男を興奮させるセックス中のしぐさ ~恥じらい編~

男を興奮させるセックス中のしぐさ Ⅰ~恥じらい編~

男を興奮させるセックス中のしぐさ ~恥じらい編~

男は見ています セックス中の女の恥じらうしぐさ

恥じらう女性のしぐさは、男心をくすぐります。
女性の可愛らしさ・つつましさなどを感じ、征服する喜びを与えてあげるのは、男性をより興奮させる材料となるんです。

こちらでも「恥じらい」についてご説明しています⇒男が興奮する女のオナニー

ダメだと禁じられれば、それを破りたくなるのが人の性(サガ)です。
そして、好きなもの・可愛いものには意地悪をしたくなります。
小さな男の子が好きな女の子に、スカートめくりをするイメージですね。

セックス中は、少し恥じらいを見せて、男性の興奮度を上げましょう。


セックス中の恥じらい その1 ~言葉1~

「恥ずかしいから電気を消して・・・」
と恥ずかしい気持ちをそのまま言葉に出します。
あくまでも優しい言い方で、弱く言って下さい。
電気を消してくれなくても、決してきつく「消してよ!」なんて言ってはいけません。


セックス中の恥じらい その2 ~裸を隠す~

セックス前 裸になった時、堂々と歩かない事は言うまでもありませんよね。
シャワーの後、タオルで体を隠し、ちょっと恥ずかしそうにする事で、男性はその隠れされた部分にムラムラします。
ベッドでお布団に隠れて、「恥ずかしい・・・」なんて言われたら、まますます興奮しますね。
その時に、かすかにはにかんで笑ってみましょう。



男を興奮させるセックス中のしぐさ ~恥じらい編~

セックス中の恥じらい その3 ~少し抵抗する~

胸をはだかれた時や、足を開けられた時には、少しだけ抵抗します。

  • 顔をそむけ、手で軽く胸やあそこを隠す
  • 足を閉じ、顔を手で覆う

あくまでも、軽くソフトに恥ずかしいという事を表現します。
男性は、そんな恥じらうしぐさにグッときて、もっとあなたの恥じらいを見たい!と興奮するでしょう。


セックス中の恥じらい その4 ~言葉2~

「気持ち良くてもっとして欲しい」
それを裏返しの恥じらいで表現します。

  • 「そんな事・・・恥ずかしいよ」
  • 「ダメ・・・恥ずかしすぎてもうダメ・・・」
  • 「ヤダ・・・恥ずかしい」

しっとりとソフトな小さめの声で囁くように漏らします。
吐息まじりの喘ぎ声と一緒にそんな言葉で囁かれたら、男性の興奮度もどんどん高まります。


恥じらうしぐさ その5 ~胸を隠す~

挿入されている時など、胸の前で手を交差して胸を軽く隠します。
揺れる胸を見られたら、少し恥ずかしいという気持ちを表します。
少し泣きそうな顔をして、パートナーの顔を見てゆっくりと逸らします。
見られると恥ずかしいという気持ちを込めて、顔を横に向けながらぎゅっと肩をすくめながら、胸を隠します。
その時、できれば目をうるませましょう。


恥じらうしぐさ その6 ~顔を覆う~

恥ずかしい時に、顔を隠してしまいたい時ってありますよね。
そんな感じで顔を手で覆うのですが、その時全ての指を広げて覆うのではなく、指は軽く曲げたまま目の下か真ん中辺りにかぶせたりします。

  • パートナーの目を見つめ、逸らしながら、両手で少し隠す
  • 顔を横にそむけながら、片手で口を覆う
  • 片手で胸を隠しながら、顔の前辺りからパートナーに向かって手のひらを出し、パートナーに触れる

などなど、色々な組み合わせをしたり、自分で恥じらいをに表現できるやり方を編み出して下さいね。


恥じらいばかりではダメ

男を興奮させるセックス中のしぐさ ~恥じらい編~

何度も同じ事をしていたのでは、それに慣れてしまいますので、ずっと恥じらっているだけでは、男性もそれに飽きてしまいますし、

  • 恥ずかしくもないくせに恥じらってばかり・・・
  • 自分を可愛いと思って、どれだけ演技するんだろう
  • 本当にそんなに嫌なの?

などと、逆効果になって萎えてしまいます。

それに、セックスは楽しむものですので、ずっと恥じらってばかりいては、本当のエクスタシーやオーガズムは得られません。

男性が喜ぶからといって、恥じらいを見せてばかりいるのではなく、恥じらいを織り交ぜつつも、大胆なしぐさをしていきましょう。

本当に恥ずかしいと思う人に・・・

セックスにまだ慣れていない人や、パートナーとのセックスが初めて・まだ数回という人のように、本当に恥ずかしいと思う人は、好きな人に抱かれているというその時の幸せな気持ちを感じる事が一番大切です。

好きな人のカラダに温もりや触れた感触に集中すると、恥ずかしいという気持ちも忘れる程の幸福感に包まれると思います。

いつまでも恥ずかしい事に拘らず、頑張って積極的に「セックスを二人で楽しもう!」という気持ちになれるようにして下さいね。

合わせて読まれています。