日本の考え方?【男と女の関係】三歩下がって歩くという本当の意味

日本男性の在り方・日本女性の在り方

日本の考え方?【男と女の関係】三歩下がって歩くという本当の意味

日本では、海外とは全く違う日本独自のスタンスがあることは、誰もが認識していると思います。

セックスにおいても同様で、日本男性は海外とは違い、実は毎回クンニをする事でも有名で、海外では考えられないとも言われています。

日本女性からすれば、毎回フェラは必ずさせるのにクンニしてくれず不服に感じているというのに・・・おかしなものですね。

日本女性は「三歩下がって歩く」従順であるべき?

クンニに関して詳しくは上記ページでお話していますが、女性との関係性を勘違いしてしまっている男性が実に多いのではないかと感じるのは、サイト管理人紗江だけでしょうか?

  • 女は男にたてつくものではない。
  • 女は男よりも三歩下がって歩くべきだ。
  • 男の方が偉いんだ。

自立した女性が増えている現代社会では全く通用しないことですが、未だにそういった昔の日本の考え方は蔓延しているように思います。


「オンナはオトコに仕えるもの」そういう観点から、奉仕だけさせてクンニをしないままセックスが終わってしまうというケースも少なからずあるのが現実です。


ですが、その「三歩下がって歩く」に対するオトコの認識違い皆さんはご存じでしょうか?


実は管理人紗江も、この歳になってようやくわかったことなので決して偉そうには言えないのですが、オンナはオトコより強い生き物ですよね。

今でも昔でもそれは全く変わっておらず、「三歩下がって歩く」という言葉は男性に対する戒めとしてできた言葉ではないかと感じます。

日本の女は三歩下がって歩くもの?

「三歩下がって歩く」と言えば、

  • でじゃばらず、控えめであるのがオンナである。
  • オンナは、後ろからオトコをたてるべきだ。
  • オンナは常にオトコに従順であるべき。

男性の勝手な言い分はこうなっているかと思います。

紗江のシングルマザーの友人からこういった話を聞きました。

その友人には、高校生の息子さんがいて、家の手伝いを一切しないそうです。

「小さな頃から「男の子だから。」「まだ子供だから。」とお手伝いを何もさせず、甘やかしてきた結果こうなってしまったの。」と自覚をしているようでしたが、成長し自分が高熱が出た時・仕事が忙しく疲れている時など「ごめんね。洗い物してくれない?」と言うと、彼はこう言うそうです。

「男は台所に立つべきじゃない。それはオンナの仕事。だから洗い物は嫌だ。」

友人の育て方がそうだったのだから仕方ありませんが、オトコは外で働き家庭を支える存在であり、家の仕事はオンナがやればいい。というような感覚の息子さんでした。

「オンナは三歩下がって歩け」というような言葉を発した事もあるそうで、正に言葉の意味をはき違えている男性の一人だと言えます。

【男と女の関係】三歩下がって歩くという本当の意味

日本の昔からの考え方「三歩下がって歩く」の本当の意味をご存じでしょうか?


上述したように、「三歩下がって歩く」という言葉は「男性に対する戒めとしてできた言葉」ではないかというのは、一般的に考えられているような意味とは全く逆なのです。


「三歩下がって歩く」という言葉の本当の意味は、オンナを三歩下がらせることによって、オトコがオンナを守るという意味が含まれているのです。

敵に出くわした時、三歩前に出た男性が、女性に対し逃げる時間を与えるために、「三歩下がって歩け」というのが、本当の意味なのです。

女性のしおらしさ・従順さを求めるための言葉ではなく、男性の男らしさ・本当の優しさを表している言葉だったのです。


男性の強さというものを戒めるためにできた言葉であって、決してたてつくな・従順でいろという意味ではなく、昔からそういった気持ちを求められている程、男性は女々しいものだったのかも知れません。

  • 女々しい
  • 雄々しい
  • りりしい

そもそも、これらの言葉の使い方さえも間違っていると思われます。


「りりしい」というのは、男性にあてて使われている言葉だと思われていますが、漢字で書くと「凛々しい」です。


凛としている様を表す言葉であって、決して男性だけにあてた言葉ではありません。


たとえ三歩下がって歩いたとしても、常に女としての威厳を持ち、凛とした女性でありたいものですね。


合わせてご覧下さい。