セックスの体位48手 廿五.うしろ櫓

セックスの体位48手 廿五.うしろ櫓

うしろ櫓
これは後ろ取りのひとつで、所謂立ちバックになります。


女性がお尻を突き出して四つん這いになり、そこに後ろから男性がオチンチンを挿入します。


男性は女性の腰を持って引き寄せるようにして腰を振ります。女性は腰を振るというよりは、前についた両手で支えながら男性の動きに調子を合わせるように体ごと動かします。


遠慮なく腰を打ち突けることで、むせび泣くような喘ぎ声を聞くことが出来るでしょう。




セックスの体位 48手 TOPに戻る