セックスの体位裏48手 裏十二.下り藤

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位裏48手 裏十二.下り藤

裏十二.下り藤

性行為をして、いきなりこの下り藤の体勢になることはないでしょう。

下り藤は充分に気持ちが高まってから行って下さい。

  • 本手(正常位)の体位から、女性が抱き上げ座ってから、女性の足をすくい上げる。
  • 時雨茶臼や、機織茶臼の体勢から、足をすくいあげる。

このように体位変換を行うと良いですね。

いくら締りのよいオマンコでも斯く開けられてあけっぱなしになると、よがりのキ(情水)がダラダラとマラを伝って流れ出ます。

下り藤の男性のメリット


坐位から女性の足をすくいあげる時に、ギュッと締まる膣の形の変化の感覚を味わえます。

膣の前壁に、より刺激を与えるのでGスポット責めることもできます。

目の前にバストがくるため、おっぱいフェチの方は思う存分楽しむことができます。

下り藤の男性のデメリット


女性を動かすために、多少の腕力は必要です。

最近では、正常位さえ継続するのが難しいようなひ弱な男子が増えているようですが、セックスのテク以前の問題ですね。

色々な体位を楽しむためにも、日頃から筋トレして鍛えましょう。


上のイラストでは、肩の上に足を乗せていますが、以下の画像のように腕で支え、女性の両足を上げ下げしながら身体の調子を合わせ上下に揺する様に責めると良いですね。

セックスの体位裏48手 裏十二.下り藤

下り藤の女性のメリット


ペニスが膣壁をより強くこすりつけます。Gスポットが性感帯の女性は、大きな快感が得られるでしょう。

そのまま後ろへのけぞって手をつき、自分から腰を動かすと、よりGスポットが刺激されて快感を感じます。

下り藤の女性のデメリット


女性が自ら腰を動かすとバランスが崩れてしまします。

男性に抱き着いて、動きに上手く合わせてください。

女性が高まってくるとどうしてものぞっけてしまいますので、その時はそのまま倒して、正常に移行してもっと激しく早く腰を振ると女性は一気にいってしまいます。

そのままだるま返しの体位になったり、男性を押し倒して本茶臼など、様々な体位に変換できる体位です。



セックスの体位 48手 TOPに戻る