膀胱炎の原因

膀胱炎の原因

膀胱炎の原因
膀胱炎は、尿道から細菌が入る事が原因で、膀胱に炎症が起きてしまう症状です。
治っても再発しやすい膀胱炎。
気をつけているつもりなのに、すぐに再発してしまうという方もいるでしょう。


特に、シャワーをせずにセックスしたり、不潔なおもちゃを使ってオナニーをしたりする事で膀胱炎になる場合があります。

その他にも、膀胱炎になる原因は色々とあります。

  • トイレに行くのを、長時間我慢する。
  • 生理中、汚れたナフキンを長時間つけたまま。
  • 疲労やストレス・無理なダイエットでの、抵抗力の低下。
  • 加齢によるホルモンの減少で膀胱に傷がつきやすくなっている。
  • ビデなどで洗いすぎて、膣の自浄作用が低下している。
  • 冷え性で、粘膜の温度が下がったり、膀胱の機能が下がるため細菌が繁殖する。

膀胱炎は、大腸菌が原因というのが殆どで、男性よりも女性の方が膀胱炎にかかりやすいのは肛門と尿道口が近い事と、尿道が短いという理由があります。

セックスやオナニーが原因での膀胱炎に気をつける事はこちら

細菌性以外の原因

殆どの膀胱炎の原因は、大腸菌などによる細菌性ですが、非細菌性の慢性膀胱炎もあります。

非細菌性慢性膀胱炎は、原因となる病原菌も特定できないのに、膀胱炎の症状が出る状態の膀胱炎です。

若年型慢性膀胱炎

20歳代~40歳代くらいまでに発生する慢性膀胱炎の事です。
簡単な尿検査では異常が認められないので、

  • 気のせい
  • 心因性の膀胱炎
  • 精神的なもの

などと誤診される事もあるので、その場合は別の病院で診てもらう事が必要です。


中高年型慢性膀胱炎

更年期以降(50歳前後)に多く発生する慢性膀胱炎です。

中高年型慢性膀胱炎の主な原因は、女性ホルモンの低下によって膀胱粘膜が変性・過敏になって炎症が起きるためで、細菌が存在しても炎症が原因ではない事があります。

このような原因のわからない非細菌性の慢性膀胱炎となると、必ずきちんとした病院で診察・検査をしてもらう必要がありますね。

症状や原因を独断せずに、セカンドオピニオンとして別の医院へも行く事をおすすめします。


健康をサポートするサプリメントはこちらから検索


性病や女性の病気 TOP