 男性の上に女性が背中を向けて座って挿入する
  • 女性の脚を抱える

女性器をさまざまな花弁の形や色がある牡丹に見立てて、パッと咲き乱れたように見える様子を表現しています。

男性は、脚を伸ばしてもいいでしょう。

亂れぼたんのメリット

この48手『亂れぼたん』のもっとものメリットは、羞恥プレイができる点です。

男性に見られていなくても、大股びらきするのは恥ずかしいもの。鏡の前で結合部を見せられると、より恥ずかしい気持ちがアップします。

また密着すると、背中越しに感じる彼氏の温かさや息遣いも感じられ、抱きしめられている安心感も感じるかもしれません。

クリトリスや乳首を愛撫したり、自分で触るよう命じられて、ちょっとしたソフトSMも楽しめますね。

亂れぼたんのデメリット

この体位『亂れぼたん』の致命的なデメリットは、性器の相性の問題があります。

女性器の位置関係です。乱れ牡丹は後ろからの挿入となるので、位置が上付きだと深い挿入が難しくなります。

次に男性器の形です。男性器に関しては、短すぎると奥まで当たらないので、Gスポットやポルチオの刺激が困難になります。

女性器が後ろ付き、男性器が長め、性器の形がこの2つを満たしてないと快楽の度合いは低くなります。

男女共に下半身の支えがなく、不安定な体勢となるので腰に力が入れにくく、激しい突き上げは難しくなります。

また女性の脚を開かせるために抱えるため、腕力が必要ですね。

それに無理に激しく動いて2人のタイミングが噛み合わないと、男性器が抜けたりして、快楽や興奮に集中できなくなります。

疲れたら、『本駒掛け(ほんこまがけ)』の体位になって、女性が率先して動きましょう。


 

セックスの体位48手【1】TOPに戻る

 

セックスの体位48手【2】恋のむつごと四十八手を見る

 




女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ