こうすればうまくいく!【恋人同士・夫婦円満のコツ】絶対に必要なもの

長年の付き合いの馴れ合った恋人同士や夫婦。口を開けばすぐケンカ…。優しかった彼氏が変わってしまった。セックスも簡易的で愛情が感じられない。

それでも仲の良い恋人同士や夫婦がいるのは、なぜ?二人の間に円満にするコツなどはあるのでしょうか。

『なあなあ』になった恋人や夫婦

なあなあになってしまった馴れ合いの関係の恋人や夫婦。

付き合いが長くなると、お互いが自分の欲に正直になり、自分の事ばかり考えてしまうようになります。しかし、【騙し合い(馴れ合い)の恋】から【真実(安らぎ)の恋】へと変化した喜ぶべき現象とも言えます。

恋人や夫婦の馴れ合いの関係は決して悪いものではなく、二人の愛を深められる良い状態になったとも言えます。仮面をつけた偽りの姿のままキスやセックスをしたって、本当のオーガズムは得られません。

本当の姿でありのままの温もりを感じられてこその快楽です。

自分の性癖を恋人や夫婦間で、見せられないという方も存在しています。しかし本来本当の姿をさらけ出せるセックスは、『なあなあ』になった恋人や夫婦だからこそできるもの。

マンネリ化の果てセックスレスになる恋人同士や夫婦は、本当の自分をさらけ出せていないからとも考えられます。

恋人同士・夫婦円満のコツ

こうすればうまくいく!【恋人同士・夫婦円満のコツ】絶対に必要なもの

長い付き合いの恋人や夫婦でもいつまでも仲良くしている方は、お互いに忘れていない感情があります。

恋人同士や夫婦を円満にするコツは【尊重】【感謝】の気持ちです。

相手に対しリスペクト精神を持っていないと、いつまでたってもお互いに自分の欲ばかりを押し付けてしまう状態。そのような馴れ合いの感情は、恋人同士や夫婦の関係をどんどん悪化させるばかり。

これは恋人同士や夫婦だけに限った事ではありません。親子や友人・ビジネス、全ての人間関係に必要な感情です。

そばにいて当たり前になっている状態は【尊重】【感謝】の気持ちが薄れているという状態。よって、自分の欲を抑えきれずに恋人や夫婦間の仲を悪くさせてしまうのです。自分の事しか考えていない現れですね。

11月22日は【いい夫婦の日】。明治安田生命の調査で、夫婦をテーマにしたアンケートが実施されています。

対象:20〜79歳の既婚男女1,596人

夫婦円満のために必要なこと

  1. よく会話をする
  2. 感謝の気持ちを忘れない
  3. 相手を尊重・信頼する

配偶者から言われたい一言

  1. ありがとう
  2. 結婚して良かった
  3. 感謝しています

アンケートは夫婦を対象としていますが、恋人同士であっても何も変わりありません。

ちなみに理想の有名人夫婦は、1位:三浦友和・山口百恵、2位:佐々木健介・北斗晶、3位:ヒロミ・松本伊代となっていました。

円満の秘訣「ありがとう」という感謝の気持ち

会話でのコミュニケーション・そして感謝の気持ち「ありがとう」という言葉。「ありがとう。」は相手にリスペクトの念を抱いていないと言えない言葉ですね。

付き合いが長い恋人や夫婦は、お互いに変わっていないと思いながらもさまざまな変化をしています。感謝の気持ちが薄れるのは、誰でもあり得えますね。一番に自分を愛しているからです。

恋人同士や夫婦円満の秘訣は会話

このアンケートでは、円満夫婦の平日の会話時間は平均「113分」。円満でない夫婦は「40分」。

円満と円満ではない違いは、3倍近くも会話をしていない状態。

会話は大変大切な要素です。不服ばかりを感じて会話をせずにいると、相手の悪い部分しか見えてきません。

とはいえどちらかと言えば、女性はなんでも報告したい傾向にありますね。ですが男性は会話をしていても、多くの場合聞いているのか聞いていないのか曖昧な返事しかしません。

食い違ってしまうのは、根本的な性別の違いがあるので、幾分かは仕方ないと考えましょう。価値観の違いもあります。

恋人や夫婦円満は、どちらか片方の努力だけでは叶いません。しかし、円満のためにしてはいけない事が、自分の感情の押し付けです。相手を変えるためには、まず自分が変わらなければなりません。

相手を尊重し自分を押し付けない

自分の価値観は自分だけのもの。全く同じ価値観の人間など、一人もいません。

恋人や夫婦でよくあるケンカが、「普通はこうでしょう!」「常識だろう!?」という、考え方の押し付けです。

『臨場』の内野聖陽のセリフ 「俺のとは違うな」をご存知でしょうか。「違う」ではなく、正しくは「自分とは違う」だけ。十人十色ですね。

正しいと思い込んでいるだけであり、それを相手に求めるのはただのわがままです。

会話だけではなく、セックスでも同様。自分がして欲しいからと言って、相手の気持ちを考えない行動は押し付けになってしまいますね。

セックス中やセックス後も自分のして欲しい要求ばかりを押し付けすると、円満から遠ざかってしまいます。

本来は悩まなくてもよいこと。相手を尊重する気持ちを持てば、自分も相手も少し気が楽になります。円満に必要なものは、お互いにリラックスできる関係性です。

女性のオーガズムも全く同じで、リラックスできていないと本当の快感は感じられません。人間関係もセックスもオナニーも、世の中のあらゆる事をうまくいかせるためには、全て同じ事が言えるのです。

気持ちを伝えて恋人・夫婦円満に

いくら恋人同士や夫婦円満にしたいからといって、自分を抑制しすぎるのでは本末転倒になります。

ストレスがどんどん溜まり、いつかやってくるのは関係の悪化や破局です。円満のための努力は、決して無理するわけではありません。強制・要求するのと、自分の気持ちを伝えるのとは、全く意味が異なります。

必ず願いを聞いてもらえるという観念は捨てて、自分の想いを伝えましょう。

相手を想い・理解し受け入れ・気持ちを伝える…それが恋人や夫婦円満の秘訣。

円満に愛情を育んでいくのは、実はそんなに難しいものではありません。基本的なポイントを押さえるだけです。

円満関係の恋人同士や夫婦はセックスも円満?

円満な恋人同士や夫婦は、セックスも円満に行なっているのでしょうか?

この夫婦へのアンケートでは、以下のようなギャップが出ています。

  • 夫婦関係が円満:約8割
  • 生まれ変わってももう一度同じ相手と結婚したいか:約4割

円満でありながらも、結婚したいと感じている方が少ないのは、経済的問題やセックスの問題も多くありそうです。仲の良い恋人同士や夫婦間でも、セックスレス。意外と普通にあります。

そして、『夫婦円満のために必要なこと』では、浮気・不倫をしないが9位になっていますが、円満であっても浮気や不倫をしている男女は大変多く存在しています。

セックスレスや性的嗜好の食い違いは、多かれ少なかれ円満を阻害する要因になることは間違いないと言えるでしょう。円満の秘訣では、『スキンシップを大切にする』が13位となっているように、恋人や夫婦の触れ合いは重要な要素です。

お互いがまだセックスを求めているのなら、セックスはできる限り行うのが円満の秘訣とも言えるでしょう。でなければ、男性は性を外で発散するようになってしまうかもしれません。


男性を元気にサポートするマカや愛情ホルモンオキシトシンの効果絶大! 2人の時間を最高に導く[LUVLYQUID]リキッド・デラックス
もっと濡れるための女性用サプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)