女の年齢とオーガズムの関係

なかなかオーガズムを経験できない

年齢とオーガズムの関係

当サイトは、セックスやオナニーでイク事できない女性が多いという事。
そして、なかなかイケなかった紗江がオーガズムを感じられたことで、同じ様に悩む人に、少しでも気持ちよくオーガズムを迎えてもらえたら・・・という気持ちから立ち上げたサイトです。


サイトを通して色々な悩みを持つ人からメッセージをいただきますが、やはりダントツに多いのが、「セックスでオーガズムが得られない」というメッセージです。

女性の約7割がオーガズムを経験したことがないと言われていますが、実際にメッセージをいただいて、こんなにもいらっしゃるんだと実感しています。

セックスは年齢とともに良くなる

アメリカのインディアナ大学の研究によると、

  • 18歳~24歳までの女性が61%
  • 30代で65%
  • 40~50代では70%

オーガズムを経験している年齢の割合です。
年齢を重ねるごとに、オーガズムを得やすいという事になります。


一般的に男性は年齢を重ねると、精力は低下していきますよね。
その逆で女性は年齢と共に、感度がUPしていくんですね。
年齢を重ねるということは、セックスの経験を重ねることと繋がりますよね。


女性は30を過ぎた頃から女性ホルモンのエストロゲンが減少し、男性ホルモンのテストステロンの分泌が多くなると言われています。そのために性欲が強まるんです。

オーガズムは年齢を重ねたほうが得られやすい

このように、医学的研究からも、オーガズムは年齢を重ねた方が経験しやすいとわかっています。
それについて考えてみましょう。


求めるものの変化

若い頃のエッチは、激しくお互いを求めるのが一番の快感です。
カラダを重ねる快感に酔いしれるのではなく、勢いに任せたセックスをしてしまいがち。
「好きで好きで仕方がない」とカラダよりも気持ちの方が先走ってしまい、カラダの快感を本当の意味で味わえる余裕もありません。
よって、オーガズムも経験しにくいという傾向にあります。


羞恥心を取り払える

年齢を重ねたセックスでは、通常はパートナーも年齢を重ねています。
お互いに長い期間経験してきた中で、お互いが気持ちよくなれるセックスをするために、感じる事をきちんと伝えられ、それぞれに望む事が楽しめるようになってくるんですね。
結果オーガズムを経験しやすいという事になります。


テクニックの向上

年齢を重ね、経験を重ねるごとに、女性が求めている事・男性が求めている事が、お互いにわかるようになってきます。
ひとりよがりなセックスをするのは、一般的には若い男性に多いと言えますね。
テクニックの向上によっても、気持ちいい部分に的確に刺激をされることによって、オーガズムも迎えやすくなるんです。


カラダと気持ちのバランス

愛しているからカラダを重ねたい そういう思いは若くてもどの年代でも同じだと思います。
ですが、心とカラダのバランスが取れていないと、全てを委ねるセックスはできません。
上記「求めるものの変化」と同じ感覚ですが、相手をより信頼し、全てを任せる事によって、精神的にも肉体的にも満足のいくように楽しむ事で、オーガズムを得られるようになります。


オーガズムを経験したいと焦らない

若くしても、オーガズムを経験している人ももちろんいますが、あまりに焦りすぎて、パートナーと触れ合う事よりも、オーガズムの事ばかりを考えていても、本当の快楽は得られません。

こちらでもご説明していますが、イク事を意識していてはいつまでたっても、オーガズムは経験できないと思って下さいね。
オーガズムだけが喜びではありません。
愛する人に抱かれるだけで幸せですよね。

30させ頃40し頃50ゴザむしり

年齢とオーガズムの関係

こういう言葉をご存知ですか?
昔のことわざですが、女性の年齢と性とをうまく表現している言葉です。

30させ頃

女性がセックスを体験し、30代になると、ある程度の経験を重ねることによって、恥じらいなどの性に対するガードが緩くなりオンナそのものが開花し始めます。
そして、男性にとって、その頃から出はじめる開花したばかりの色気に魅せられ、一番させていただきたいという年齢が女の30代です。


40し頃

40代になると、性の悦びを知り尽くすことから、より開放的になり快感を貪る事を覚えます。
男性にとって一番魅力のある30代が「させ頃」なら、快感を貪る40代は「し頃」
性欲も上昇し、もっと快感を求めるがゆえに、「気持ちよくなりたい」「もっとしたい」と
性に魅了されるんです。


50ゴザむしり

そして、50代ともなれば、ゴザ(今でいう畳)を掻きむしる程に、快楽を感じるという事です。

そして、実はこの後に続きがあるんです。

60ろくに濡れずとも

江戸時代の有名な面白いお話があるんです。

江戸時代のこと。
母親に「女はいつまで性欲があるのか」と尋ねたところ、母親は黙って火鉢の灰を掻きまわした。

母親が答えたのは、言葉ではありませんでしたが、女の性欲は灰になるまでと無言で答えたんですね。
※このお話の訪ねた人物は、大岡越前守とも新井白石ともどちらの説もあります。


紗江はいつまでたっても女でありたいと考えていますよ。
例え、おばぁちゃんになっても女を忘れたくはありません。
決して、セックスやオーガズムだけに限ったわけではなく、女だけが持つつつましさやたおやかさなどは忘れたくないと思っています。
海外にはこういった解釈の仕方はないかも知れませんね。

オーガズムを経験した事のない人でも、長い目で見て、イケるまではパートナーに抱かれる喜びを感じ、お互いが思いやりのある気持ちいいセックスをする事に専念して下さいね。
ふと気づくと、あれっ?いちゃった・・・と突然イク事ができているかも知れません。


感じたい女のためのサプリメントはこちらから検索♪


■【クレイジーガール】 ワナビーワイルド・インテンスオーガズムジェル


合わせてご覧下さい。